teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


軒丸瓦の発祥は、日本では、奈良田原の、天皇デザイン模様が、軒丸瓦の起こりである

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月13日(月)09時29分37秒
編集済
  軒丸瓦の発祥は、日本では、奈良田原の、天皇デザイン模様が、軒丸瓦の起こりである。
田原の塔の屋根を覆う、神武天皇(ビン越平山)デザイン模様、華夏人式と天皇模様となっていた。平山とは天空であり、神デザイン模様が、福建省屏山の地鉄平山駅工事の時、越王無渚の治城が、天皇として、あることが,解った。

天皇とは?福建省平山県屏山の平山に見えた、越王無渚デザインの、軒丸瓦が最古とされている。
秦の始皇帝の屋根を覆っていたのは、半軒瓦だったとある。

「熟田津の石湯行宮」立寄りや 「朝倉橘広庭宮」滞在、「観世音寺」の建立へとつながって ... 軍の九州侵攻に備え、 664年九州の行政機関「官家」(那津)の機能を造営中の「観世音寺」の西側に移し「大宰府」とします。古代律令制度の始まりとなった。


敏達天皇の時期、中国の隋の陽帝が筑紫に使いを派遣した記録があり、筑紫安は華夏人の土地と取り上げている。
華夏人の土地とは、筑紫と筑後は、敏達天皇の御領地の事でもある、
これが、政庁に、続いて、天皇直属の官が、派遣されていた。

641年(舒明天皇13年)に建て始めた寺院。このころ、各豪族が、盛んに造った氏寺の一つである。
大宰府では舒明天皇の子の天智天皇が建立した、所在/坂本、観世音寺が見える。
http://6245.teacup.com/kojimakousi/bbs
上岩田官衙遺跡と軒丸瓦から、年代と、夜須柏木官衙施設の任官役人から、見た、筑紫、筑後の官衙施設


「古代律令制度」

主に古代東アジアで見られた中央集権的な統治制度であるといわれる。
施行したことが実証されるのは日本だけである。

奈良飛鳥時代から、見る天皇中央集権、の、舒明天皇子天智天皇による、古代律令制度の下の上岩田官衙遺と夜須柏木官衙施設は、筑紫官衙と筑後官衙を、官人は兼ねていたとある。
これらの屋根の瓦には? 天智天皇の命で建立された九州屈指の大寺院・観世音寺~(太宰府市) ... この観世音寺は斉明天皇の冥福を祈るために発願された。

石川麻呂は、入鹿殺害のクーデタに加わり、右大臣に任ぜられた。
寺の創建を発願したのは、大化の改新政府で右大臣の要職にあった蘇我倉山田石川麻呂で、山田寺は飛鳥時代を代表する寺院の一つだった。
蘇我倉山田そがのくらやまだ家の当主である石川麻呂が氏寺を建て始めたのは、舒明天皇13年(641)である。http://www.bell.jp/pancho/asuka-sansaku/yamadadera.htm
された。
・蘇我倉山田石川麻呂は娘3人を天智天皇と孝徳天皇に嫁させ、それらの娘(石川麻呂の孫)は元明天皇、持統天皇になった

観世音寺の由来は、飛鳥時代にさかのぼる。女帝・斉明天皇の時代。斉明天皇は皇太子・中大兄皇子(後の天智天皇)の補佐の元、蘇我氏を滅ぼし(大化の改新)、更に朝鮮半島の友好国・百済を援ける。

桜井に向かう。飛鳥時代、この道は山田道とも磐余道も呼ばれた主要幹線道路
推古天皇16年(608)の陰暦8月12日、使節団とは帰国する遣隋使節小野妹子おののいもこに同行して隋から派遣されてきた裴世清は威勢たちの一行12名である。

欽明天皇ー (30)敏達天皇 ー 子押坂彦人大兄皇子ー (34)舒明天皇舒明の生年(593年(641年) )(白鳳時代)ー天智天皇ー春日宮天皇ー (49)光仁天皇ー (50)桓武天皇父親, 光仁天皇. 母親, 高野新笠. ー 第52代・嵯峨天皇(在位809-823)父親, 桓武天皇. 母親, 藤原乙牟漏. ー 仁明天皇嵯峨天皇の第二皇子[1]。ー(55)文徳天皇  仁明天皇の第一皇子。母は左大臣藤原冬嗣の娘、皇太后順子。 ー(56)清和天皇 文徳天皇の第四皇子。母は太政大臣藤原良房の娘、女御明子。ー (57)陽成天皇 父清和天皇から譲位される。ー


天皇は仁明天皇子系に戻り、(58)光孝天皇 ー(59)宇多天皇ー (60)醍醐天皇、宇多天皇の第一皇子。母は内大臣藤原高藤の女藤原胤子。ー  朱雀天皇 第60代醍醐天皇の第十一皇子。母は藤原基経の娘、中宮藤原穏子。ー弟の (62)村上天皇ー  (63)冷泉天皇 村上天皇の第二皇子 ー(65)花山天皇冷泉天皇の第一皇子。母は、摂政太政大臣藤原伊尹の娘・女御懐子。ー (67)花山天皇弟三条天皇 ー


