teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


大徳寺高東院と高桐院、古いのは高東院、近衛中将助安(佐久間孫五郎)室町時代から、高桐院説明の不可解

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月16日(火)09時17分7秒
編集済
  大徳寺高東院と高桐院、古いのは高東院、近衛中将助安(佐久間孫五郎)室町時代と寛永系譜帳「徳川家光により編纂」

佐久間孫五郎については、熱田神宮と佐久間一族 熱田神宮と佐久間一族との間には長い歴史があるのです。
https://ameblo.jp/9zaemonn/entry-11670051790.html

「千秋氏と児島宮のつにながり」 - 児島宮歴研会考古学講義http://d.hatena.ne.jp/muoon/20131220
「千秋氏と児島宮のつにながり」

千秋氏と宮家のつながりは、江戸に至るまで続いていた。

頼宴大僧正の三男高徳は外祖父三宅範長の嗣となりました。

佐々木季定─季家─家長─定心─【和田】季房─家勝─家弘─範長─??高徳(宮家姓児島氏へ) 【児島】高徳─【宮家】

高光─正綱─正光─本草【児島宮家】

祖児島高徳で、宮家代々の「高東院」は皇統

から高東?日いずるから、付けられた名前である。 高東?武夷命トーテムのこと也。

京都府

京都市北区紫野大徳寺不干斎ハビアンはここ「高東院」隠遁、住んでいた。

宮家助安ー甚九郎朝次弥平次ー信晴ー甚九郎信盛ー甚九郎正勝不干斎と続いた。

熱田千秋持季とは?

⇒ 満範 持季 勝季 政範 高季 晴範 (刑部少輔。駿河守。従五位上。左将監。

又、⇒ 満範 持季季国 季通 季平 季光(大宮司。紀伊守。

熱田の大宮司千秋氏

斯波家付き

藤原季範仍孫季兼

雲孫実通裔能通流貞嗣流千秋範康曾孫範成玄孫宇治江範世子兼範孫雅範曾孫 ... 持

季満範子左近駿河刑部常保大宮司永享頃. 勝季持季子左近駿河刑部大宮司長禄頃

千秋高範政範嗣範宗孫範頼曾孫範時玄孫範朝耳孫星野範信昆孫藤原季範仍孫季兼雲孫実通裔能通流貞嗣流千秋範康曾孫範成玄孫宇治江範世子兼範孫雅範曾孫義範玄孫範俊耳孫千秋憲朝昆孫左衛門大宮司康永頃

経季高範子常季?駿河左近刑部大宮司浄善

満範経季子野田重季子?野田貞範子?満季左近駿河刑部野田上野大宮司道珍応永頃

  持季満範子左近駿河刑部常保大宮司永享頃

佐久間孫五郎助安 文安三年八月三日」龍興寺に残る室町中期に書かれた吹拳状(推挙状)です。御器所八幡宮の嘉吉の棟札に名が出ている人 ...

伊予の隅々:伊予市前近衛中将助安について
児島高徳五代左近衛中将藤原助安系譜 | 児島宮歴史列伝 |

小島法師が大覚寺に居たのは、応安二年(1369)、「洞院公定日次記」が明らかにしている http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/673

児島宮中興祖 後鳥羽上皇と児島高徳絵馬  佐久間孫五郎助安 文安三年八月三日」龍興寺

左近衛中将藤原助安 児島宮歴研会による調査報告 |左近衛中将藤原助安とは盛保孫五郎 ...http://lekken.progoo.com/bbs/lekken_tree_r_441.html

「法寿院殿保養元盛大居士尊儀」
「當鹿島山之城主前周頭・左近衛中将藤原盛保墓」http://angelcymeeke.web.fc2.com/iyo_yamasaki/a_2.html

近衛府(このえふ)は令外官のひとつ。765年に授刀衛を改めて設置された。左近衛府と右近衛府の二つが存在する。

下が上なる事は無い、自然の法則による。門跡元祖は、東寺長者道乗が兼任していた。

高桐院説明の不可解
高桐院 - Wikipedia
高桐院(こうとういん)は、京都府京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派の寺院。大本山大徳寺の塔頭のひとつである。開基(創立者)は細川忠興(三斎)、開山(初代住職)は玉甫紹琮(ぎょくほじょうそう)である。利休七哲の1人として知られる細川忠興(三斎)が父・細川藤孝(幽斎)のために慶長7年(1602年)建立した寺で、玉甫 ...
未指定: 不可解

下が上に礼を、尽くさなければ、不自然不忠となる。


大徳寺高東院は東寺長者道乗の裔で、佐久間孫五郎助安はじめ、佐久間不干斎の墓が、京都から置き去りにされていて、下が上に礼を、尽くさなければ、不自然不忠となる。

不忠とは、呼び名寺名を変えたり、主体を、変えたり、する事。

不忠とは - 日本語表現辞典 Weblio辞書
忠義を尽くさない・こと(さま)。 「 -の臣」
売国奴の特徴、またはその性格を持つ
忠誠の気持ちを示さないこと 不忠 ・ 不孝 ・ 不忠不孝 ・ 不忠誠
不忠者ふちゅうものめが。この国の王さまほどごりっぱなおかたが、世界中にまたとあるかッ。」

殉死を武士の美徳とする価値観は江戸時代に入ってからのもので、殉死して以来、急速に普及しました。主君への忠誠心を示すいちばんの方法とされたことから、殉死者の遺族にはさまざまな優遇措置が施され、逆に側近く仕えながら殉死しなかった者には不忠者の格印が押だてまさむねほそかわただとしされるほどになります。家来として殉死せざる者を、不忠の臣と言う。水戸光圀

内蔵助どのの殉死で貫きとおした。家来として殉死せざる者を、不忠の臣と言う。

主君の寵童出身者、重臣でありながら殉死をしないものは不忠者、臆病者とまで言われ、殉死

乃木希典を描いた司馬遼太郎の『殉死』

殉死は封建 天皇への忠誠心から殉死する事。古代からの、封建を守り抜くには、殉死で貫きとおした。


天の理法に従う者は存続して栄え、天の理法に反する者は滅びる。





 
 

佐久間信盛父子の、心痛があっての、浄誓と、蓮如上人への心、あっての、包囲するだけで積極的に戦を仕掛けなかった理由があった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月11日(木)14時31分22秒
編集済
  石山合戦において、8月、佐久間信盛は信長から折檻状を突きつけられて織田家から追放されたが、理由の1つに石山本願寺を包囲するだけで積極的に戦を仕掛けなかったことを挙げている。

ここには、佐久間信盛父子の、心痛があっての、浄誓と、蓮如上人への心、あっての、包囲するだけで積極的に戦を仕掛けなかった事が、わかった。
これは、浄誓と、蓮如上人には、伝わらなかったのだろうか?今でも、佐久間信盛後胤が、浄土真宗西本願寺へ、入っているのも、口頭は、なかったのだろうか?

佐久間孫五郎、先祖からの口頭あっての、石山本願寺対応で、佐久間信盛父子が、失った、ものは、測り知れない、ものが、出ている。
佐久間孫五郎、の先祖からの口頭言伝え、とは、東寺長者道乗が、門跡祖であり、藤原関白元祖、良実の外戚、頼任親王の口頭であった。
今の児島宮へと、なっている。

佐久間信盛父子が高野山に追放された時、門跡祖の口頭が、佐久間信盛父子、保護に、織田に渡さず、高野山僧徒が是胤死守していた、のが、口頭であったのだろう。

これに対して、浄土真宗西本願寺は、神仏口頭に対して、何もしていない。
日蓮宗を京や岡山に、口頭として伝播した、児島高徳名、大徳大僧正の年期祭を、行ったのは、口頭あっての、事であろう。
今日本を守る? 口頭のない世の中は、国が荒れ果てて、いる原因か。

やはり神仏を口頭していなければ、梯子とは、言えないであろう。
http://smokakhai.progoo.com/bbs/thread_1.html

口頭で伝えるのは「口頭」は答えに限らず口で述べることをいう〕

口頭でお伝え、伝授する。伝達方法。

五世紀まで、文書が残っていないのは、古代において、口頭でお伝え、伝授する。伝達方法を用いた事がわかった。
記紀の編纂に、行われててたとある。
... 従来、口頭で行われていた日本語の伝承を音や訓を用いながら漢字で表記することに、多くの苦心が払われている。 720(養老4)年にできた『日本書紀』

『古事記』は、712年、稗田阿礼の誦習(しょうしゅう)を太安万侶(おおのやすまろ)が筆録したもの。
宮廷に伝わる「帝紀」「旧辞」をもとに天武天皇が稗田阿礼によみならわせた(誦習)内容を、太安万侶(安麻呂)が筆録し、元明天皇に献上したもの。神話・伝承から推古天皇にいたるまでの物語であり、口頭の日本語を漢字の音・訓を用いて表記している。

どうして「人間の頭脳」で保管しなきゃならなかったんでしょうか。それは、今の、すべてに、出て居る、偽物が触発する為。
やっぱり現代の感覚では計れない、何か当時としては切実な理由があったんでしょう。

口伝伝承
我々が読んでいる歴史書ですら記憶違いや思い込みによる誤りは頻繁にあります、それを調査し整理するのが歴史家の仕事。
古代から、調べる方法が、いくつもあるという杞憂がある、宮廷iに伝わる(皇室、宮内庁でもない)

間違うと、今の国会や、すべての、間違いのように、民衆に、災いを起こすという。

最初から「あんなモノは捏造に決まっている、権力者の言いなりに書かれたモノだ、あんなモノを信じるのはどうかしている。」と嘲笑うのは歴史への冒涜以外のなにものでもありません。

 

児島宗珎の子息、三郎兵衛

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年12月15日(金)11時31分4秒
  児島宗珎の子息、三郎兵衛

本願寺と織田信長との石山合戦において、1572年から名称寺も本願寺方に参戦した折に構築されたと伝えられている。 しかし、織田軍に攻められ名称寺も陥落している。 名称寺は、聖徳太子が建立したと伝え ...... 高田御坊)として開創された。 初代住職・浄誓は、蓮如上人に献身的に随身した浄心上人開創の越前・専立寺第4代住職であり、また寺名も浄心上人にあやかって専立寺としたと言われている。

高田御坊)として開創された。 初代住職・浄誓は、蓮如上人に献身的に随身した浄心上人開創の越前・専立寺第4代住職。

 

佐久間父子が石山本願寺を倒さない罪罷免は、児島三郎兵衛の婿。蓮如上人に帰依

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年12月 9日(土)08時48分4秒
編集済
  児島宗珎入道とは明るみに、なった。
「脇屋家について」

【大和高田専立寺由緒書より】慶長五年(1600)本願寺第十二世准如が今の地に一宇を建立し専立寺と号した。 による事を解明した。
http://sky.geocities.jp/injyu1943/tasaki_mikuni_senryuji.htm

 【脇屋家について】
 初代 脇屋義助(新田義貞の実弟。南朝の武将、建武の中興で鎌倉幕府を倒す)
 二代 脇屋義治(児島高徳の娘を嫁にする)
 三代 脇屋義冬(児島高徳の子が出家し宗珎と名のり、義冬を養育後、田崎木工亮義冬という)
 四代 田崎四郎兵衛義方(宗珎の子、児島三郎兵衛の婿。蓮如上人に帰依して、専立寺初代:浄心となる。

 専立寺初代:浄心 →二代:浄学→三代:浄宗(三国湊専立寺本堂建立)→四代:浄誓(本願寺第12世准如上人の命により、大和高田に三国 と同じ専立寺を創建して浄誓を留守居(住職)として高田御坊如意山専立寺の初代となる。

