teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


細胞「私」をつくる60兆個の力

 投稿者:あげぞこ  投稿日:2013年 7月16日(火)23時20分52秒
  2011年12月25日第一刷発行
編集者NHKサイエンスZERO 近藤滋 笹井芳樹
出版 NHK出版

第一章 細胞社会の不思議
○遺伝子DNAによってあらかじめルールに規定されながらも、
○それらのルールをいつ、どのように当てはめるかは「現場の話し合い」=局所細胞間の「相互作用」が決めている。
=細胞が見せる自律的な変化・細胞の自己組織化=
○同質なのに、多様性を形造る。
○チューリング波、チューリングパターン
○生物の保護色=生物の模様の多様だが出来かたは単純、構造=「そのために模様がつくられた」わけではなく、あくまで結果。
○活かしたり活かさなかったり。活かしたものが残れた。
○肺の構造
=単純な原理・受け継がれる・壊れなくてうまく働く=

第二章 細胞世界の自己他者
○人体の細胞60兆個100倍の数の細菌(他者)と共存
○嫌気性の細菌に居住スペースを提供する。
○3億年前 細菌はセルロースを十分には分解できなかった。ーー>進化し動物の腸内細菌に。
○免疫システム 腸内細菌が関与
○脳のシステム、自己を他者として扱う例 ミクログリア細胞

第三章 医療のフロンティア
 
 

W&R

 投稿者:あげぞこ  投稿日:2012年12月17日(月)21時26分39秒
  W&R : Jazzと読書の日々  

ほんとうの中国の話をしよう

 投稿者:あげぞこ  投稿日:2012年11月23日(金)17時16分39秒
  余華 河出書房
文化大革命時代の評価をする中国人の姿勢、態度は、日本でいえば戦後世代が戦前の様相を評価するときの姿勢、態度に似ている。
 

井形恵子 講談社

 投稿者:あげぞこ  投稿日:2012年11月 6日(火)22時57分18秒
  「イギリス式月収20万円の暮らし方」

特にコメントはしないがあなたの想像通りの内容
 

小田島隆

 投稿者:あげぞこ  投稿日:2012年10月23日(火)23時22分51秒
  単行本第2弾、奇跡の発売!
『ガラパゴスでいいじゃない~人生2割がちょうどいいPart2』
 

数年後に起きていること

 投稿者:あげぞこ  投稿日:2008年 1月 2日(水)23時50分26秒
  数年後に起きていること
__日本の「反撃力」が世界を変える__

日下公人   PHP研究所 2006年9月19日発行
序  次の時代が見えてきた__まえがきにかえて
パート1 日本はこうして独走する
パート2 格差社会の正しい読み方
パート3 世界の中の日本、その未来
補章 「世界へ広がる日本精神」のラフスケッチ
 

「善と悪」

 投稿者:あげぞこ  投稿日:2008年 1月 2日(水)23時48分59秒
  善悪から始める倫理学
岩波新書¥740 大庭健著
 

蝶々はなぜ菜の花にとまるのか

 投稿者:あげぞこ  投稿日:2008年 1月 2日(水)23時36分25秒
     稲垣栄洋著 草思社\1400

農学の専門家である著者が、植物の奥深い世界に案内する。
 

「あかちゃんはいつ、、、」

 投稿者:あげぞこ  投稿日:2007年 7月22日(日)13時25分13秒
  [  赤ちゃんはいつ「人間」になるのか  ]
東京大学医学部 医学博士 西原克成著 クレスト社\1300 ISBN4-87712-075-0

医者である著者が、人間の成長と発達について「これまでの常識」のなかにあって広くおこなわれていそうな間違いを、専門知識の裏付けをもって訂正している。育児書として必読かも。
たとえば、口呼吸が様々な難病を起こすもとになるなど。わかりやすく丁寧に、なぜそうなのかを示しながら書かれている。
このタイトルはしかし、不適切なように思う。
 

「あかちゃんはいつ、、、」

 投稿者:あげぞこ  投稿日:2007年 7月16日(月)13時08分28秒
  「あかちゃんはいつ人間になるのか」というのでは、なにか、日本語としておかしくない?
どの瞬間に人間として認知されるか、とか、法的に人間として扱われるのはどの瞬間かとか、人間としての記憶が生じるのはどの時点かとか、様々の意味に取れる。生物学上は精子や卵子の状態を問わずどの瞬間も人間であることは確かなはず。
 

もうひとつ

 投稿者:mm  投稿日:2007年 7月15日(日)23時42分57秒
  これも通り沿いの植え込みの中です。  

再び花の名前です?

 投稿者:mm  投稿日:2007年 7月15日(日)23時40分54秒
  ハナミズキ通りの雑草の中に二つともありました。
台風が去ったけれどまだ風が強い日
 

2007年6月15日の朝

 投稿者:mm  投稿日:2007年 6月22日(金)16時42分41秒
編集済
  田植えが済んだ田んぼのあぜ道で発見した花です。
アリが蜜を吸っています。
花の名前が図鑑で調べてもなかなか見つかりません。どなたかわかる方教えて?
画像をクリックすると拡大します。
 

変身

 投稿者:mm  投稿日:2007年 4月29日(日)22時19分15秒
  嶽本野ばら著 小学館\1470

[埼玉新聞、読書2007/04/29]
 

コピー用紙の裏は使うな!

 投稿者:mm  投稿日:2007年 4月22日(日)14時51分42秒
  村井哲之著、朝日新書 \756

[埼玉新聞新書レビュー2007/04/22]
 

本能はどこまで本能か

 投稿者:mm  投稿日:2007年 1月13日(土)11時18分50秒
  人と動物の行動の起源
マーク・S・ブランバーグ著
塩原通緒訳
早川書房
生物の行動とその発達の起源について
 

レンタル掲示板
/1