母の高野新笠が百済系渡来人の出身であったので周囲から反対された。
しかし藤原百川らの強い推挙により実現した。
桓武天皇(かんむてんのう、天平9年(737年) - 延暦25年3月17日(806年4月9日))は、日本の第50代天皇(在位:天応元年4月3日(781年4月30日) - 延暦25年3月17日(806年4月9日))。ー
冷泉天皇の弟(64)円融天皇ー (66)一条天皇ー (68)後一条天皇ーの弟(69)後朱雀天皇ー(70)後冷泉天皇ー弟の (71)後三条天皇ー (72)白河天皇 ー(73)堀河天皇 ー(74)鳥羽天皇ー 子の(77)後白河天皇ー弟の
(76)近衛天皇 ー  78 二条天皇後白河天皇の第一皇子。ー79 六条天皇二条天皇の第二皇子ー80 高倉天皇 後白河天皇の第7皇子。母は皇太后平滋子(建春門院)。ー  後鳥羽天皇(ごとばてんのう)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての第82代天皇(在位:寿永2年8月20日(1183年9月8日) - 建久9年1月11日(1198年2月18日))。諱は尊成(たかひら・たかなり)。ー


山部親王。光仁天皇第1皇子であったが,母が帰化人の出の高野新笠であった。

第38代・天智天皇の孫・白壁王(後の第49代・[[光仁天皇)の皇子として天平9年(737年)に生まれ、諱は山部という。母・高野新笠は百済武寧王の子孫と称する和氏(周族楚人)であるという。玉依姫も楚人 新羅王女

光仁天皇は『天武系から天智系の血統へと皇位を取り戻した人物』であり、高野新笠は『百済の王族系氏族(渡来人)の末裔』として知られる女性です。高野新笠の父は和乙継(やまとのおとつぐ)と言い、6世紀初頭の伝説的な武烈天皇の時代に和氏(やまとし)は日本人として帰化したといいます。母は土師真妹(はじのまいも)は葬送儀礼に専従した豪族・土師氏の末裔ですが、広大な勢力圏を持っていた土師氏の中では立場の弱い氏族に位置づけられていた。

平安時代になってくると、天皇を傀儡化して外祖父である藤原氏が政権を掌握する『藤原摂関政治』によって朝廷の政治が動かされる。
藤原摂関政治というのは、まず藤原氏の娘が天皇の皇后になり皇太子を出産して、皇太子(次期天皇)の祖父に当たる藤原氏の男性が『摂政・関白』という最高位の官職に就いて政治の実権を握る。

嵯峨天皇は、速やかに坂上田村麻呂や藤原冬嗣が率いる軍を差し向けて藤原仲成と藤原薬子を捕縛しました。
大沢池の花を生け花にしたのが始まりとされるが、実際には古くから家元大覚寺に伝わっており、開祖という

仁明天皇(にんみょうてんのう、弘仁元年(810年) - 嘉祥3年3月21日(850年5月6日)、在位:天長10年3月6日(833年3月30日) - 嘉祥3年3月19日(850年5月4日))は、平安時代初期の第54代天皇。諱は正良(まさら)。
高倉天皇の第四皇子。母は、坊門信隆の娘・殖子(七条院)。後白河天皇の孫。
ここまでで、天皇は、頼任親王家にだけ、受け継がれた。
この後天皇神と一体化は消え、別系族大王が、天皇と近代、平成まで呼ばれている。


 
 

神社は誰が何の為に造ったのか?

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月 4日(土)07時53分30秒
編集済
  神社は誰が何の為に造ったのか?



禹都陽城

歴史[編集]. 嵩山. 伝説では夏王朝が陽城(現在の登封市告成鎮とされる)に都を築いたとされ、禹都陽城の別称がある。

河南登封王城崗遺址,新発見夏禹之都陽城であることが、解った。2005年 大禹和妻子塗山氏とある。

(中国通信=東京)鄭州26日発新華社電によると、中国の考古専門家が先ごろ、河南省登封市の王城崗遺跡で、面積約30万平方メートルの大型城址(大城)と城壕を発見し、夏文化の研究、夏王朝の陽城のあった地点の確定に新しい重要な手がかりを提供した。

長年にわたり遺跡の発掘調査に従事している河南省文物考古研究所の専門家である方燕明氏は次のように話した。新たに発見された大型城址は王城崗遺跡の中部にあり、城址と城壕は紀元前21世紀の竜山文化晩期のもので、すでに夏代に入っている。

専門家によると、大城の北城壁(版築)は長さ370メートル、高さ0・5~1・2メートルの部分が残っていた。北城壕は長さ約30メートル、幅10メートル、深さ3~4メートルの部分が残っており、東側の五渡河に連絡していた。西城壕は長さ130メートル、幅約10メートル、深さ1・5~2メートルの部分が残っており、南側頴河に通じている。東側と南側の城壁と城壕は破壊されていた。

王城崗遺跡は河南省登封市告成鎮と八方村の間の頴河と五渡河が合流する台地にある。南側は箕山を望み、北側は嵩山を背にしており、地理的に非常に重要な位置にある。28年前に考古専門家が同じ場所で竜山晩期の小型城址、青銅器の残片、文字などを発見したことから、考古学界の関心を集めるようになり、「禹都陽城」と主張する専門家もいる。
http://www.china-news.co.jp/node/525

龍山文化三期 http://kohkosai.com/kaisetu/06-kounan-ryuzan.htm


更新: 2005-01-26 6:36 PM     標籤:  考古

【大紀元1月26日報導】(中央社台北二十六日電)中國考古工作人員在河南登封王城崗遺址,新發現一座面積約三十萬平方公尺、規模龐大的大型城址和城壕,有專家認為這裡極有可能是夏禹之都陽城。