佐久間信盛父子と、脇屋家の間には、口頭が、引き継がれていて、いた事がわかる、これにより、石山本願寺攻撃を、佐久間信盛父子が、躊躇った事が、わかった、天に恥じる事は、身内を滅ぼす事になる。
佐久間信盛父子は、おがむ、華夏天神、の児島高徳の教えを、守ったので信長から罷免となる。
佐久間信盛父子が 信長に、何も言わず、高野山に、去ったのも、すべてを捨てても、先祖の系命為で、あった。何も言わず、高野山に、立去ったのも、越王の口頭に、今、脈々と伝わっていた。

西本願寺はこの事、何も言わず、高野山に佐久間信盛父子が、立去ったを、すべてを、捨てても、恩に、奉献しないと?天にはじる。

高田御坊として親しまれる浄土真宗本願寺派の寺. 院。開山は本願寺第12代門主、准如上人で、160 。 、. 0年の建立 越前国三国湊専立寺の脇屋義助四世ノ孫. 田崎四郎兵衛義方浄心の孫宗清が留守居(住職)とな. り、かつては末寺百余ケ寺を数えたという。 旧高田川の西側、南北に通ずる本町通りのほぼ中央. に位置する。

百余りの末寺を従えた御坊となり浄心四世の孫である宗清が看主となった。浄心は脇屋義助四世の孫である田崎四郎兵衛義方。


 

児島高徳(幼名高丸)は京都大覚寺、に、養育為に亀山上皇の娘、昭慶門院憙子に、預けられ天皇となる教育を受けた

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年11月30日(木)09時06分38秒
編集済
  始め児島高徳(高丸)は大覚寺に入り、
児島高徳と京都大覚寺、に、養育に亀山上皇の娘昭慶門院憙子に、預けられ天皇となる教育を受けた時の、名は高丸と呼ばれた、幼少で、妙実の時大覚で過ごしたので大覚妙実という。

大覚寺統(だいかくじとう)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて皇位に即いた皇室の系統で、持明院統と対立していた。名の由来は、第88代後嵯峨天皇の子である第90代亀山天皇の子孫である、亀山天皇の子である後宇多天皇が京都の外れの嵯峨にあった大覚寺の再興に尽力したこと、及び、出家後は大覚寺に住んで院政を行ったことによる。https://tabioka.com/reizeinomiya-yorihitoshinno-tomb/
JR木見駅近くにあるこの陵墓は承久の変で隠岐に流された父後鳥羽上皇に連座して児島に配流された頼仁親王の墓で、近くの五流尊瀧院には「この里に われ幾年か過してむ 乳木の煙 朝夕にして」の歌碑と同院御庵室には御影が安置されている。




児島高徳の後裔が藩主となった田原藩の藩庁、田原城 (三河国)本丸にある神社。

小島法師は児島高徳自身であり、児島高徳が『太平記』を著したのではないかとする説 ... 児島高徳の後裔が藩主となった田原藩の藩庁、田原城(三河国)本丸にある神社。 寛政重修諸家譜」1004によれば、三河国の田原藩主三宅氏もその後裔といわれる。

備前国児島郡林村出身[2]の武将。従五位下・備後守を賜る。『太平記』中では和田、今木といった苗字で表記される場合もあり、「児島」を「小島」と書き換える表記も散見される。

元弘元年(1331年)の元弘の乱以降、後醍醐天皇に対して忠勤を励み、南北朝分裂後も一貫して南朝側に仕えた。晩年は出家し、志純義晴と号したという。正式な法名は志純義晴大徳位。

後鳥羽上皇後裔説

承久の乱の折、後鳥羽上皇の第四皇子・冷泉宮頼仁親王が備前国児島へと配流となり、その孫の僧・頼宴の子という説
五流尊瀧院内に現存する頼仁親王当時建立とされる石塔を昭和45年(1970年)に修繕・調査した際、舎利が発見された。これを受け、頼仁親王と弟の桜井宮覚仁親王が後鳥羽上皇一周忌の際に分骨を行い、これとともにこの石塔を建立したのではないか、という従来からの通説はより濃厚となった。https://artue.jp/words/%E5%85%90%E5%B3%B6%E9%AB%98%E5%BE%B3

定心










和田孝房










和田深巌[8]










永性 和田家勝[9]










和田家弘[10]










和田家武 和田範長[11]










和田範氏 和田範胤 和田信夫(しのぶ)[12]  児島高徳



現在の田原城本丸跡には藩主三宅氏の祖先とされる児島高徳と、三宅氏初代の三宅康貞を祀った巴江神社が建っています。

徳川家康の祖父・松平清康の居城として築城された城で、家康出生の地です。家康が今川氏の人質から帰ってきた19歳から遠州浜松城に拠点を移した28歳まで城主を務めていました。

 その後、家康の嫡男・信康が城主となりましたが、信康は謀反の疑いで切腹。代わって重臣・石川数正、本多重次が城代を務めました。

 家康の関東移封後は豊臣家臣・田中吉政が入り、大規模な城郭整備を行ったとされています。
豊臣家臣・田中吉政が福岡県朝倉郡夜須松延の提を造り、松延塘となる。松延梨の木遺跡は弥生時代都也。

現在の田原城本丸跡には藩主三宅氏の祖先とされる児島高徳と、三宅氏初代の三宅康貞を祀った巴江神社が建っています。お城には先祖を祀る神社が多いですよね。お隣り豊橋市の吉田城にも源三位頼政(吉田藩主大河内氏の祖)を祀った豊城神社がありました。http://d.hatena.ne.jp/oikos88/touch/searchdiary?word=*%5B%B4%D1%B8%F7%5D&of=10


明智秀満が三宅弥平次と名乗っていた事から出自が三宅氏であるとの説も存在し、三宅出雲を実父とするものもある。三宅輪宝と坂本龍馬。児島高徳は始め三宅輪宝 佐久間信栄も三宅輪宝


三宅出雲40歳の時、三河国田原藩(現在の愛知県田原市域にほぼ当たる)家老。
天海の出自は奥州であるとされるが、使用した家紋が遠山氏と三宅氏の家紋(丸に二引両と三宅輪宝)と同じであるため、上記の遠山景玄が天海にまでなったという説もある。
天海子が天草で、敗死、秋月統が反乱軍成敗に参加。秋圃屏風

江戸時代には、大名の三宅、加納、津軽の三家が用いた。三宅氏の祖は、南北朝時代に南朝方で活躍した備前の武士児島高徳であるという。その子孫が備前はもとより三河へも移住したことで、輪宝紋 ...

三宅氏の家紋である「三宅輪宝」。日光東照宮の慈眼堂で見たあの家紋。 すべてのつながりはこの家紋にある。、 伊予の河野氏と児島高徳の三宅氏は同族である。 第四巻、「備後三郎高徳事付呉越軍事」この三郎には、漢の時代に、越王無渚が、白馬三郎(神)に因む華夏標。として用いる。

児島高徳は末娘を脇屋義治の嫁にさせた。子どもが ... そのためか、児島高徳の子息は出家して児島宗珎入道と名のり、義治の子を養育して三国湊の藤楚という村の田崎という字に住まわせていた。成人した ... 新田太引き丸一紋 現在の脇屋家家紋でもある。http://sky.geocities.jp/injyu1943/tasaki_mikuni_senryuji.htm

児島三郎左衛門高徳は右備後三郎といって、越前三国湊に住んでいた。児島高徳は末娘を脇屋義治の嫁にさせた。子どもができたが、その子六才の頃、義治は戦いに明け暮れ、越中越後の両国を徘徊していた。そのためか、児島高徳の子息は出家して児島宗珎入道と名のり、義治の子を養育して三国湊の藤楚という村の田崎という字に住まわせていた。成人した時は世間一般には、田崎殿といわれていたが、この人が義治の子、田崎木工亮義冬のことである。
 義冬は61才で死亡、その子の田崎四郎兵衛を、児島宗珎の子息、三郎兵衛は婿養子として育て、成人してから田崎四郎兵衛義方と名乗らせていた。その頃三国湊の支配を児島・奇樹・竹田・菊間・高屋・森田の6人が取り仕切っていた。この時児島四郎兵衛は、婿である田崎四郎兵衛を呼び寄せて、三国の7人衆にして三国の支配をした。
 蓮如上人は、吉崎を退出して、河内の出口に移り、文明10年(1478)京都の山科に本願寺を再興された。その頃、巡錫のため三国に逗留していた蓮如上人の宿を四郎兵衛の家でされた。そして上人の教えに感化された四郎兵衛は直ちに帰依し「入道而浄心」と法名をいただき専立寺の基盤をつくられた。だが、四郎兵衛は元々武士であったため、上人の身辺護衛をかねて常随の弟子となった。そして浄心は63才で死去。その子浄学は65才で死去。その子浄宗の時、三国湊専立寺の本堂を建立したと記録されている。この人49才で死去。その子、大和高田専立寺の創建者となる浄誓は49才で死去。その子宗清は65才で死去。
    【大和高田市市場 専明寺古文書より】


三宅家家紋入茶碗

書に仁清と書かれる。三宅家の家紋は、仏教法具の輪宝を図案化したもので、江戸時代の大名では、三宅氏の他に加納氏が替紋として用いていた。輪の中央と外輪との間を放射状に支える輻(や)と、剣の数により区別され、三宅家の輪宝は、八剣である。三宅家の祖は、『太平記』にも登場する鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した南朝の忠臣、児島高徳(生没年不詳)とされる。
http://www.taharamuseum.gr.jp/exhibition/2014/ex141025/index5.html

宇喜多氏 - Wikiwand

家紋は剣片喰(剣酢漿草)、他に雨竜や亀など。近世では五七の桐や五三の桐 ... 他の説として、宇喜多氏を児島高徳の後裔とし、高徳を宇多源氏佐々木氏の一族、あるいは後鳥羽天皇の皇子・冷泉宮頼仁親王の子孫とする説もある。

【概要】
田原城は、戦国時代初期の文明12年(1480)に、戸田弾正左衛門尉宗光によって築城されました。戸田氏は5代68年間、田原城を拠点とし、全盛時には、全三河湾を制覇しました。
その後、戦国武将が覇権を競う争乱の世、田原城も例外ではなく、今川氏・武田氏・松平氏(徳川氏)らの激しい攻防にさらされることとなりました。初代・戸田宗光から数えて五代目の堯光の時代に、今川方に送られる途中の松平竹千代(徳川家康)を奪って、織田方に送った事件がありました。この事件に怒った今川義元は田原城を攻め、激戦ののち落城。4代・宗光と5代・堯光は共に討ち死に。この時、宗光の弟・光忠は宗光の首を抱いて、我が子・忠次と共に城を脱出。山越しに落ち延びて、野田村の西圓寺にたどり着き、住職に首を預けて宗光の供養を頼みました。
落城により城主は今川氏にとって替わり、その後、今川氏の城代が四代続きましたが、今度は永禄8年(1565)徳川家康が攻めて落城。田原城は徳川方の所有となりました。徳川方の4人目の城主に、伊豆の下田から戸田氏(四代宗光の弟・光忠の孫・尊次)が国替えになり、城主として返り咲きました。戸田氏が三代続いた後、寛文4年(1664)三宅家に替わり、明治まで実に12代、二百年の間三宅家が藩主として続くことになりました。
廃藩置県後の明治5年(1872)、田原城の建物一切が、解体撤去され、田原城はその歴史を閉じました。

「三宅家」
備前国児島郡の国人児島高徳(たかのり)の後裔と称する。
南朝方の敗北後、三河に流れてきたという。高徳の三男高貞が三宅を名乗る。
高貞の子孫、政貞が徳川に属し、嫡子惣右衛門に家康の一字をもらい
康貞と名付ける。
康貞は一方の大将として家康の甲州攻めに活躍、5千石を賜った。
関ヶ原の戦いでは、子康信とともに遠江横須賀城を死守、軍功として
三河挙母(ころも)1万石に封じられた。康信は大阪の役にも、大阪淀城を守り、
2千石の加増で伊勢亀山に移る。
しそんは封禄の増減なく、三河原田1万2千石で明治維新を迎える。

