teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:Namiko.wメール  投稿日:2007年 7月22日(日)03時57分10秒
  スタッフサービスは、死んでいる。あるいは完全に無意味。  
 

やっぱり働こう

 投稿者:Namiko.w  投稿日:2007年 7月21日(土)02時23分55秒
  もう2007年。短大を中退してからかれこれ10年近くも経ってるわけです。あの頃であった人等は、どこへ行ったのでしょうか。  

(無題)

 投稿者:Namiko.w  投稿日:2007年 7月 7日(土)15時24分46秒
  [カトマンズ 3日 ロイター] ネパールで生き神「クマリ」としてあがめられていた少女(10)が、伝統を無視して米国を訪れたことで「神聖な」地位を失った。
 この少女は2歳の時、カトマンズに近いバクタプールで「クマリ」となった。今回英国で製作されたネパールの伝統や政情を紹介するドキュメンタリーのプロモーションで最近に訪米したことが、地元の宗教指導者らの怒りを買ったという。
 クマリの伝統を管理する団体の責任者はロイターの取材に対し「許可なく海外渡航した彼女は伝統に反しており、間違っている」と指摘。この少女に代わる新たなクマリを探す意向を示している。
 クマリは厳しい選考過程を経て選出され、思春期に達すると役目を解かれ自宅に戻される。引退後のクマリに対しては、バクタプールで月50ドル(約6100円)、ほかの地域では月17ドル(約2090円)の年金が支給されており、この少女への年金については団体は支払いに前向きな姿勢を見せているという。
 

NEWS コピペ

 投稿者:Namiko.w  投稿日:2007年 7月 7日(土)15時23分5秒
  旧ソ連軍収容所跡から大量遺骨 アフガン 生き埋めに?
7月7日8時0分配信 産経新聞

 アフガニスタンの首都カブール北部にある旧ソ連軍基地の地下収容所跡で、手を縛られ目隠しをされたまま生き埋めにされたとみられるアフガン人数百人の遺骨が発見された。英BBCが5日報じた。アフガンに軍事介入した旧ソ連軍の蛮行との見方が出ている。

 報道によると、秘密の処刑場が見つかった収容所跡ではこれまでに、15の部屋から大量の遺骨が発見された。遺骨の多くが手を縛られて目隠しをされた状態であったことから、アフガンの警察当局幹部は、犠牲者たちが生き埋めにされた可能性が高いと語った。(モスクワ 内藤泰朗)
 

(無題)

 投稿者:Namiko.w  投稿日:2007年 6月20日(水)14時33分4秒
  今日、大家さんから電話があった。
なぜか面倒だったので、無視してそのまま眠ることにした。
しかし結局、用件はなんだったのだろう。荷物か何かが届いたのだろうか?
それとも、干しっぱなしにしていたパーカーのことについてだろうか?それとももっと契約に関する厳しい意見であったりするのだろうか?

今は、恐ろしくて、会話をする余裕がないと、部屋に戻る気もなく、冷蔵庫にあった飲みかけの缶ビールを飲みながら、掃除しなくてはならない彼の部屋のほこりに、うんざりしつつ、彼の作った元彼女の声の入った曲にいろいろ何か感じながら、この先、自分のやりたいこととか、だるくて静かで誰もいないこの今日の東京。夏休みか、?お盆か?
みんな田舎へ帰ったの? それとも暑いからエアコンを効かせて部屋に閉じこもっているのか分からないが、異常に静かな今日と言う日をすごし、

具体的に言えば、PPおれんじ、の曲、これさ、最初にもらったものと感じが違うじゃん!いつコレ編集したの?と聞きたいのだけど、彼の元彼女の強さにはかなわず、降伏、あるいは土下座、する以外に何もできない自分。

ライブを一度だけしてみたいのだけど、正直不安で、勇気がなく、実行したいのだけど、実行にうつせない自分もいて、もどかしくて、じれったいままもうかれこれどのくらい経ったかが分からない。

小学生時代から、学校の休み時間に無邪気に、何の抵抗もなく、歌を披露して遊んでいたという弟の性格がちょっとうらやましくもあり、まだ小さくて可愛かったあの頃がちょっと懐かしくて涙したりもする。
私の知っている弟の人生の中で、一番素直な笑顔の多い時代だったんじゃないかなあ、と思う。


2007年の今となっては、早くもそんな弟達の世代も、ジャニーズ世代にまで達し、普通にラーメン屋でバイトしていたり、はたまた大学生になっていたりして、その世代の質の差というのも、その地域や場所によって、あるものの、やはり、私より若く、都会の有名大学の学生であれば、それなりのお金持ちの綺麗な子たちが多かったり、地元の高卒の遊び好きの子であれば、またそれなりの軽さを持ち合わせた、独特の何かを感じさせる彼ら。

実は昨日、立ち寄った店で、私のことを知っていたのか、1.数メートルの近さだと言うのに、私語で私を噂しているかのように見えたりした。
ネットで書き込みをしていたり、写真を掲載しているから、知られているのかもしれない。

しかし実際 接触を持ち、注文を取る時などのコミュニケーションは、あまりにもナーバスになりすぎていて、くだけた会話にはならず、あくまでも、同じラーメン屋という店内においてであるにもかかわらず、