中国社会科学院考古研究所河南二隊「河南臨汝煤山遺址発掘報告」『考古学報』1982-4より転載


神社は誰が何の為に造ったのか
神社についてはほとんど何もわかっていないのが現状です。その証拠に次の質問に答えられる人はいないでしょう。 神社はいつ、誰が、何の目的で造ったのでしょうか

太一之 夏后祭器  伏羲琴  http://6302.teacup.com/kodaigiten/bbs

夏王朝の東夷族文化

二里頭遺跡発掘で浮き彫りに

『呉越春秋』が記す



これで朝鮮は日本と関係無い事が、照明された。

神社は誰が何の為に? 夜須では古代遺跡、鳥巣窯で作られた灰色硬質土器の首に、文字がつけられたのが、
太一之 夏后祭器だった。
夏后祭器がどうして、調査により、出土したのかは、?印と同じ、夏后祭器であったと言うこと。
http://6302.teacup.com/kodaigiten/bbs  神社は誰が何の為に?

神社は神の社(おやしろ)の事である。
だが、今の社(おやしろ)には、夏后祭器神、では、ありません。
呼び名で判る、無関係な、宗教でしかない? 神社は神の神聖なる、から神孫が居るところである。

神道は本来祭祀であり宗教ではありません夏后祭器であった>
是昔日夏朝君主越王?行封禅天地置式,用来祭祀天与地,?南西北四方神祇之尊

封禅に由来すると考えられている郊天を合わせ、天を祭る南郊、地神を祭る北郊、祖先を祭る宗廟





 

文献上の初出は日本書紀の「天之鳥笛」である

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 2月 7日(火)11時23分18秒
編集済
  天之鳥笛 アマノトリフエ
『天之鳥笛』は筑前町下高場小隈窯でも作られ、ていた。
文献上の初出は日本書紀の「天之鳥笛」である。


氏族, 神社

天の鳥笛、笛吹連、笛吹神社


? tokyoblog

? 2015/06/12

?No Comments


「象乃布江」=  『天之鳥笛』か?
西日本新聞の福岡版に掲載された、謎呼ぶラッパ形土器は、古事記記載の『天之鳥笛』だった との報告が、児島宮歴研会よりある。

出典  http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/539

また、同研究会より、須恵器は朝鮮半島の、のぼり窯の陶工によって作られたという説が間違いとの研究報告がある。作り方がちがっているとの報告のようです。

日本では夜須でウガヤが、祭祀をしていた事が号筒の発見で、判明した。これは、相当に古い時代のようです。http://tokyox.matrix.jp/wordpress/%E5%A4%A9%E3%81%AE%E9%B3%A5%E7%AC%9B%E3%80%81%E7%AC%9B%E5%90%B9%E9%80%A3/



日本書紀「天之鳥笛」は楽器ではない?古代中国戦国時代に於いては、象之鳥笛 https://plus.google.com/104856784629413131931/posts/dDH1n1bieVf
良く写真を見て見ると、先の口に、三角形の、切込みが、特徴となっており、大工の墨壷の用途にも、似ている。
この象之鳥笛は、紀元前百年前~紀元前五十年に、筑紫国夜須で、ウガヤ王により行われていた。
場所は田屋の丘の上にあたり、墨壷のように、測るのに、用いたのか? 朝鮮半島には、その記録は、無く、福建省の、漢の武帝時以前のビン越に、、行われていたのだろう。
日本では、アマと、音韻し、鳥語、が日本語に、なった事からして、天円に、まつわる道具と考えられる。

天が民を導くのは 土笛のよう竹笛のよう 璋の玉のよう圭の玉のよう 手に取るよう携えるよう

西谷正氏の九州歴史資料館でさえも、須恵器は五世紀とか、土師氏は朝鮮半島渡来と、言い張る、とするのは、エゴ、言い張る、ではないか?

真実性があるなら、吾姒を認めよ。







 

四方拝が間違って、天皇祭祀が元旦に行われるというのは、間違い

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 1月19日(木)09時05分53秒
編集済
  「関白四方拝」「庶臣儀」

四方拝が間違って、天皇祭祀が元旦に行われるというのは、間違い。
四方とは、よもといい、四方の国ともある。

「庶臣儀」ともあり、「関白四方拝」ともある。
庶臣とは?天皇の血縁の事。
天皇とは神の事であり、神を守るのが、庶臣の事。

国民って言わずに、臣民
庶家(しょけ)とは、宗家ないし本家より別れた一族のことをいう。

こいねがう ... 衆庶(シュウショ)・臣庶(シンショ)・嫡庶(チャクショ)・民庶(ミンショ). 「庶」から始まる言葉. 〈庶幾〉う(こいねが-う)

天に逆らうと、反対になる。

天皇が天に逆らうと、さかさまになる。

よもとは、男と女

よもとは、対等で一つになる。

間違えた行動は、間違いでしかない、認められない。

天と地に分かれていることを四方という。

天皇でないものが、天皇である事はない。真似ともいう。
天皇は福建省弊山の平山?

https://www.google.co.jp/#q=%E5%BB%BA%E7%9C%81%E5%B1%8F%E5%B1%B1%E5%B9%B3%E5%B1%B1&btnK=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2