福岡藩 - 支藩 - Weblio辞書

元和9年(1623年)黒田長政の三男・長興が福岡藩より5万石を分知され立藩した。藩庁は秋月陣屋(福岡県朝倉市)。無城大名ではあるが城主格が与えられていた。4代藩主長貞の息女、春姫は高鍋藩秋月氏に嫁ぎ、次男は名君として名高い上杉鷹山である。


 

大覚大僧正は名を、児島高徳、上(後光厳天皇か)はそこで三師に菩薩号を贈られ、大覚を大僧正とす

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年11月14日(火)18時22分24秒
編集済
  大覚大僧正は名を、児島高徳http://www7b.biglobe.ne.jp/~s_minaga/n_b_daikakuji.htmといい、日蓮の門下に、ある日京に出た時に日像の法莚に邂逅し、欣然として加わり聞くこと七日になる。

初め嵯峨大覚寺に入り、金剛界(真言密教)を受ける。

その徒(智覚、正覚、祐存ら)も日々に相従い、皆信服してたちまち密乗を捨てる。(時に年17歳)日像に親炙して精微を究むる。
延文3年(1358)天下に大旱(ひでり)があり、諸宗が雨乞いの法を修したが、験が現れず。大覚は詔を奉じ、桂川の畔に至って「法華経」を読誦す。未だ1軸に充たない中に、甘雨が降り注ぎ数日降り止まず。
勅して、願うことはないか、と言うので、師は日蓮・日朗・日像の菩薩号を請う。上(後光厳天皇か)はそこで三師に菩薩号を贈られ、大覚を大僧正とす。

大覚大僧正の生系には二説あり、摂政近衛経忠の子とするものと後醍醐天皇第三皇子恒性親王とするものとがある。
三備開基寺院の各々の縁起も両説が唱えられ、どちらとも決められないのが実情であるが、何れにせよ所謂「高貴の出」であることは確かなことのようである。

大覚大僧正(1297-1364)は幼名を月光丸・羅疫羅丸 児島宮歴研会

吉備前鑑、寺社奉行書上、法蓮寺縁起(本蓮寺縁起であろう)等大覚上人を以って後醍醐天皇の皇子大覚寺宮とせり。

日像(37歳)より伝授状を受ける。(妙顕寺古文書5)
日像の命にて宗祖日蓮上人坐像を造る。(児島高徳皇子論)
日蓮上人坐像の造立:
「児島高徳皇子論」に備前辛川大覚堂(現大覚寺)日蓮上人坐像が図版とともに紹介されている。像高は21cm。
本著には、本像の胎内には「南無妙法蓮華経/于時延慶2年己酉7月下旬/承師命奉造立者也/妙實・花押」とあるという。

正和2年(1313)
嵯峨大覚寺より出洛の折、日像の法筵に邂逅し、7日間聴聞して弟子となると伝える。(龍華歴代師承伝)

亀山上皇と日蓮上人の銅像のある東公園の、松林の中にあった。 大覚大僧正の筆によるといわれる法華題目が三面に刻まれている。

現在、岡山県南部を歩くと、いたるところで「南無妙法蓮華経 大覚大僧正」と刻まれた石碑を目にする。岡山・広島両県下における大覚大僧正の開創寺院は30カ寺とも40カ寺ともいわれるが、改めて調べると52カ寺が数えられる。このほか京都・奈良・大阪・兵庫・和歌山・山口の各府県に開創寺院が点在している。大覚大僧正が拠点とした京都妙顕寺からは、後に妙蓮寺・妙覚寺・立本寺などが分派したが、これらの諸本山においても大覚大僧正は像師に継ぐ第二祖として尊崇されてきた。かくて大覚大僧正を開創・歴世とする寺院を全て合わせると70カ寺を超える。

大覚大僧正外護の武将の中
 多田頼貞は濱野に、石原佐渡は牛窓に、松田左近将監は金川に、石川左衛門佐は軽部に、伊達弾正は野山に、難波備前は金川富山に各々外護の力多きに居、その建立に係る寺院の主たるもの
 

日本の神仏融合はここから始まる

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年11月10日(金)08時22分51秒
編集済
  「白馬王由來與傳」

「白馬尊王」は漢朝福建の王郢を越える第3の子の寅です、喜は白馬に乗って、「白馬の3の郎」の名で有名で、東を聞いて付近の鰻沢中を製錬することは鰻邪悪な危害庶民があって、3の郎は即刻前に怪物を取って、卻は立ち回り中に殉難していて、鰻と死ぬことと邪悪です。故郷民はその功績を感動させて、廟祭祀を設けて、「白馬の3の郎」は、また「白馬王」、「鰻尊王を撃ちます」、「白馬尊王」、「白馬の孚加護王」と称します。福州市晋安自治区鼓山の鰻の沢には「白馬の孚加護王祖廟があります

このどれだけかこの境の境の主大王信心あるいは水流遺体として、海は神仏の像を晒して廟を立てて、地位類似「あぜは不思議です」は、この村の境人口を管理する役割を持っていることを授けて、村びとは亡くなって常にこの大王死亡通知に向かって、意は曇った籍に入るため住民登録します。故あって騎乗馬のように配合して白馬などによって、すぐ「白馬尊王」と呼んで、あるいは「白馬尊王」号に無理にこじつける称したこれ。南竿故郷福マカオ村の福マカオ白馬尊王の廟、南竿故郷科のひづめのマカオ文武白馬大王の廟、北竿故郷大丘大王の廟のように、原の村びとは誤って「白馬大王」と呼んで、後は指示することを通過してさらに「大丘大王」と言う。

第一類と第2類は「異なった神と名」として、それぞれ2門の違った不思議な祇とします。第3類はするとこの境大王信心あるいはあぜであり不思議に信仰して、「白馬尊王」神名にこじつける。

この2であることは不思議に区分して、般若は「廟」を立てるため者を奉じて鰻を撃つための白馬尊王に応えて、そのことによって霊験があり民を救ってそれで年を奉じることを受けて;「祠」を立てることとして者を奉じて福建王王とすることが当然に詳しく知って、王氏の宗の親あるいは福建住民のために福建を開く功を思い祭ることを奉じることを感動させる。

間違った意不思議な門を免れることとして、あるいはこの種の論点を提出して

1.?の寅は、鰻を撃つ白馬尊王は依然として「白馬尊王」と称して、その白馬尊王の廟によった名は馬祖を占めて多くで、あるいは特に「鰻尊王を撃ちます」と称する (祖廟と名を使って同様です)。

2.福建王王は知識則を調べて「福建王を開きます」とすることと尊称して、その功徳事跡をほめることによって。また台湾のある開幕の聖王を開発するように、漳州を開発することは漳の聖王を開くことがあって、金門(古くささは浯の州と称します)を開発することは浯の聖王を開くことがあって、したがって福建王王を思うことを感動させて詳しく福建を開く功を知ることとして、「福建王を開きます」と尊称することはすでに名は功を知る。

3.ほかには白馬の名の号の境の主にこじつけて不思議に信仰して、それを尊重してすでに「白馬」の諱を使って、「白馬大王」と称して、あるいはほかには。


第一類と第2類は「異なった神と名」として、それぞれ2門の違った不思議な祇とします。第3類はするとこの境大王信心あるいはあぜであり不思議に信仰して、「白馬尊王」神名にこじつける。この2であることは不思議に区分して、般若は「廟」を立てるため者を奉じて鰻を撃つための白馬尊王に応えて、そのことによって霊験があり民を救ってそれで年を奉じることを受けて;「祠」を立てることとして者を奉じて福建王王とすることが当然に詳しく知って、王氏の宗の親あるいは福建住民のために福建を開く功を思い祭ることを奉じることを感動させる。間違った意不思議な門を免れることとして、あるいはこの種の論点の1を提出する。?の寅は、鰻を撃つ白馬尊王は依然として「白馬尊王」と称して、その白馬尊王の廟によった名は馬祖を占めて多くで、あるいは特に「鰻尊王を撃ちます」と称する (祖廟と名を使って同様です)。2.福建王王は知識則を調べて「福建王を開きます」とすることと尊称して、その功徳事跡をほめることによって。また台湾のある開幕の聖王を開発するように、漳州を開発することは漳の聖王を開くことがあって、金門(古くささは浯の州と称します)を開発することは浯の聖王を開くことがあって、したがって福建王王を思うことを感動させて詳しく福建を開く功を知ることとして、「福建王を開きます」と尊称してすでに...



「白馬王由来-馬祖資消息の網を言い伝」

仏教起源はインドに、中国で発展して、漢明帝は天竺(インド)に仏陀を頼んで、河南洛陽に「白馬の寺」を造って、白馬の寺は中国の初めの古刹で、中国仏教の本場、白馬の寺建設後、明の帝でありインドの2の高僧を謹んでお願い申しあげる、空けることを摩擦することを摂取して、竺法蘭はこれに来て共同で中国第一部漢文経典《仏陀は24が経ると言う》を訳し出して、仏教に中国伝世にあるようにさせて、変わる王に上がって、庶民を治めることを下りて、甘の露はあまねく、法沢ロング派は、白馬の寺は中国仏教であり初めであり法事を行うところ、仏教歴史上の「源を解釈します」、歴代を経験することを訳して全てある少なからず高僧は、寺内に経典を翻訳する。

   東漢永平の10年(67年)から唐ものの文章の大家和州の8年(835年)までは合計で768年は、大きさを訳して経典の300の何部でもに乗る、漢は白馬の寺を立てるので洛城雍ドアの西に、それ以来、仏門弟子は全て「白馬」を1の語は祥瑞の象とみなして出征する。

   大福州地区に、少なからず「白馬」関連した地名、文化財と民間物語とあって、白馬山、白馬川、白馬橋、白馬廟、白馬の3の郎などのように。これらの名称は全て民間から来て、福州との文化の元はとても少し関係します。中世時代に、福州の仏教寺院であることは多くて、冠は南方各省に、人がだから福州が中国南方の仏教中心で、南方の洛陽であると言って、当時福州は詩が言って:「湖の田は種蒔きして重いて穀を収めて、道路の逢の人ハーフは僧;城内であり3の山は群れの寺を教えて、夜に7の塔の10000本の明かり。」この詩は最も福州城の風貌を要約することができて、当時、的確に僧であり多くて、廟は多くて、仏教思想は濃厚で、福州と「白馬」が関連する各種の名称は同様にすぐ多くて、特に?江川下の両岸は、琯の頭、亭の江、営前、深い水たまりの頭は、琅の岐さえ、ポットの江及馬祖列島は、白馬王廟はなんと多くて、「白馬の3の郎」というもの究竟の指した何人?福州と長楽はちょっとたくさんの見解を帯びます。

   戦国時期について話して、楚の威王は越国の後を滅ぼして、越王の勾は後裔と宗の親たちを踏んで、まちまちの南は逃げて、遁れは福建北の林に向かって、遁れは海に向かって、再び?江入り江に沿って福建に入って、福州の王の無と称することで諸で、福建を鳴らしたことを吹くことは王の角笛、原本純粋種の福建一族の人、親しい縁、婚姻を結びは変化を起こしたほど、福建は大地は形成して、無の諸後裔福建広東省王郢は、彼の第3の子は、武芸のため強く高くて、そのうえ民間の悩み苦しみに非常に関心があってかつ、よく白馬に乗って、したがって「白馬の3の郎」と称して、後刻は彼は民のために害を除いて、悪の鰻と格闘して、現在で死ぬ福州は峰の鰻の沢をふくらます。