何か見るものと見られるもの、と言う、二つの切り分けられた世界が構築されているような感じがした。



ちなみに、空間の構築と言えば、思い出すのが、先日、偶然立ち寄った上野の森美術館で行われていた展示会の様子だが、
彼らは、比較的若い世代で、このここにいるNamiko.wともさほど世代に差異のない、割と身近に関わりやすいタイプのアーテイストだと言える。

中学の頃だっただろうか、それとも、高校の頃だっただろうか?
私が出会った雑誌には、Moeとか詩とメルヘン、だとか、そういったタイトルの雑誌が、美術室に置かれていて、月月に1冊、新刊が出て、それを何気なく楽しみにしていた時代があった。

Moeは、敬愛する永田萌さんのお名前から取ったのだろうか?
タレントの山口もえ、さんも同じお名前ですが、両者とも素敵な名前であると感じます。
五月の新緑の意味を表すのだろうか、と推測。
しかし、真相は分からず。

秋葉オタク系の人間が、なぜ、この 「もえ」という言葉、「ときめき、」というような言葉と同等の意味を持たせ、使うようになったのか。彼らに直接聞いてみたいところだ。多分、感じ、作り、使い、広め出したのは、自分と同世代の1978年近辺生まれの人物であるはずだ。
 

(無題)

 投稿者:Namiko.w  投稿日:2007年 5月26日(土)23時39分43秒
  oekaki bbsにて、過去に描いた作品が見れます。私のカコの投稿ネームはいくつかあります。

N次郎、勇者N次郎、スーパーワンダー、Namiko.w、No Nameです。
No Nameさんは、他の方も使われたようですが、Namiko.wとして投稿したものと類似した作品2点が、私のものです。お暇な方は、探してみてください。
 

(無題)

 投稿者:名前はまだない  投稿日:2007年 5月26日(土)17時57分29秒
  歩く 歩く 歩く

みんな本当は知っている 気づいている
知らなかったのは 誰だったんだろう

行き先はどんな人間もただ一つ 同じ場所なのに
行き先は誰だって 決まっているはず

取り繕って明るく振る舞う必要だってなくなった
その分 随分大人になれた気がする

それが重要だっただなんて 今まで全然気がつかなかったね

でもそれだけじゃダメなんだってことも
君と暮らしてみて ようやく分かってきた

得たものは一体なんだったんだろう

昔の足跡を辿ってもかき消された部分だってある
記憶だって曖昧で
あの頃には もう誰も戻れないんだって分かってた

行く先はただ一つ
ただ共に行く 同じ宿命を背負った者たち
 

解放される場所

 投稿者:Namiko.w  投稿日:2007年 5月23日(水)21時51分17秒
  「もし君がなんでもこの世にある ありとあらゆるものを手に入れることができるとしたら、何を手に入れたいんだい?」

彼は、そう優しい甘い口調で私に訪ねると、持っていたワイングラスの中の赤い液体を全部飲み干した。
外は、風が吹いてる。
誰も居やしない。

:::::::::::::

こんな景色を、君と二人で見られるなんて、夢にも思ってなかった。
この景色は、全て今、きみと僕のものということだけで、成り立ってる。


だけど、まだ敵国のあの男が、僕を待ち構えている。
 

(無題)

 投稿者:sssの住人②  投稿日:2007年 5月20日(日)14時46分3秒
  本当にめずらしく 朝早く目が覚めたとき
なんとなしに太陽の光を眺めた
ひんやりとする空気の中 花が道が鳥が家が輝いていた
全てのものが太陽に照らされると輝く

そのありのままの事実を受け止めるのが難しい
だれだって悩み、苦しみ、喜び、自分を否定し、社会を否定する
世界で一つしかない、自分を見放すわけにはいかない
悩むことは違っても、感じ方は違っていても、
自分を好きになる難しさは一緒だと思う
歯を食いしばって、100kgあるんじゃないかと思う重い心を
持ち上げるしんどさは同じだと思う

できれば僕があなたの荷物を少しでも背負う事ができればと思う
”自分の苦しみに立ち向かう”ことを最後に決めるの自分しかいないけれど
それまでにどれだけの荷物を僕は人に持ってきてもらってきたか
だから僕もあなたの荷物を少しでも背負う事ができたらと思う

ありのままのじぶんで世界で1番まぶしいくらいに輝ける
だってこの世でたったひとりしかいないから
太陽を持って下さい こころの隅々まで照らしてくれる太陽を
あなたのそばに絶対にある太陽を忘れないで下さい
そうすれば きっとまぶしいくらい 活き活きと輝きだす

~~駄文ですいません^^;;まぁ自分なりにお互い!? こつこついきましょう~~~
 

(無題)

 投稿者:sssからきました  投稿日:2007年 5月18日(金)13時15分34秒
  どうでしょう、田舎暮らしでもしてみては...難しいことは分かりませんが、田舎暮らしはかなりいいように思います。私は田舎で育って都会に出て行かなければならなかったのですが、精神的にかなりまいりました。状況を変えることで自分に対する見方もかなり変わってくるようなきがします。  

レンタル掲示板
/2