漢祖の劉邦を、助けて、福建省屏山平山県に治城の華夏人、越王無渚となった、時、てんのう、と呼ばれた。

「岡山の吉備津の天皇しるし」賀陽氏の末裔、貝原益軒のさいこんたん書の、箱に、雲巻き模様。

始めは、福建省屏山平山の治城で発見された天皇。

岡山の吉備津の平山孝元天皇しるしが、末裔貝原益軒で見えた。

三ケ所目が、奈良田原の平山神武天皇の建物屋根に見えた。屋根の四隅に雲巻き模様



「三ケ所目が、奈良田原の平山神武天皇の建物屋根」

神武天皇の建物屋根軒丸瓦 平山天皇瓦 雲巻き模様

ビン越王、最後の王「丑王」こと、ウガヤフキアエズ。

ウガヤフキアエズ墓は夜須にある。

ウガヤフキアエズ墓は平山御陵とある。天皇系図


四方拝とは、ビン越王、最後の王「丑王」こと、ウガヤフキアエズ。の後胤しか天皇とは呼ばない。

八尾王=四方= 四方拝儀式となる。意味の違う今の四方拝では、ないのです。 退位や即位は、ウガヤフキアエズ。の後胤が、儀式を行えると、秦の始皇帝も、記録している。

偽天皇が、後位や即位は意味が無い。 勝手にするのは神に逆らう事。

宮内庁と皇室は、天皇といい、真、中庸、天神、天満、平山天皇神では無い、神に逆らう宮内庁と皇室。

憲法と国会は、神々に、背いている。 憲法は悪。

明治革命以降、悪が絶えない? 今も悪が絶えない?

嘘の四方拝は、天災を沈められない? 鎮めるのは何の為なのか? 四方拝の意味?










 

礼儀と神々が、消え失せた、日本

 投稿者:歴史研究室  投稿日:2017年 1月 3日(火)18時26分21秒
編集済
  礼儀と神々が、消え失せた、日本は日の丸も上げなく、新年が過ぎた。
まがい物だけが、今の時代に突入した。
天皇とは神々であるが、まがい物では、無きに等しい。

日本民族は、どこへ、消えたのか? 神々と日本はどこへ?

日本民族がいなくなった?これは日の丸を、掲げなくなったのが、新年の光景だったのが、日本人が、いなくなった事を表している。
象徴さえ、まがいものばかりで、これらは日本ではありません。

神々が、消え失せた 日本から神々の姿が消えた? 確かに国旗が新年に挙げられなくなっている、これも神である。昭和まで車にも、神々を崇敬していた事が判るが、今は、日の丸が消えている。
国会や政治というが、その場で、掲げても、所詮は、まがい者に同じである。
神社や仏閣ですら、神々の姿は、どの神社や仏閣から消えている?
神社や仏閣に、神々がいるというのは、すべてまがいものである。
熊本から、広がった催眠商法の、やり方に、まがい物が似ている?
それは痕跡が、まがいものだった、からと云う。
明治以降の天皇すら、まがいもの、だった事により、今の時代も、まがいものに、なっている。

何等変わっては、いなかったのである。

明治神宮や靖国神社は革命により、作られていて、祭神は神々でも天皇でも、何でもないのです。
そればかりか、発声さえ聞こえていません。

お隣の韓国でも、民が訴追するというので、韓国から神々の姿が消えようとしています。
民衆は神ではないのです?
これは、韓国民衆の結果次第という事のようです。神仏が無くなるというのは、どういう事になるのでしょう? それは日本の明治革命と同じ事になるのです? まがいものが、大統領に、なっても国の根源は、無くなるのですから、国会政治と今の日本の二の舞になるのです。
まがい物といえば韓国の統一教会が、熊本に広まっていたのでしょう。

日本から神々が消えてしまうと、韓国は、まがい物となり、大衆が代わり、選ばれても、になっても、まがいものでは、同じ事です。痕跡が無くなっては、意味が無くなるのですから。

日本から日の丸が消えると?まがいものだけでは、統一教会と同じ事です。
天皇でも無く、神々でも、ないのです?

神々は大衆が決める事は出来ないのですから。ただのまがいものになる。

日本の伝説に国生みというのが、ありますね、日本の国生みは、もちろん神々によって、産まれていたのですから?
















 

東越列傳、閩越は渡海し、北部九州一帯、朝倉郡夜須へ降臨し、日本の元祖、

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2016年12月 3日(土)13時46分14秒
編集済
  中国の上古の黄帝時代から漢武帝元狩元年まで、およそ3000年の歴史を記載
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%91_(%E7%B9%87%E7%8E%8B)

閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王句踐之後也
五年,復立無諸為閩越王,王閩中故地,都東冶。

「郢等首惡,獨無諸孫繇君丑不與謀焉。」乃使郎中將立丑為越繇王,奉閩越先祭祀。

「閩越王無諸
及越東海王搖者,其先皆越王句踐之後也。」

號曰馬留人。馬留人常識其處。」閩南語

閩越國?史上的一位國王,無諸之子,騶氏。無諸死後,郢與其餘子孫爭鬥並奪下王位。 漢朝鎮壓?楚等 ... 鱔捲入水中溺死。後世的福州人為了紀念白馬三郎,尊他為神,建立「白馬尊王廟」對他進行祭祀。

閩越國?史上的一位國王,無諸之子,騶氏。無諸死後,郢與其餘子孫爭鬥並奪下王位。 漢朝鎮壓?楚等 ... 鱔捲入水中溺死。後世的福州人為了紀念白馬三郎,尊他為神,建立「白馬尊王廟」對他進行祭祀。

ここで白馬尊王の白馬寺の中將立丑為越繇王,奉閩越先祭祀。

武帝は紀元前110年、大軍をもって閩越を江淮の内地へ遷すことを命じ、閩越は渡海し、北部九州一帯、朝倉郡夜須へ降臨し、日本の元祖...