   物語はそのようにして:福建が王郢を越える時、福州東門外は峰山下をふくらまして、湧き水はさらさらと、風景は秀麗で、1年の春の匹になって、干ばつ状況は蔓延して、畑の亀は裂けて、穀類作物の苗は枯れていて焦がして、故郷井戸の枯れた涸。ある日、暗雲はすきまなく広がって、雷電は加わることを渡して、1本の巨?は何処躍から空け来ることを知らなくて、山沢の大きい樟にぐるぐる巻きついて、山田に横ばいすることは瓜の間のように、澗谷下に出没して、農民たちは沢に入って水を汲みかねて、同様に山に登って柴を切りかねた、鰻は精通して災いして、稲の禾は出来るだけめちゃくちゃな塌は、遠近人家の次から次へと引っ越す地方は、誰は鰻の害を駆除することができない。

   県は焦る州府に訴えることを呈することに、州府星夜の駅は福建を告げてほど王は、福建は王は文武大臣を引見して、広いしるしの籌の略の良は謀って、部将を左右して互いに顔を見合わせて、小さくなって押し黙る、仕方なく宮は諸王子を引見して、鰻大計画を除こうと協議する。

   福建は王を越えて先に長男に聞いて:あなたの剣術は蛟龍は海から出せば、鰻の害を除くことができますか?大王長男は物音がしなく色があせます。

   福建は王を越えて焦燥のように不良の子に聞いて:あなたの銃の法は猛虎出馬のようで、鰻の害を除くことができますか?不良の王子は黙って無は言う。

   福建は王を越えて怒ることを失うと感じて、ただ3の子の鄒寅に聞いて:あなたの矢の法は神のように、鰻の害を除くことができるか?3の子人格剛直さ、濃い眉毛金時鯛、仁侠は勇壮で、撃つことに乗ることに精通して、彼は立ち向かって、父の王の命を率いることに鰻の害を除きます。

   白馬は3の郎先は長楽まで豹を除いて、17に全て(今長楽湖南鎮一帯)龍の翔峰の山頂は豹を遇して、3の郎は2の矢を連発して、悪の豹は喉頭に当てられて、腹は地を酌んで、前に出ることは一目見て、豹を生けることは意外にも岩になって、後代の人はこの石を「急変する岩」と称する。3の郎は悪の豹の後を削って、また峰をふくらますことに到達することは巨?を除いて、巨?は深い深い水たまり中に隠れて、ロング3丈は、バケツの大きさがあります。時は昼ごろを渡して、3の郎の巡は沢の澗を猟をして、飛ぶ馬一ひらは愚鈍で、潜行の深い水たまり方の巨?を直射して、巨?の急所は続けて3の矢に当たって、負は逆襲を痛めて、まっすぐ3の郎を追い詰めて、意外にも3の郎短刀が刺し傷をされて、血は沢の山を染める。巨?は必死になって、尾を振ってよじれをよじって3の郎梱を止めて、白馬はいなないて鳴って、双方は力尽きてそれで亡は、随行員用心棒の白馬と18部は同様に同時に殉難する。

   3の郎没後は「強く広く霊に応えて現す孚加護王を救う」とすることを封じられて、白馬は3の郎為の民は害を除いて、受ける福建は全て庶民たちの崇敬は、彼を「白馬王」と称してかつ、門は「雨の神をつかさどります」として、各地は廟を造って奉る。

   南宋(1227-1279の年)にあって、署名の梁の撰修理する《3の山の志》(明代前に以前長楽の志は、9年宋アツシの熙に書物になって、即ち1182年、福州の最も早い地方誌が現存するため)は、記録した福建広東省王郢の3の子は、白馬の3の郎は、善の沢に大きい鰻に当てる。明日の朝の弘は年間(1488-1505の年)を治めて黄色の四季の2番目月の昭は撰《福建省は志を通る》を編集して同様に白馬の3の郎が現われて、軍隊が殉難する記録。

   早く乾隆年間(1736年-1795年)に、福州戯曲の志に、すぐ白馬尊王の劇が写本を創作して、「伝統的芝居の外題」に属して、シナリオ中福建は皇太子の3の郎到の鰻の沢狩猟を越える、鰻と博の闘った物語に精通する。鰻は精通して竜王の女の石善プリンス化身を結んで、与三郎の博は闘って当たってそろって沢で死んで当たって、彼二人はある宿夫婦の縁は、3の郎没後は「白馬尊王」とすることを封じることを受けて、石善プリンスは「英徳夫人」とすることを封じて、これは福建多人数の芝居の外題中の一つだけが福建越王子白馬の3の郎的芝居の外題を反映する、在道の光は4、5年は写本伝世が依然としてあって、劇中に福州をはさんでたいへん劉瑾を守って、水夫の人の雨ごいなどの内容に臨む。馬祖山隴白馬王廟は鰻の沢白馬王を見て知って祖廟として、2007年3月20日、特別行政区行政長官は不良の籌の組参拝の団は300は何人かは祖廟に参拝して、ともに扁額と銀の盾を謹んで差しあげて、文牌を通りをよくして、宗教でおしまいにする旅の先峰を開ける。

   長楽市湖南鎮「龍の翔峰」近く「急変する岩」3個の大きい文字の石製彫刻に紛失して、湖浜村になる名所は、朱熹のために手紙を語り継いで、こちらには多くの美しい噂があって、これは何年を伝えたと言い伝えます;これらの物語は何回かを話した、龍の翔峰の林の綠は黄色で、また黄色であって綠は、ただこの「急変する岩」は黙ってそびえて、日夜は世の変遷を望んでいることを守って、「龍の翔大地は、急変する福祉」を待ち望むことを祈る。

   別の一説の法は遅い唐ものの5代を指す福建王王であり裁判を開いて(862-925の年)を知って、唐ものの末は、助けを借りる農民蜂起、中原大地が王の緒から人民解放軍を率いていて主福建に入って、漢民族の血液をもたらして、同様に中原文化をもたらして。ただ王の緒人格は疑い深く避けて、後刻の衆の軍は王の汐を奉じて帥とします。朱全部忠実な簒の唐ものに至るまで、国号は梁に変わって、詳しく福建王とすることを知ることを封じて、彼はロング者の風格によって、学者の品は福建を治めて、彼は都市に北から南に向かって拡大させて、彼「海を囲んで田を作ります」は、最も長楽の人に興味深げに話させて、彼のため常に白い袍を着て白馬に乗ってかつ、彼のため兄弟中排行の第3で、軍中に「白馬の3の郎」の名で有名で、彼の駐屯軍は以前?江の口長楽の深い水たまりの頭北岸一帯に在位を防衛して、こちらは原は一面の沖積の洲で、5代の福建王の駐屯軍を語り継いで枝葉を帯びる竹ざおを利用して、エグチ砂州前に挿入して、泥の砂に沈殿させて、干拓にとって有利で、農耕面積を拡大して、白馬の3の郎王は詳しく知識は、29年福建を治めて、彼は境民心安定を保って、生産を激励して、船便を発展させて、重いてやっと学を興して、清廉公正な清節、体の恤の民の艱、人格は敬慕する。後代の人は福建王の功績を記念するため、廟を造って、塑像は祭ることを供えて、廟は「白馬王」と称するし、毎年の正月の22日、盛大な葵祭りがあって、その晩は福建王神明と武芸名手化粧した18個が巡、徹夜、拍子獅子から出して、高足踊りは、人目を引いて、同様にしるしの五穀豊穣のように、一片はめでたくて、これらの葵祭りは、即ちそのまま用いる今、焚の良い香りの礼拝の代々で。


仏教起源はインドに、中国で発展して、漢明帝は天竺(インド)に仏陀を頼んで、河南洛陽に「白馬の寺」を造って、白馬の寺は中国の初めの古刹で、中国仏教の本場、白馬の寺建設後、明の帝でありインドの2の高僧を謹んでお願い申しあげる、空けることを摩擦することを摂取して、竺法蘭はこれに来て共同で中国第一部漢文経典《仏陀は24が経ると言う》を訳し出して、仏教に中国伝世にあるようにさせて、変わる王に上がって、庶民を治めることを下りて、甘の露はあまねく、法沢ロング派は、白馬の寺は中国仏教であり初めであり法事を行うところ、仏教歴史上の「源を解釈します」、歴代を経験することを訳して全てある少なからず高僧は、寺内に経典を翻訳する。

東漢永平の10年(67年)から唐ものの文章の大家和州の8年(835年)までは合計で768年は、大きさを訳して経典の300の何部でもに乗る、漢は白馬の寺を立てるので洛城雍ドアの西に、それ以来、仏門弟子は全て「白馬」を1の語は祥瑞の象とみなして出征する。

大福州地区に、少なからず「白馬」関連した地名、文化財と民間物語とあって、白馬山、白馬川、白馬橋、白馬廟、白馬の3の郎などのように。これらの名称は全て民間から来て、福州との文化の元はとても少し関係します。中世時代に、福州の仏教寺院であることは多くて、冠は南方各省に、人がだから福州が中国南方の仏教中心で、南方の洛陽であると言って、当時福州は詩が言って:「湖の田は種蒔きして重いて穀を収めて、道路の逢の人ハーフは僧;城内であり3の山は群れの寺を教えて、夜に7の塔の10000本の明かり。」この詩は最も福州城の風貌を要約することができて、当時、的確に僧であり多くて、廟は多くて、仏教思想は濃厚で、福州と「白馬」が関連する各種の名称は同様にすぐ多くて、特に?江川下の両岸は、琯の頭、亭の江、営前、深い水たまりの頭は、琅の岐さえ、ポットの江及馬祖列島は、白馬王廟はなんと多くて、「白馬の3の郎」というもの究竟の指した何人?福州と長楽はちょっとたくさんの見解を帯びます。

戦国時期について話して、楚の威王は越国の後を滅ぼして、越王の勾は後裔と宗の親たちを踏んで、まちまちの南は逃げて、遁れは福建北の林に向かって、遁れは海に向かって、再び?江入り江に沿って福建に入って、福州の王の無と称することで諸で、福建を鳴らしたことを吹くことは王の角笛、原本純粋種の福建一族の人、親しい縁、婚姻を結びは変化を起こしたほど、福建は大地は形成して、無の諸後裔福建広東省王郢は、彼の第3の子は、武芸のため強く高くて、そのうえ民間の悩み苦しみに非常に関心があってかつ、よく白馬に乗って、したがって「白馬の3の郎」と称して、後刻は彼は民のために害を除いて、悪の鰻と格闘して、現在で死ぬ福州は峰の鰻の沢をふくらます。

物語はそのようにして:福建が王郢を越える時、福州東門外は峰山下をふくらまして、湧き水はさらさらと、風景は秀麗で、1年の春の匹になって、干ばつ状況は蔓延して、畑の亀は裂けて、穀類作物の苗は枯れていて焦がして、故郷井戸の枯れた涸。ある日、暗雲はすきまなく広がって、雷電は加わることを渡して、1本の巨?は何処躍から空け来ることを知らなくて、山沢の大きい樟にぐるぐる巻きついて、山田に横ばいすることは瓜の間のように、澗谷下に出没して、農民たちは沢に入って水を汲みかねて、同様に山に登って柴を切りかねた、鰻は精通して災いして、稲の禾は出来るだけめちゃくちゃな塌は、遠近人家の次から次へと引っ越す地方は、誰は鰻の害を駆除することができない。

県は焦る州府に訴えることを呈することに、州府星夜の駅は福建を告げてほど王は、福建は王は文武大臣を引見して、広いしるしの籌の略の良は謀って、部将を左右して互いに顔を見合わせて、小さくなって押し黙る、仕方なく宮は諸王子を引見して、鰻大計画を除こうと協議する。

福建は王を越えて先に長男に聞いて:あなたの剣術は蛟龍は海から出せば、鰻の害を除くことができますか?大王長男は物音がしなく色があせます。

福建は王を越えて焦燥のように不良の子に聞いて:あなたの銃の法は猛虎出馬のようで、鰻の害を除くことができますか?不良の王子は黙って無は言う。

福建は王を越えて怒ることを失うと感じて、ただ3の子の鄒寅に聞いて:あなたの矢の法は神のように、鰻の害を除くことができるか?3の子人格剛直さ、濃い眉毛金時鯛、仁侠は勇壮で、撃つことに乗ることに精通して、彼は立ち向かって、父の王の命を率いることに鰻の害を除きます。

白馬は3の郎先は長楽まで豹を除いて、17に全て(今長楽湖南鎮一帯)龍の翔峰の山頂は豹を遇して、3の郎は2の矢を連発して、悪の豹は喉頭に当てられて、腹は地を酌んで、前に出ることは一目見て、豹を生けることは意外にも岩になって、後代の人はこの石を「急変する岩」と称する。3の郎は悪の豹の後を削って、また峰をふくらますことに到達することは巨?を除いて、巨?は深い深い水たまり中に隠れて、ロング3丈は、バケツの大きさがあります。時は昼ごろを渡して、3の郎の巡は沢の澗を猟をして、飛ぶ馬一ひらは愚鈍で、潜行の深い水たまり方の巨?を直射して、巨?の急所は続けて3の矢に当たって、負は逆襲を痛めて、まっすぐ3の郎を追い詰めて、意外にも3の郎短刀が刺し傷をされて、血は沢の山を染める。巨?は必死になって、尾を振ってよじれをよじって3の郎梱を止めて、白馬はいなないて鳴って、双方は力尽きてそれで亡は、随行員用心棒の白馬と18部は同様に同時に殉難する。

3の郎没後は「強く広く霊に応えて現す孚加護王を救う」とすることを封じられて、白馬は3の郎為の民は害を除いて、受ける福建は全て庶民たちの崇敬は、彼を「白馬王」と称してかつ、門は「雨の神をつかさどります」として、各地は廟を造って奉る。

南宋(1227-1279の年)にあって、署名の梁の撰修理する《3の山の志》(明代前に以前長楽の志は、9年宋アツシの熙に書物になって、即ち1182年、福州の最も早い地方誌が現存するため)は、記録した福建広東省王郢の3の子は、白馬の3の郎は、善の沢に大きい鰻に当てる。明日の朝の弘は年間(1488-1505の年)を治めて黄色の四季の2番目月の昭は撰《福建省は志を通る》を編集して同様に白馬の3の郎が現われて、軍隊が殉難する記録。

早く乾隆年間(1736年-1795年)に、福州戯曲の志に、すぐ白馬尊王の劇が写本を創作して、「伝統的芝居の外題」に属して、シナリオ中福建は皇太子の3の郎到の鰻の沢狩猟を越える、鰻と博の闘った物語に精通する。鰻は精通して竜王の女の石善プリンス化身を結んで、与三郎の博は闘って当たってそろって沢で死んで当たって、彼二人はある宿夫婦の縁は、3の郎没後は「白馬尊王」とすることを封じることを受けて、石善プリンスは「英徳夫人」とすることを封じて、これは福建多人数の芝居の外題中の一つだけが福建越王子白馬の3の郎的芝居の外題を反映する、在道の光は4、5年は写本伝世が依然としてあって、劇中に福州をはさんでたいへん劉瑾を守って、水夫の人の雨ごいなどの内容に臨む。馬祖山隴白馬王廟は鰻の沢白馬王を見て知って祖廟として、2007年3月20日、特別行政区行政長官は不良の籌の組参拝の団は300は何人かは祖廟に参拝して、ともに扁額と銀の盾を謹んで差しあげて、文牌を通りをよくして、宗教でおしまいにする旅の先峰を開ける。

長楽市湖南鎮「龍の翔峰」近く「急変する岩」3個の大きい文字の石製彫刻に紛失して、湖浜村になる名所は、朱熹のために手紙を語り継いで、こちらには多くの美しい噂があって、これは何年を伝えたと言い伝えます;これらの物語は何回かを話した、龍の翔峰の林の綠は黄色で、また黄色であって綠は、ただこの「急変する岩」は黙ってそびえて、日夜は世の変遷を望んでいることを守って、「龍の翔大地は、急変する福祉」を待ち望むことを祈る。

別の一説の法は遅い唐ものの5代を指す福建王王であり裁判を開いて(862-925の年)を知って、唐ものの末は、助けを借りる農民蜂起、中原大地が王の緒から人民解放軍を率いていて主福建に入って、漢民族の血液をもたらして、同様に中原文化をもたらして。ただ王の緒人格は疑い深く避けて、後刻の衆の軍は王の汐を奉じて帥とします。朱全部忠実な簒の唐ものに至るまで、国号は梁に変わって、詳しく福建王とすることを知ることを封じて、彼はロング者の風格によって、学者の品は福建を治めて、彼は都市に北から南に向かって拡大させて、彼「海を囲んで田を作ります」は、最も長楽の人に興味深げに話させて、彼のため常に白い袍を着て白馬に乗ってかつ、彼のため兄弟中排行の第3で、軍中に「白馬の3の郎」の名で有名で、彼の駐屯軍は以前?江の口長楽の深い水たまりの頭北岸一帯に在位を防衛して、こちらは原は一面の沖積の洲で、5代の福建王の駐屯軍を語り継いで枝葉を帯びる竹ざおを利用して、エグチ砂州前に挿入して、泥の砂に沈殿させて、干拓にとって有利で、農耕面積を拡大して、白馬の3の郎王は詳しく知識は、29年福建を治めて、彼は境民心安定を保って、生産を激励して、船便を発展させて、重いてやっと学を興して、清廉公正な清節、体の恤の民の艱、人格は敬慕する。後代の人は福建王の功績を記念するため、廟を造って、塑像は祭ることを供えて、廟は「白馬王」と称するし、毎年の正月の22日、盛大な葵祭りがあって、その晩は福建王神明と武芸名手化粧した18個が巡、徹夜、拍子獅子から出して、高足踊りは、人目を引いて、同様にしるしの五穀豊穣のように、一片はめでたくて、これらの葵祭りは、即ちそのまま用いる今、焚の良い香りの礼拝の代々で。



私たちは限度を越して福建を見に来て国の歴史を越えることへ帰って、《歴史屋に基づきます?東は列伝を越えて》記載する――

福建は南越を撃つことを越えます。遣わした大いに行の王の恢がクスノキから出すことに上がって、大きい農業の韓安国は稽ができることから出して、みなは将軍とします。兵はまだ峰を越えなくて、福建は王郢出兵の距を越えて危ないです。その弟の余善乃と相、宗族は言おうと謀ります:「王は出兵に長じることによって南を撃って越えて、頼まなくて、故天子の兵は討って来ます。今の漢の兵の衆は強くて、今は即ち幸勝のこれは、後刻はますます多くて、結局国を滅ぼし止まる。今の殺した王は天子に感謝することによって、天子は聞いて、戦争をやめて、もとより1個の国は終わります;聞かなくて、そこで奮戦して、勝たなくて、即ち亡は海に入る。」。みなは「善」を言います。即ち鏦は王を殺して、その頭を奉じて大いに行を送ることを使います。

福建はほど王郢は、白馬の3の郎?の寅のお父さんだけで、福建(福建は越えます)と広東(南は越えます)の戦争を起こして、体格が大きな人朝は南昌(クスノキ)、紹興(稽ができます)から軍隊を派遣して福建を攻撃して、福建は王派兵を越えて堅持する。郢の弟は善を余して、?の寅のおじだけで、福建を国の権力者たちを越えることに駆り出して、政変を起こして、自分タクシードライバー兄弟を殺害した、降参漢朝。


常に白馬の号『白馬の3の郎』、?の3の郎に乗る


神明は炉を分けて試験します:白馬の3の郎殉難後に、彼の1個の靴は洪水と漂って白い龍江の畔(今大海の洲の川)に至って、アヒル保母の洲は黄色で、林、3の姓故郷民は、”境民心安定を保って、邪悪であり悪を駆ることを討って、ますます長生きして年を延ばして、闢の財源を開きます”をもって名として、今文芸劇場旧住所で廟を造ることは祭って奉じる。原の廟は雄大壮観で、東は山に臨んで、西環川は、北朝の南に乗って、南朝の5の虎は、後は蛇の城を巻いて、面積の2000の何平方メートルか。廟は正殿が在中して、殿、芝居の台、ものの両側にある部屋の木構造レストランと中庭などの建築に傾きます。正殿中央は龍鳳入浴井戸があって、部屋いっぱい押しのけて闘う、スカートが彫刻する人物と花と鳥、金張りの彩色上絵。 1988年に、アヒル保母の洲故郷民は白馬の3の郎人民を大切する除害を記念するため、雨ごいする必ず霊の歴史功績は、資金を寄せ集めることは”広は白馬王廟に応えます”を再建して、位置する赤い星ニュータウン。後はまた1997年に旧住所で再度改築して、廟は南朝の北に乗って、廟前に大型白馬と馬子を塑製して、右の行く手は千寿の塔を造って、廟の酒のかめは当たります...





 

中国の福建省屏山平山の治城、の王「無渚」天皇が見える、閔越王無渚

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年10月 5日(木)17時21分47秒
編集済
  閔越王無渚
前202年、無渚は閔越王に封じられた。

城村遺跡(閔越王城遺跡)
『中国・武夷山

4000年以上前にここに住んでいた "古代の福建省の人々"である中国の棺のサイトで一番早く、 "海舟の棺"、 "虹橋のプレート"とその地域漢王朝Minyue王都の遺跡の数百万平方メートル、そしてここでも中国を探検するために、これまでのところ、種類の最も初期の綿の繊維を見つけた。 https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-TW&u=https://solomo.xinmedia.com/china/77886-Wuyishan&prev=search
武夷山ソウルのサイトは2,200年以上前、 "近代的な"都市、サイトは480000平方メートルの面積をカバーし、中国江南で最も完成した漢王朝の古代都市を保存し、貴重な文化遺物、陶器、鉄の青銅などの多数を発掘。

武夷山は台湾から最も近い

漢5年(最初の202年)、劉BangはMinyue王、元の領域の管轄権、Minyue国の設立、首都は東に位置して再確立されます。

紀元前135年と南ベトナム南部ベトナム(南広東)は、より多くの八尾王、東王王、福建省と2つの王の形成よりも良いの残りのための醜い八尾封印同時に市民紛争、皇帝につながる、失敗した。  BC紀元前111年には、紀元前110年に于山と漢の王朝が亡くなり、民族はJAC地域に移住しました。 一部の人々は、後で漢民族が完成するまで、かなりの数の民営民が福建省に残っていると考える。

所謂東冶,乃古地名,相傳為「越王勾踐冶鑄之所。漢初閔越王無諸之都城。

漢初為閩越王都治城

[戦国七雄] - 戦国時代、七つの大国(「七雄」から秦を除いたものが「六国」) … 秦 楚 斉 燕 趙 魏 韓(末期の勢力順)即ち和人 倭人という。

「越王句践。其先禹之苗裔而夏後帝少康之庶子也。封于会. 稽。以奉守禹之祀」。 「呉越春秋」曰く。「禹周行天下。還帰大越。登茅山以朝四方。群臣封有功。爵有徳。崩. 而葬焉。至少康。恐禹蹟宗廟祭祀之絶。乃封其庶子于越。越の「禹祭」

閔越王郢之弟余善乘機殺郢,稱為東越王,轄原東歐地。公元前111年,東嶽王余善反叛。事件平息后,漢武帝撤廢東越、閩越國,在東歐故地設置回浦?,屬會稽郡鄞縣,同時設東部都尉。

2012年12月、福州地下鉄の建設時間だけでなく、平山地区では、西漢の遺跡、ワダン、トリック、鍋、缶、ストーブ、ボウル、青銅の鏡や文化遺物の他の何千も見つかった。  [10] [11]発掘された文化的遺物には、長江民城の宮殿の遺跡の一部として特定された「長いライブミュージック」、ワダンの言葉が含まれる。
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-CN&u=https://zh.wikipedia.org/wiki/%25E5%2586%25B6%25E5%259F%258E&prev=search
西漢宮殿の遺跡を掘った