日本では無諸孫繇君丑王は、ウガヤとなのり、祖父に因平山とした。
舒明天皇までも、平山氏である。,奉閩越先祭祀。

《越?書》稱或避居南山。《山海經˙海外南經》有南山虫為蛇,蛇為魚的?法,故南山被認定即今之武夷山區。

越人避居武夷山區後,即與當地閩族融合,結為閩越族,建立方國,自立為王。

今武夷山區居民操閩北話武夷山腔,被稱為鳥語,細聽之下,似帶有一定成份之?語口音,這或許是越族融入後所遺留之一絲痕跡。

由於越族之融入,也隨同帶來越族原始領袖無餘的崇拜

神祇武夷君。無餘、武夷同音不同漢字記音。

武夷君是外來之隱士,為眾庶所臣服,也都與無餘的事蹟相吻合。

立未參與奸謀之無諸孫繇君丑為越繇王,奉閩越國祖先祭祀。ウガヤフキアエズ
http://tmkutm.blogspot.jp/2013/09/blog-post_2461.html

閩越國曾有越繇王丑  ウガヤフキアエズ

在屏山和武夷山等處大興土木,修建豪華宮殿

曾禁止閩越人祭祀祖先

白?三郎即越繇王丑  http://epaper.fzen.com.cn/shtml/fzwb/20131013/92823.shtml

?高祖刘邦五年,派使者来?,在??台下册封?越王无?。清林春溥《榕城要纂》卷上“八?古迹”? :“?遣使封无??丑?繇王,授册于此。”后人遂于其地立?,?武帝?,?越国亡,祭祀也?。唐大中十年(856年)在??台(今福四中)西建?越王?,屡?修建,香火不断。民国福州学者?文涛(1890-1950)考察?越王?后,在他撰写的《??》卷三“?越王无??”?:“?在南台,前殿祀王,后殿祀夫人。两?从祀者四:曰白?王、曰吴岩王、曰?惠将?、曰?惠将?。据嘉??碑称:白?王即繇君丑,乃无??,以?越王郢背?,不??,立?越繇王。

碑文?:“白?王即繇君丑,乃无??。”当有依据,但此?孤?,可深入探?,然而作?一?也未?不可。白?三郎向无名字,据碑文,?白?三郎名叫?丑。近来,?刊出?白?三郎名叫?寅,?系杜撰,???者,?不可信。




 

yao⇒鳳凰⇒天皇⇒平山⇒佐久間信盛、信栄⇒八尾⇒児島宮⇒奉閩越先祭祀

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2016年11月28日(月)19時28分57秒
編集済
  yao⇒鳳凰⇒佐久間信盛、信栄⇒八尾

佐久間信盛が滋賀に居たおり、鳳凰像を、残したのは、又子息、信栄が、岡山城の近く天神町の甚九郎稲荷に、鳳凰像を屋根に、残したのは、佐久間信盛祖先、が、柴野大徳寺、高東院の先祖、佐久間孫五郎助安、代々の墓を、、表している。

佐久間信盛はの先祖は、佐久間家ではありません、外戚、母方が歴代の佐久間家になっております。
佐久間信盛の母が、佐久間盛通で父が信晴です。
信晴の妻が佐久間盛通の女で、その佐久間盛通の子らが、従兄弟になっています。

佐久間系図では、児島高徳の、父といわれたのは、和田範長、児島範長、が佐久間が祖先に連ねてています。

児島高徳の後に、藤原近衛中将佐助安、佐久間孫五郎助安、ー佐久間信晴ー信盛とある。
中将左右に各1~4名。四等官の次官(スケ)に相当する。少将も「スケ」であるので「おお(大)いスケ」と呼ばれた。天平神護元年(765年)2月3日、近衛府の設置とともに、従四位下の官位相当。以後、定着する。当初は1名だったが天長年間には権官が1名置かれるようになり、十世紀末までには正官2名・権官1名の計3人となり、十一世紀後半には左右各4名とされた。十二世紀後半になるとさらに人数が増加するようになり、後白河院政期には各6~7名在籍する例も見られるようになる[1]。後には正員は置かれず、権官のみとなる。近衛中将が蔵人頭に補されると「頭中将」と呼ばれ、近衛中将を兼任する参議は「宰相中将」と呼ばれる。

摂関家の嫡男などが五位のまま中将になる例もあり、「五位中将」と呼ばれた。親衛中郎将、親衛将軍、羽林将軍といった唐名のほか、次の少将とあわせて「三笠山」「次将」という別名がある。左近衛中将・右近衛中将はそれぞれ省略して「左中将」・「右中将」とも呼ばれる。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A1%9B%E5%BA%9C
近衛中将・少将はともに四等官の次官にあたるために、近衛次将(このえのじしょう)とも称した。近衛次将は天皇側近の官職であり、公卿への昇進コース(典型的なコースは、侍従→兵衛佐→近衛少将→近衛中将→参議。少将から少弁や中弁に転じ、弁官で昇進して参議に至るコースもあった)としても重要であったため、上流貴族の子弟の殿上人が多く任じられた。