完全に発掘されれば、福州の研究は、西漢の歴史は非常に重要です。 しかし、このサイトは地下鉄Ping Shan駅の地下に位置しているため、文化遺跡の専門家は、考古学的発掘が地下鉄駅の範囲であれば、それは残念だと言いました。 地下鉄1号線も2014年末までに完成する必要があります。

国家文化遺跡局エキスパートフィールド調査の福州平山天皇基地の考古学的発掘

考古学的なスタッフは、サイトのサイトは、ここでは本当にMinyueの街の遺跡であることを示すその時に王室だった完全な "長いライブ音楽" Wadangを発掘した。
地下鉄18メートル、地下鉄駅の地下鉄駅の地下鉄の駅の地下鉄駅の地下鉄駅の地下鉄18メートルの地下鉄の地下鉄駅の地下5メートルの地下鉄駅で構築された "しかし、予備計画によると、遺跡は、 古都福州の発展、漢王朝の宮殿の廃墟のPing Shan地下鉄駅の発展を理解する方法として、保持されます。

『漢書・恵帝紀』と『資治通鑑』からです。

夏五月、閩越君・揺を東海王に立てました。都を東甌に置いたため、東甌王と号されます。

東海王・揺と閩越王(閩粤王)・無諸(西漢高帝五年・前202年参照)はどちらも越王・句践の子孫です。諸侯に従って滅秦の戦に参加し、多くの功を立てました。二人とも当地の民が帰順していたため、王に立てられました。

『資治通鑑』胡三省注によると、閩越王・無諸の都は冶(地名)です。


東甌(とうおう、前472年 - 前138年)とは、越王勾践の後裔東甌王が封じられた国であり、現在の浙江省温州市付近に存在した。「甌越」とも表記される。 ... 東甌王の騶揺と閩越王騶無諸は越人を率いて鄱陽令呉芮を支援して反秦活動を行う。 秦滅亡後は項羽 ...
閩越王無諸が城村(現在の福建省武夷山市興田鎮)に築いた王城はこの地域最大の都市
東海王・揺と閩越王(閩粤王)・無諸(西漢高帝五年・前202年参照)はどちらも越王・句践の子孫です。

秦末に東甌王搖と閩越王無諸は番君呉芮に従い、滅秦後は項羽の行賞を不服として劉邦に与し、B202年に無諸が閩越王に ...西漢補注



 

天皇は百済でもなく、朝鮮でも、ありません、では何処に天皇は、存在していたか? それは中国の福建省屏山平山の治城、の王「無渚」天皇が見える

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 9月13日(水)14時50分20秒
編集済
  天皇は百済でもなく、朝鮮でも、ありません、では何処に天皇は、存在していたか? それは中国の福建省屏山平山の治城、の王「無渚」に天皇が見える。

治城、の王「無渚」が漢祖となる劉邦を、助けて、これからビン越となのり、孫の越王丑が、白馬三郎と呼ばれ、その地で、中国で寺に仏が建立されたと言われていた。

越王丑が漢の武帝に、責められ、ビン越の城村から十万人が、いなくなったと、記録されています。
この時のビン越の天皇こと神は、中国から消えて、しまったという事です。

ビン越の天皇が中国から消えて、漢の武帝は朝鮮に進出、し三韓としました。
ここ三韓では、ビン越天皇が居た事など、あるはずが、ありません。

それはこの時期日本が、ビンエツによる天皇中心の国になっていたのは、他にあるわけは、ないのです。
三韓の支配は漢の武帝だと司馬遷が記録している事から、はっきりしている。

ここに、三韓には、天皇の記録等、あるわけは、ない。 日本に渡来等なかったのです。
だが越王丑の別名ウガヤの長男が、母、玉よりの里に、向かい、その地で新羅の王となっています。

てんのお、は、福建省屏山の平山にあり、日本は此処から、始まっていた 。
福州屏山平山治城の雲瓦当が奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当http://kouhoka.exblog.jp/25111572/

秦滅亡時の反乱 に、閔越王無渚、越東海王揺が加わり、その後漢朝の成立に協力した。前202年、無渚は閔越王に封じられた。その後平和 が続いたが、東甌国が呉楚七国の乱に加わり、呉王と太子が東甌に逃亡してきた時、東甌王は呉王を殺した。

越王平山だけが天皇と称する。

天皇の語源は福建省平山県の屏山の越王無渚の治城から続いている.

越絶外伝記地伝第十

昔、越の先君無余は、禹の天神七代子孫で、別れて越に封じられ、禹の塚を守った。http://haou.shirakawayou.com/text/yuejueshu/08.html

良渚文化圏とほぼ重なり、河姆渡遺跡もこの中に含まれる。

「史記・越世家」曰く。「越王句践。其先禹之苗裔而夏後帝少康之庶子也。封于会. 稽。以奉守禹之祀」。 「呉越春秋」曰く。「禹周行天下。還帰大越。


https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-TW&u=http://www.wuyiguide.com/big5/jingdian.htm&prev=search

中国古代墳丘墓の繁栄
中国古代墳丘墓の起源
日本の弥生時代と古墳時代の墓葬にもよく見られる
新 石器時代中期(裴李崗時代、約8000年~7000年前)には陶器(甕棺)や石材(石槨または石棺) を用いた葬具が出現していた。

紅山文化、小河沿文化な どで盛行し、山東地区の北辛文化、龍山文化でも見つかっている。


古代都市"は確かに歴史家や考古学者は言った:それは実際に夏の最も初期の首都である - ゆえ、 "中国の最初の都市"と呼ばれることができます。

?“良渚古城”是夏朝的都城??夏邑

良渚古城”是夏后之邦禹都??夏邑
中國史書上記載的夏朝?史

夏禹定都大越
據趙曄《越王無余外傳》記載


禹乃東の巡は、衡の嶽に登って、血白馬は祭によって、不幸なところは頼む。禹はそこで登山して天を仰いでそれで鳴いて、赤の刺繍製品の衣男子を夢見るので、自称して:難しい異民族の蒼い水使者は、聞帝はこれに文命を使って、したがって待つこれに来ます。気絶することでないですか?月は、訴えて期日によって、无爲芝居はほえる。したがって覆の釜を歌唱する山に寄りかかって、東は謂の禹を押し切って言って:‘私の山の神本者だけ思いますか、斎戒于か?帝の巖の嶽以下の3月、庚子は登山して石を発して、金の簡の本は預けます。’。禹は抜けてかつ、斎戒の3月、庚子の宛の委は登山して、金の簡の本を発します。事件の金の簡の真っ白で美しい文字は、水の道理を得ます。……

舜は崩れて、禅の命の禹。禹は3の秊に感服して、形体は枯れて、面目の黒いは、譲位商業は均しくて、陽山の南を抜けて、曇った阿の北。10000の民は商業を添えて均しくなくて、禹のところに就くことを追って?鳥を驚かせるように天をあげて、駭の魚は渊に入って、昼は夜を歌唱してほえて、高い所に登った号は叫んで、言って:“禹は私を捨てて、どんなはつけますか?”禹三秊は畢に感服して、民を悲しんで、すでに禁じて?天子の位。3は功を試験することを記載して、5の秊の政は決まって、行き届いて行天下に、大越を返します。茅で登山することは四方群臣に向けることによって、中州諸候を示すことを見て、防風後に至って、切って見せしめにすることによって、天下の悉を示して禹に属します。大会計の国を治めた通りです。?美しいプサン州鎮 (することを書くことがまたあり:愼で)功は、外は聖独を演じて応によってナイーブで、成し遂げた改名することの茅山は稽之山ができると言う。国政を伝えるので、休養する10000の民は、国号は夏後を言う。有効を封じて、爵は独があって、悪の無は細くてそれで討たなくて、功の無マイクロは報奨しなく。天下は多くの人が敬慕して、息子の考えの牝のように、子は帰する父。恐群臣を越えることを残して、言葉は言って:“吾は食べをかぐ実は者は、その枝を怪我させなくて、その水を飲む者は、濁ったそれは流れる。吾は得る覆の釜の本は、得て天下を除いた災によって、民に街に帰させる。その独の彰の彰はこれのように、どうして乎を忘れることができますか?”。少納言であり諌言することを聞いて、民心安定は部屋を治めます;靡の山に位を占めることは伐採して、都市のために印刷することを描いて、橫の木はドアとします;はかることを調整して、平斗の斛は、井戸を作って民を示す、考える法律と制度。鳳凰は樹木に木に止まりますか、鸞の鳥か?側に、麒麟か?庭に、色々な鳥の佃于沢。すでに60歳以上の老人ヨモギが老いていることを成し遂げて、歎は言って:“吾の晏か?秊の夕暮れは、長寿は果てて、止まりますか?これ。”。命群臣は言って:“吾の100世の後は、私を埋めて稽之山ができて、芦の槨の桐の棺は、7尺壙を着て、3等無と泉、墳の高さ3尺、土の階を下ります。埋めた後、無はムーを変えて、位を占めると考える者は楽しくて、このために者は苦しい。”。禹崩の後、衆の瑞はともに行きます。美しい禹徳而はその功を労して、民田色々な鳥に返らせてなって、大きさは差があって、駆け引きは行になって、ちょっとちょっと衰えることを盛って、行き来は常にある。

下に私たちはちょっとこの文字を解釈して:大きい禹治水の時は東むきに巡閲して、南岳衡山に登って、白馬で祭祀衡山を犠牲にすることとして、不幸は探し当てなかった探索するもの (金の簡の真っ白で美しい文字)。大きい禹はすぐ登頂して傷心の地は天長を仰いで鳴き目を回して過去に、ぼんやりして間は1人の赤の色の刺繍製品の袍を着ている男子を夢見て、自称は:“私は難しい異民族の蒼い水の使者で、聴きますか?舜帝は文命(大きい禹名前)にこちらに来させて、そのためすごくこちらに来てあなたを待ちます。まだあなたの卒倒した秊の月が、現在すぐあなたに時間を教えるだろ、雑多であることはいらない?全て作らない瞎か?やたらに呼びます。”。そこですぐ覆プサン(今鼎湖山とそれの周囲の縉云山で称することを合わせる)に依っていて向かって著東側に大きい禹に通りを歌唱して:“私の山の神を獲得したいと思う本の人が要って、ありなさいか?帝の厳嶽下斎戒は3カ月供えます。庚子の日(鼠の日)は登頂して掘は石を開いて、すぐ金略書きの成功した本を使うことを獲得することができる“。そこで大きい禹は差し戻して行ってかつ、3カ月斎戒して、庚子の日に宛委山(また茅山に、今は稽山ができさせる)に登って金の簡の真っ白で美しい文字の指導によって、明らかに江河水道を疎通する規律と道理に精通して…… (これから可知で、大きい禹は以前南の嶽の衡山に登ったことがあって、岣の?の峰上の《禹王の碑》は同様に記入しますか?大きい禹が治水する証拠は、本章の第2節《禹王碑文》を参照して大きい禹治水したものを証明しなさいか?歴史事実の1の文)……

大きい禹が舜崩後にあって、譲位は商業に均しくて、隠退する陽山 (今浙江縉云山地鼎湖山は陽器具の山形に似て図では、また称することを見ますか?帝の厳岳は伝わりますか?帝はこれに丹薬を作って)南、曇った阿 (鼎湖峰次の丹の穴は、伝わりますか?帝は煉の丹はこれに出して、ただ有名であり丹穴女の陰、故曇った阿、後世に似てなって、すでに曇った阿とすることを知らなかった)北は人民は行商に服しないことは均しい幹部は、全て大きい禹に追随して来る。大きい禹は3の秊の服をすでに過ぎて予定することを禁じる (音のb ̄???喪は予定)の後、人民の纔を憐れのため天子でおしまいにする位。また3の秊の実地調査仕事を経過して、また5の秊の時間を費やして政局を安定して、巡行した天下の後は、纔は帰る大越(今浙江)故地。茅山に登って四方から彼の群臣に謁見することに急いで来ることに会見して来て、観察した中原各地から彼ものに謁見することに急いで来ることの諸候たちの反応に来ます。そのうちがただ風を防いで1人独自であるゆっくり歩いて来る遅刻の時、大きい禹はすぐ彼に斬首して見せしめにさせて、天下を示して来て全てもう帰属は大きい禹で指導した。そこで大きい禹と彼の群臣は共同で治国の国を治めた方法を相談します。正しいですか?プサン(鼎湖山)周囲州鎮の功労を表彰して、外国に対したは神霊の聖の明の功徳を称揚して天に昇った眷を対応して来て人民もの擁護した心と押し切る。そこで将の茅山は改名して稽之山がでになります。その場で国家の政体を宣言して、人民に休養し民力を養わせた政策を提出しました。国号にする命名させて:夏後に。功労のある臣を報奨することを封じて、賜は独の人が爵を原則とすることに与えます。悪いことをしたものはかかわらず同様に探られることができることを何と隠す?斬罪に処することに出て来て、事のものが終わって、功績はかかわらず何と些かでなくて下賜されない。天下の人民は全て積極的に反響して、子供は母親を懐かしむことと同様に、子供は父親の身の回りに帰って同様です。大きい禹は大臣たちを恐れて居残って地を越えていて彼に服しなくて、すぐ?通り:“私は聴きますか?果実の人を食べて、芽を断絶することを折って樹木を害して来ることができません;水の人を飲んで、交りでして水の川の清い水流を飲んだことがあることがあり得ない。私はゆえに、宛委山(茅山は、今は稽山ができます)中の真っ白で美しい本の金の簡を獲得した以上、纔は天下の水を祓ったことによって災害を患うことを得て、人民に再度故に返還したか?街。彼らの功徳はこのように明らかであってそれで著しくて、まさか彼らを忘れることができますか?”。 (すぐに雑多なとしますか?大きい禹は諸候と地を越えるできた稽山の来歴ができて?明の大きい禹が1人がもとを忘れない明の君。) そこで纔は茅の山(また苗の山と称します)にあることがあり得て禅をして、今日の会の稽山だけで、群臣の提案を受け入れて、人民生活を手配して、人民のために家屋を建築して、みずから靡山上に居住して伐採しに行って、城都市のための建築はみずから計画しに行って?みずから建築現場に記号を作って、みずから木を担ぎあげて来てドアを作ります;ものの南北の水平線の基準を調整する。みずから教会人民は井戸の方法を打って?法律は制度を設けた。 (大きい禹が良の州古城を建てたことを主宰するように見えて?夏朝の都城か??夏邑は)そこで鳳凰生息は樹木の鸞の鳥に傍らで建設された?穴は、麒麟はあふれますか?庭園のそのうちに、色々な鳥は湖沼のそのうちに居住します。大きい禹は夕方でおしまいにすることに入って秊後に、通りに感嘆することに到達して:“私はもうとても老いていて?人生のものに入ったか?目を回しますか?秊は、寿命はすぐもうすぐ到達して、すぐこちらで終るだろう!”。そこで群臣を命令する?:“私の100世の(秊)の後は、すぐ私を稽山上ができることに埋葬して、葦で槨として、桐の木で棺として、ロングに7尺の墓穴を掘って、下で湧き水水位に達すること必要でないことを掘って、墳の丘は高さに3尺になればよくて、下は3級の土の塁成功した踏み段がすぐよかった。埋葬した後、墓周囲耕作の畑を変えてはいけなくて、死なせるため人が陽気はいらなくてそれで、著した人を生けさせて苦しい目にあう。”。 (これか?明の大きい禹の活きている時は水と火に民を救って、老いた秊の時はまだ人民の悩み苦しみを理解して、人民の生活に関心があって、厚く身をもって範を示すことを簡素に埋葬することを養って、眞はさすが上古の明の君とします。) 禹王崩御の後は、各種がめでたい瑞気は全て同様に消えたことについていっています。天の神様の大きい禹徳行を表彰するための高尚さは、民色々な鳥を使用して慰安の彼功績のために、なってまだ種は田畑を作って、大きさのサイズは差があって、駆け引きは行列がある。 (実はこちらか?的の鳥田は、すぐそうですか?鳥の植えた田のようで、水稲田植えをした動作の象の鳥を植えるだけであることは食べをついばんで、したがって鳥田と呼びます。でなければ“大きさは差があって、駆け引きは行があります”があることがあり得ません。これはすぐ今日南方の水田里の田植えの方法の最もイメージの比でないですか??これはどうしても良の州遺跡は出土する種もみの炭化物の文字証拠は実物証拠によって相互に証明される。当然で記入しますか?者は考える“鳥田”は、どうしても鳥は田畑を作って、現代人を引き起こす勘違は時には気持ちは原です。同時の“鳥”の読み方は上古の音にdiǎのu?とします??ˇ中古反切音はして:全て身近で、そのため:“田”と“鳥田”と音はあるいは音に近い。同時、人間の栽培水稲の技術はきっと鳥類から水中にいるときに食べた魚エビをついばんで、鳥の糞に水田里に排泄させて、多くの鳥のため雑食動物で、同様に野生の稲の轂を食べて、そのうちがまだ消化しない野生の稲は次の季的の水の種もみになって、古人はすぐ鳥が田畑を作ることができると考えて、故古人は大きい禹だけであり水稲を植えることを教わって、しかも良の州の人ができたことを教えて、夏の向けた人だけです。もとを忘れないため、すぐ“鳥田”を呼んだ、実はすぐ田です。) 1個の時代の栄えと1個の時代の衰微は相互に交替にとても普段の事です。

東普は霊に感謝して《名山屋》を運んで言って:“縉云山近くに孤の石があって、雲、高さ200丈、3を屹然としてして水に直面して、周囲の160丈;頂きは湖がハスを起こす。岩相が名に近いですか??遠く望んだこれは、低い??近く見たこれ??それ下に位を占めます……中岩上に峰があって、高等数学の10丈、あるいはハスのように、あるいはつむじ風のように。古めかしさは言って:‘?帝はこの’。”に丹薬を作りますすぐに描写する鼎湖山であることで、上古原名は陽山として、遠く陽器具に似ることを見て、それ下に丹の穴があって、女に似ることは曇っていて、したがって曇った阿。主に指していることは陽器具を超えての部分は陽山としてそれで、全体上に、この陽器具はまたちょっと鼎足に似て、周囲との山地が1個を形成して掛けた鼎の釜の形を酌むことに似て、そのため、覆プサンあるいは、プサンと呼ぶことを合わせることを見る。鼎湖山のものは謂がであると言って陽山真上は湖が鼎湖山と呼ぶ。それまでに、東漢《?越えますか?秋》あり:大きい禹斎戒于“?帝の巖の嶽”、治水する策の記載を得る。梁代《鼎か?に基づきます》記載して:“金華山(縉云山はそのうちの一部分とします)か?帝は作る1の鼎、高さ1丈3尺、大きさは甕のように、象の龍は雲を空けて、100の不思議なツの獣の満たしたそのうちは、‘眞の金作鼎は、100の神率は感服します。”を言って。従って“覆の釜の山”に対して?今鼎湖山は、ところだけでありますか?“?を得ます帝の厳嶽”?帝は大きい禹の祖先で、そのうえ覆プサンで伝わってどうしても鼎湖山は通りを得て仙人になってそれで白昼は飛んで昇って、その用事があることであるかどうかについてはであるかかわりのない緊要さ、ただ?帝は以前この地区に居住することは信じることができて、でなければ大きい禹は同様に覆プサン気持ちのあるの鍾に対することができません。

そのため、この文字から見る、大きい禹どうしても夏朝首都禹全て??夏邑?今日のことは“良の州古城”の規画者と打ち立て者。同時に稽山下ができていて今なおそれから4、5千の秊前古昔治水英雄の大きい禹の大きい禹の墳の陵、大きい禹廟は存在する。大きい禹陵は今浙江省紹興市東南郊の会の稽山山麓に位置して、大きい禹陵は東で西向きに、禹陵、禹の祠、禹の廟三大から組成を建築して、3者のみなが1にあり、後の2者前者のため?活きて、建築によって壮大であってそれで、頭になって禹廟を押論じれば。古人が1個に実在しなかった人は英雄偉人とみなして来て慰霊で、さらにそれのために墳を造ることができないですか?それのために記念碑を立て伝記を書いて宗廟のものを建設します。





翻訳結果は 役に立った 役に立たない




1. Xia Yu Dingはますます大きくなる

Zhao Yeによれば、 「王は伝記を越えている」という記録:

ゆうは東ツアー、鄧Yue越、犠牲に血液白い馬、残念ながら要求されています。 ゆうは、赤い刺繍の服の男の夢のために、登山の空と小、登山です:玄一滄水のメッセンジャー、スリランカの生活に温ディリーは、来る  非ジュエ年は、不作為として時間の問題として報告され ます。 だから山の覆いの歌、東区は言った柳は言った: '私はマウンテンブック、3月、黄金の山の石、金ジェーンの本の預金の下で黄色の皇帝ヤンユエの菜食主義者、菜食主義者が欲しいと言った。  3月の湯戻ってベジタリアン、Gengzi Deng Wan山、金ジェーンの本。 ケースジェーンジェーンの言葉は、理由の水にアクセスできます。  ...

俊崩壊、禅生ゆう。 ゆう服three秊、身体のハガード、顔の李黒、ビジネスの道を譲り、山の南に退く、陰陽北。 人々は、鳥の脅威を恐れているような場所のゆうを追いかけて、ビジネスに接続されていません陽天、元に怒り、日の歌の夜の陰、クライミングコールは、言った: "ゆうは、着用する方法私を放棄? 、嘆き、強制、?の皇帝。  テスト作業の3つのセット、5つの秊政治丁、世界の周線、大きなベトナムのリターン。 風の後、国家の王子を観察し、世界がまたゆうゆうであることを公にするためにカット、Quartet閣僚に茂山山。 国を支配する大きな方法です。  権力の 内蒙古の釜山町 (漢としても書かれている) 、心に聖なる出現、その後、 茂山は山の色相を変更しました 。  国家を通過するため、夏の後に国民は回復すると言いました 。 美徳の王、善悪でない功績のあるサービスを封印し、メリットも報酬もなし。 世界喁喁、子供が母親、父親に息子を考える場合。  " 実際に食べ物を聞いて、その枝を傷つけず 、水を 飲ん で、流れの濁りを 飲ま ないでください 。私は、世界の災害に加えて、明代の街では、どのように忘れることができますか? " インドのための絵画 の 町 、 ドアの ための クロス木 、トランスファーバランス、平らなバケツ、ショーの人々を作る ために、黙想、警備室、家の贅沢な山の伐採 、 プログラムを 考えてみてください 。  木のフェニックスの生息地、側のLuanの巣、裁判所のユニコーン、Zeの鳥のテナント 。  "私の年老いた黄昏、人生は続けるだけで、ジンシーは 続ける。 " ミンチンチェン は言った: "私の百年後、私は山の葬儀、棺 洞窟の 棺、摩耗を埋葬したそして、葬儀の後、エーカーへの変更、それ は 苦い 人 の音楽 の 家 。 "ユは、公衆の後に崩壊し、スイスに行く。  牛はまだ 農地、貧しい人々の大きさ、進歩と後退の行、盛悪い、頻繁に接触 するように、米国のユードとその力の日 。

ここで私たちはこのテキストを説明します:宇宙ツアー、柳洪水は、衡山犠牲のために白馬を犠牲にNanyue Hengshanを乗って、残念ながら見つけることができませんでした(金ジェーンの単語)。 悲しい、恥ずかしがり屋の山の頂上にある大宇は、赤い刺繍ローブの男を着て、夢の夢を見せている: "私はメッセンジャーの神秘的な紫色の水です。 )ここに来なさい、あなたを待つためにここに来なさい。あなたは今月の気絶を経験していない、今あなたに時間を教えて、盲目的に何もしないでください。 "釜山釜山(三脚湖南とそれを取り囲む新村山を総称して)大陽の歌の東に向かって: "本の山の神を得るために、黄金の燕越で断食の祭りの下で3ヶ月間お待ちください。石を開くために山の頂上に、あなたは金で書かれた本を得るでしょう。 だから金は、金ジェーンの言葉の指示に従って、ボクサーの日掲示板ワンゴングシャン(また、茂山として知られている)で3ヶ月間断食し、川の水路と真実をクリアするためのトラフを理解する... ...それはDayuがNanyue Hengshan、 "ゆう王の記念碑"の岣?ピークの山にされていることがわかることができる大黄洪水管理の証拠は、テキストの歴史的事実のDayu洪水管理のこの章の第二セクションを参照してください "ゆう王碑文" ...