「血脈集」文明十一年(1479)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。
天皇家に順ずる職の左近衛中将藤原助安文安三年(1446)佐久間孫五郎助安とある。

後鳥羽院後継で、知られる、皇孫は頼任親王ー(母加地信実娘)東寺長者道乗ー(母中条)頼宴ー(母和田範長娘)児島高徳頼宴子ー高光─正綱─正光ーー甚九郎満盛ー甚九郎助安ー甚九郎朝次ー甚九郎信晴ー佐久間信盛ー甚九郎正勝不干斎ー甚九郎正成児島宮 へと続く。


児島高徳ー高光─正綱─正光ー甚九郎満盛ー甚九郎助安ー甚九郎朝次ー甚九郎信晴ー甚九郎佐久間信盛 ー甚九郎正勝不干斎ー甚九郎正成ー甚九郎岩蔵ー甚九郎弥蔵ー甚九郎弥平ー甚九郎喜平ー甚九郎儀平ー祖父甚九郎文八 ー甚九郎某. 甚九とは. 神とも、かみとも、音し女以(似姓)皇孫也。

甚九郎儀平が日の丸国旗を中牟田、中津屋の田代こうや、で、作成して、妻キンの父、黒田長溥公から、孝明天皇へ届けたと伝わる。

古代紀元前111年前に、福建省武夷城村のビン越王丑の名を、八尾王、とある。
この八尾王の祖先には、鳳凰が屋根に聳えていて、テンノウ、と、呼ばれていた。


司馬遷, ?朔雪寒
東越列傳第五十四閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王句踐之後也,姓騶氏。秦已并天下, ... 孝惠三年,舉高帝時越功,曰閩君搖功多,其民便附,乃立搖為東海王,都東甌,世俗號為東甌王。後數世,至 ... 乃使郎中將立丑為越繇王,奉閩越先祭祀。

八尾児島宮は平山が(似姓)皇孫也。奉閩越先祭祀。

奉閩越先祭祀は八尾児島宮の平山が(似姓)皇孫也で、行えるとされ、日本全国の神社が、八尾児島宮と無縁であれば、神が在する、神社ではなくなる。
八尾児島宮は国会が、采配する、八尾神社ではありません。
八尾児島宮は皇室、宮内庁、が采配出来る、八尾神社ではありません。
歴史そのものを抹殺する事になっては、日本は存在しなくなるでしょう。
中国中華は、「禹祭」の国とあり、奉閩越先祭祀に忠実な国であり、日本の奉閩越先祭祀である八尾児島宮の平山に、何か起これば、神の基、行動になるでしょう。
食い違えれば、神は世界からも、この世からも、消えてなくなるでしょう。





 

児島備後三郎高徳 女が宇喜多に嫁ぐ

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2016年11月22日(火)19時26分38秒
編集済
  宇喜多家系図

児島備後三郎高徳  ━  (略)  ━  宗家   ━  久家  ━  能家   ⇒  興家   ー  直家 ー

秀家  ━  秀隆(系図纂要作家規。共父配流)


宇喜多岡山城に十六葉菊紋が見えていた、佐久間甚九郎が、宇喜多秀家と関係の神社が、天神町、の甚九郎稲荷が、ある。

岡山城の宇喜多家は、児島高徳の女が嫁いで、秀家が危機の時、佐久間甚九郎が助けに、いった時の甚九郎稲荷神社が、縁故を、裏付けている、

千秋氏と児島宮のつにながり、佐久間不干斎ハビアンと千秋家吉田兼倶のひ孫、清原枝範女イトの関係が出てきた。http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/734

後鳥羽院末裔頼任親王の末裔が、佐々木季定─季家─家長─定心─【和田】季房─家勝─家弘─範長─女系??高徳(宮家姓児島氏へ) 【児島】高徳─【宮家】という。児島宮の家紋は、十六葉菊紋で、相似する。
【宮家】女系が、藤原北家となっている。千秋氏と児島宮のつながりとは、佐久間不干斎ハビアンと千秋家の 清原イト...http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/734

佐久間系図では、家村とは
家村の養子とされる朝盛(和田義盛の孫)は鎌倉幕府に仕えていたが、建暦3年(1213年)の和田合戦に敗れ、越後国奥山荘(現在の新潟県胎内市)に逃れた。その子家盛が承久の乱の功績により上総国夷隅郡(現在の千葉県勝浦市、御宿町)と尾張国愛知郡御器所(ごきそ、現在の愛知県名古屋市昭和区御器所)を恩賞として賜り、そこに子孫が定住した。

三浦義明の四男義春の嫡男が佐久間太郎家村と名乗り、はじめて佐久間氏を称し、その養子朝盛に至り、尾張国愛知郡御曾に移ったといわれる。佐久間を名乗ったのは、安房国佐久間の地名によったものであろう。

和田義盛の孫、朝盛が家村の養子となり佐久間家を継ぎ、その孫勝正が尾張・御器所に移り尾張・佐久間氏の祖となりました。

和田義盛の孫である朝盛(Wikiで検索)は和田氏滅亡後に佐久間家村を頼り、その子家盛が佐久間家を相続したと言われております ... 放免された朝盛はやがて御器所に落ち着く事となり、佐久間一族もその後に御器所を本拠として関東より移って来ました。八所明神御器所八幡宮 禰宜の話