(これ は黄色の皇帝ヤンYue Chuan黄Diの錬金術としても知られている、山の景色を持つ山のように 今すぐ浙江 Jinyun 山 Dinghushan)撤退Yangshan 、ビジネスに位置しているように、Shun崩壊のDayuダンポイントのピークの下で、女性の陰のようなこれのダンの精製の黄皇帝は、後でダンの点だけが知られている陰Aと呼ばれ、私は陰Aの知らないし、人々はビジネスリーダーに従わない、そしてDayuに従わなければならない。  ダユーは 貧しい人々が皇帝の場所をしたので 、奉仕期間( 死者の後に 声を出して)を過ぎなければなら なかった。 そして検査作業の3つだけでなく、政治状況を安定させるために時間を5回過ごし、大きな(今浙江省)家に帰るために、世界をパトロールする。 クォーテットから出会うために板張りの茂山は、彼の君主が、中央平原全域から観察するために彼の王子が応答したことを見に来たのを見に来た。 一人で一人で風が吹くだけで、Dayuは世界がDayuのリーダーシップに起因していることを示すために、彼の首を絞めることになります。 だからDayuと彼の閣僚は、国を統治する方法を議論する。 内部認識釜山(Dinghushan)クレジットの町の周り、天国の祝福と心のサポートの人々に対処する神聖な力の神の外部の賞賛。  Maoshanはその後、山の色合いを変更しました。 国の政治体制を宣言する代わりに、政策を復活させるために国民を前進させてください。 国の名前がつけられます:夏の後。 ドイツ人に与えられた称賛の奉仕大臣に称賛を与える。 どのように秘密が報われていなくても、秘密、良いもの、メリットからどれほど隠されているかにかかわらず、悪いことはありません。 世界の人々は、子供たちが母親を亡くすにつれて肯定的な反応を示し、子供は父親の側に戻ります。 そしてDayu私は牧師が彼に従うことはない土地に滞在する恐れて言った: "私は、果物を食べる人々が木を傷つけるために芽を壊すことはありません、水を飲む、川の澄んだ水の流れの中。私は今、翡翠の本ジェーンの中の旺盛山(茂山、これは智治)が原因で、世界の洪水や災害を取り除いて人々を故郷の陸に戻すことができた。 そのような重要かつ重要な部分は、あなたがそれらを忘れることができますか? "(これは、ゆうゆうが王子となり、Kuujiの山岳地帯であり、DayuがMing Junを決して忘れない 理由 です) ミャオ族の山と呼ばれる)、すなわち今日のクァイジ山、 提案の大臣の採択、人々の生活の手配、住宅の建設、伐採のための贅沢な山への個人的な生活、都市の建物の個人的な計画、建設現場は、マークを行うために、個人的にドアを行う木材を運ぶ;ベンチマークの南北レベルを調整する。 個人的にこの方法をプレイするように人々に教え、法的制度の確立。  (それはDayuがLiangzhu、夏夏の首都の建設を主導したようだ - 夏イー)ので、次の巣の中でツリーLuanの鳥の中のフェニックスの生息地、中庭のユニコーン歩行、Huzeに住んでいる鳥ザ ダユーはofの夕暮れに入るために、叫んだ: "私は非常に古い、?は人生の夜に入るだろう、そして人生はすぐに来て、ここにそれの終わりです!"司令官は言った:私は、棺のための棺のための棺のための葦と、棺のための葦と、丘に埋葬され、7フィートの長い墓を掘り、湧き水レベルに達することができない掘る、墓はライン、あなたは墓の周りのフィールドを変更することはできませんし、死者を幸せにさせたくない、生きている人々に苦しめるようにすることはできません」(これは、Dayuが生きていることを示しています。古い秊はまた、人々の苦しみを理解し、人々の生活のためのケア、太くて薄い肉体で埋葬され、古代Mingjunの本当に価値がある。)崩壊後の王ゆう、すべての種類の奇妙なRuiqiも消えた。 彼の功績のあるサービスを慰め、人と農業と農業のための鳥、サイズとサイズが異なる、進歩と後退のランク付けをするように、神は美徳の高貴なラインを称えるために神です。  (実際には、ここでは鳥類、つまり鳥のような種、すなわち鳥のような鳥の繁殖行動のようなものは鳥と呼ばれ、それ以外の場合は「 サイズの違い、進退線」はありません。南シナ海の水田は、メタファーの最もイメージを移植する方法ですか? これは、Liangzhuのサイトは相互確認の証拠に米の炭素炭化物のテキストの証拠を発掘したもの です。 もちろん、 "鳥"、現代人につながる鳥の農業 古代のアンチカット音で ディ ǎu [ ????]の ための古代の音で "鳥"の発音 :すべてのカットので、 "田んぼ"と "鳥"ホモフォンやサウンドトラック。同時に、米技術の人間栽培は、殆どの鳥類が雑食動物であるため、水田の鳥やえさを餌にする鳥類の鳥類でなければならないが、野生イネは次の稲には消化されない米の季節には、鳥が養殖すると思っていたので、古代の人たちは米を植えることを学んだ李hu氏の人々、すなわち夏の王朝の人々を教えてくれました。これを忘れないためには、 年齢が減るにつれて、ある年齢が繁栄するのはかなり一般的です。

雲の 東ジン 謝Lingyun "山 ": 160 キロ に囲まれ た 水に 直面して、石の隣にJinyun 山 、李蘭の乾いた雲、二つの高Baizhang、 トップ ; 蓮の蓮の上 。 遠く には踏み台よりも小さく 、 次の ステップ に は 次の ステップに 応じて ... ... 岩の頂に は 足の 数が多く、 蓮 や爪のようなものがあります。 これ は三脚ヒル、元Yangshanの古代の名前の説明、遠い女性の陰のようなダンの点の下で陰茎のように見える、陰Aと呼ばれる 主に太陽の部分を参照して肯定的な山のようであり、全体の視点は、太陽のこの側は三角形のようなものであり、周囲の山は、形状のバックル三脚の行を形成するため、したがって、総称して釜山、または釜山として知られています。  Dinghushanのタイトルは、湖の頂上の太陽がDinghushanと呼ばれているからです。  これに先立ち、 東漢代 、 " 呉越 ?秋": " 皇帝 ヤンユエ 黄黄 "の Dayu Zhai 、 記録の 水のコントロール 。  Liang Daiによると、 "丁 記録 "の記録に よると : 金華山 ( その一部 として Jinyun山 ) 、 ドラゴン クラウドの ような石の壷のような三脚、高さ10フィート3フィートのため の 黄色の皇帝 、100神智 獣 、 「 黄金は大祖の祖先であり、釜山での通過は「黄帝天皇」である丁峰山であり、黄帝は大祖の祖先であり、それは無関係でしたが、黄皇帝がこの地域に住んでいたことは信用できるか、または大宇は釜山のために柔らかい場所を持たないでしょう。

したがって、このテキストから、Dayuは夏の王朝の首都ゆうDu - 夏李、?今日の "Liangzhu古代都市"のプランナーとビルダーです。  同時に山の色合いで 、古代の洪水制御のヒーロー裕 Dayuの墓の 前に、 まだ 4~5000ある 、大宇寺が存在します。  Dayu凌は、紹興市、浙江省、山麓、ゆうリン、ゆう寺、ゆう寺3つの建物では、東と西に座って大きな柳玲の南東部に位置し、3つは1つの場所に、後者の2つ前者は、壮大な建物のような、寺院の切り下げ時に生産します。  古代人は、偉大な人に敬意を表したい英雄としての本物の存在ではなく、寺院の建設のための墓とその記念碑の建設のためではありません。
 

佐々清蔵は佐々成政の兄、間違いの佐々系図

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 9月10日(日)12時57分56秒
編集済
  佐々清蔵は佐々成政の兄、間違いの佐々系図は、佐々清蔵が本能寺で、死す、清蔵には子がおり、佐々五郎四郎の母子は成政が熊本で失脚した後、京都に移り、京都所司代の前田玄以(豊臣五奉行の一人)方に身をよせたとのこと。「尾張佐々系譜」によれば、五郎四郎の他に弟と妹がい。

佐々成宗(盛政とも)の子。正次ー長男佐々清蔵ー
佐々成宗(盛政とも)の子正次ー次男佐々成政

菅原ー成宗(盛政とも)余語右衛門大夫ー佐々成政とありー信治、成治

正次ー佐々宗政、清蔵 (?~?) 佐々成政の兄。

佐々成政 系譜 正室:慈光院 - 村井貞勝の娘長男:松千代丸 - 天正2年(1574年)長島一向一揆討伐において戦死(但し後世の系図に載るだけで当時の史料からは実在を証明できない)

佐々氏の出目、佐々氏の出自については二説がある。ひとつは佐々木盛綱の子加地信実の八男氏綱が、上総国佐々庄に住み、佐々氏を称したというもの。佐々氏を称したという説もあり、いずれも確定的とは言い難い。http://www2.harimaya.com/sengoku/html/sasa_k.html
佐々氏は成政の代になって、史上に名をとどめることになった。したがってそれ以前の系譜がはっきりしないことは無理のないところである。成政のころには、佐々氏は尾張国春日井郡比良村の在地領主であった。




政次は桶狭間の戦いのときに戦死 正次ー佐々清蔵ー

政次の長男が亡くなったのが1582年
長男に更に弟と妹がいた

岳星院は佐々清蔵に嫁いだ、

尾張群書系図部集 - 13 ページ に比良郷住来住して、後尾張藩に仕える(「張州雑志」)。 0 佐々又左衛門加賀国の人。尾州春日井郡平田村に參佐々清蔵「六百六十貰文。ァラコノ郷」(「同右」)。雄分限帳」)。「三百五十貫文。青山ノ郷内。今以。


勝家には柴田勝政や柴田勝豊、柴田勝敏や佐久間勝之といった養子がいました。このうち柴田勝政は勝家の姉の子供にあたる人物で、賤ヶ岳の戦いで敗死したと言われているのですが、その子供にあたる柴田勝重が江戸幕府に旗本として仕えており、柴田の家名を後世に伝える事に成功しています。

柴田勝重の娘が佐久間甚九郎の妻となっています。
柴田勝重の妻は,瀧沢、源頼光の末裔の娘とあり。

佐々輝子(? - 1630年)は今上天皇の直系祖先です。Pseudo Hacksでは、今上天皇の直系祖先とされる歴史上の人物の一覧(約2700人)と、各人物から今上天皇に至るまでの系譜を掲載しています。これは、まったく、デタラメです児島宮歴史研究室 。



 

レンタル掲示板
/45