三浦義明→杉本義宗→和田義盛→和田常盛→和田朝盛(佐久間家村に養子入り)

桓武天皇の曾孫である高望王の末裔に佐久間家村という者がいた(安房国佐久間荘に居住したことから佐久間を姓にしたという)。
平 高望(たいら の たかもち/高望王(たかもちおう)、生没年不詳)は、平安時代中期の賜姓皇族。桓武天皇の孫(もしくは曾孫)にあたり、高望王流桓武平氏の祖。従五位下・正親正・上総介。

葛原親王の第三王子高見王の子高望王は、寛平元年(889年)5月13日、宇多天皇の勅命により平朝臣を賜与され臣籍降下し平高望を名乗った。高望は昌泰元年(898年)に上総介に任じられる。当時の上級国司は任地に赴かない遙任も少なくなかったが、長男国香、次男良兼、三男良将を伴って任地に赴く。高望親子は任期が過ぎても帰京せず、国香は前常陸大掾の源護の娘を、良将は下総国相馬郡の犬養春枝の娘を妻とするなど、在地勢力との関係を深め常陸国・下総国・上総国の未墾地を開発、自らが開発者となり生産者となることによって勢力を拡大、その権利を守るべく武士団を形成してその後の高望王流桓武平氏の基盤を固めた。

しかしその後、延喜2年(902年)に西海道の国司となり大宰府に居住、延喜11年(911年)に同地で没する(または仲野親王、藤原是雄)の娘
?正室:藤原良方の娘
?長男:平良望(国香)(?-935) - 子孫は伊勢平氏・常陸平氏
?次男:平良兼(?-939)
?三男:平良将
?男子:平良繇(又は良孫)
?側室:藤原範世(または藤原師世)の娘
?男子:平良文(886-953) - 子孫は坂東八平氏
?生母不明
?男子:平良広
?男子:平良持(又は良村。良将と同人ともされる)
?男子:平良茂
?男子:平良正(良茂の子とも)
?女子:藤原維幾室(藤原為憲母)

坂東平氏の設立

寛平元年5月13日(889年6月14日)、宇多天皇の勅命により平姓を賜与され臣籍降下した平高望が、昌泰元年(898年)に上総介に任じられ、遥任国司が多い当時ではあったが子の国香・良兼・良将とともに任地に下向した。彼らは、任期が過ぎても帰京せず、元皇族の血すじを武器に婚姻関係によって在地勢力との連携を深め、上総国・下総国・常陸国の未墾地を開発、私営田を経営し勢力を拡大した。そして、自らの権利を守るため武士団を形成、その後各地に広がる高望王流桓武平氏の基盤を固めた。
?国香の長男に貞盛がおり、貞盛の四男維衡の流れが伊勢平氏である。
?貞盛の弟繁盛の流れが常陸平氏である。
?良兼の長男に公雅がおり、公雅の三男に致頼がいる。
?良将の三男に将門がいる。
?その他、高望には良孫、良広、良持、良茂、良正などの庶子があったとされる。
?高望の側室の子とされる良文は、父や兄達とは別に相模国鎌倉郡村岡に下って村岡五郎を称し、坂東八平氏と呼ばれる諸族の祖となった。坂東八平氏からは秩父平氏、房総平氏、相模平氏などが出て坂東武者の供給源となった。

房総平氏(ぼうそうへいし)は、桓武平氏の中で平忠常を祖とする氏族である(ただし、桓武平氏と言うのは後世の仮冒で実は古族の末裔と言う説も有る)。上総・下総に亘る房総半島に基盤を持ち、多くの氏族が輩出した。特に有名なのが上総氏と千葉氏である。なお、安房国にはその勢力が見られないことから、「両」総平氏と称すべきとの見解もある。


平忠常と房総平氏の誕生

平忠常は下総国相馬郡を拠点とし、上総・下総・常陸の広範囲に領土を有し、上総介、武蔵押領使

に任官した。これが房総平氏の発生である。一説に拠ると、下総国千葉郡にて千葉小次郎と称したとも言われているが定かでは無い。

忠常は1028年に長元の乱を引き起こして源頼信に追討されたが、子の常将、常近は許され、房総平氏は滅ぶことなく存続する事を許された。尚、この事件を機に房総平氏の清和源氏への追従が始まったと見るべきである。

常将は千葉介を名乗ったとされ、その息子の常長・常兼親子の代に前九年の役・後三年の役に従事して功を立て、一族は大きく発展する事になるのである。




房総平氏の諸流発生

房総平氏からは常長・常兼・常重の三代に亘って数多くの氏族が輩出したが、それを以下に記す。

常長流

常長の長男常家は上総権介の地位を継承したが、嗣子を残さず没した。次男の常兼は千葉大夫と称し、千葉氏の祖となった。三男の常房は鴨根氏を称し、原氏、粟飯原氏、金原氏と言った子孫を残した。四男の頼常は原氏を称した。五男の常晴は兄・常家の養子となり、相馬郡を継承して相馬氏を称し、上総氏の祖となった。六男の常義は村澤氏を、七男の常遠は安西氏を、八男の常継は大須賀氏を、九男の常盛は次浦氏を、十男の常門は埴生氏をそれぞれ称した。

常兼流

長男の常衡は祖父・常長の養子となり海上氏を称し、次男の常親は白井氏を称した。三男の常重は千葉介となり叔父・常晴の養子となり家督を継承した。五男の常実も千葉氏を称し、六男の常康は臼井氏を称した。八男の常広は逸見氏を称してその後胤は匝瑳党と言う武士団を結成し、九男の常網も匝瑳氏を称した。

高望の側室の子とされる良文は、父や兄達とは別に相模国鎌倉郡村岡に下って村岡五郎を称し、坂東八平氏と呼ばれる諸族の祖となった[2]。坂東八平氏からは秩父平氏、房総平氏、相模平氏などが出て坂東武者の供給源となった。

村岡五郎良文が坂東八平氏の祖である。武蔵の国葛飾郡飛来村に住して、後周防の国鎌倉郡村岡に移駐して、
姓とした。承平三年(933)下野国大友邑に城を築き、将門の乱を鎮圧し、鎮守府将軍に、なる

村岡五郎平良文の四男・村岡平大夫忠道が、村岡に屋敷を置き、鎌倉・大庭・田村等を領したのが、鎌倉氏の先祖である。
そして、治暦三年(1067)に鎌倉權五郎景政が出生した地は、他ならぬ「村岡城」の内であった。

また三浦半島一帯を領した三浦氏も、村岡氏の後裔である。更に其れのみならず、千葉氏、上總氏、秩父氏らの祖であるともされる。村岡五郎平良文公の三男・村岡權中將駿河守忠光は、將門の亂のために常陸國信太の嶋へ配流せられたが、赦免の後は海路で三浦へ着き、相州三浦郡及び安房國を領した。此れが三浦氏の先祖である。


起源と平安後期・鎌倉時代の逸見氏

甲斐源氏は、大治5年(1130年)に源義清(武田冠者)・清光(逸見冠者)が常陸国より甲斐国市河荘に配流され甲斐各地に土着した一族。清光は官牧の発達していた現在の北杜市域(旧北巨摩郡域)の逸見郷へ進出し、清光の長子光長が逸見姓を称する。

平安時代末期、光長は一時的に甲斐源氏の惣領であったと考えられているが、甲斐源氏は現在の韮崎市域に拠った弟信義が始祖となった武田氏が主流となり、武田氏は甲斐源氏一族を率いて源頼朝の挙兵に参加し、治承・寿永の乱において活躍する。『尊卑分脈』には直系子孫の系図が見られるが、『吾妻鏡』などの記録には光長はじめ一族の動向は見られない。

鎌倉時代には、『吾妻鏡』建暦3年(1213年)5月6日条によれば、同年5月の和田合戦において逸見五郎・次郎・太郎らが和田義盛方に属して討死したという。なお、和田合戦では甲斐都留郡の古郡氏も義盛方に属して戦っている。また、『承久兵乱記』によれば、承久3年(1221年)の承久の乱では「へん見のにうだう」が東山道軍に属して上洛している。『尊卑分脈』によれば、光長の孫にあたる惟義とその子息・義重も承久の乱に従軍し、惟義は摂津国三条院を与えられ、義重は美濃国大桑郷を与えられたという。惟義は和泉国守護となっており、義重の子孫は大桑氏を称した。逸見氏の直系子孫は摂津や美濃など西国のほか若狭国、上総国など武田氏が守護職を得た諸国へ移り被官化したと考えられており、一部の庶流子孫が甲斐に残留していたと考えられている。

光長の系統とは別に、『吾妻鏡』元暦2年(1185年)6月5日条によれば、平宗盛の家人である源季貞の子・宗季(宗長)が光長の猶子となり、逸見氏を称したという。『吾妻鏡』によれば、宗季は「宗長」と改名し、建仁3年(1203年)に比企能員の乱に際して大江広元の従者として名が見られるが、その後の動向は不明。また、『一本武田系図』によれば武田信義の4男・有義も一時期逸見氏を称し、『浅羽根本武田系図』によれば、光長の弟安田義定の子・定長(四郎)も逸見姓を称したという。有義の子孫は吉田氏や小松氏、万為氏を称したという。



因為照中國和日本傳嫡不傳賢的傳統

信晴子
信盛是佐久間家家督嗎   因為照中國和日本傳嫡不傳賢的傳統,



「備後  伯耆  先: 案内、 検索」



備後国

地図 令制国 備後国■-備後国
■-山陽道

別称
備州(びしゅう)

所属
山陽道

相当領域
広島県東半分

諸元


国力
上国

距離
中国

郡・郷数
14郡65郷

国内主要施設


備後国府
広島県府中市

備後国分寺
広島県福山市

備後国分尼寺
(推定)広島県福山市

一宮
吉備津神社(広島県福山市)
テンプレートを表示

備後国(びんごのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。山陽道に属する。

藤原宮からでた木簡に「吉備後」と表記したものがある。平安時代の『和名類聚抄』は、備後国を「きびのみちのしりのくに」と読む。

後鳥羽院ー頼任親王ー道乗僧正ー頼宴僧正ー児島高徳となる。 東郷胤時は云エリ婿ハ今木範俊ノ子ナリトテ『大平記』に今木備後守高長ノ子ワ範長 佐々木盛綱男加地信実─時秀─東郷胤時─甥子児島高徳 佐々木盛綱流佐々木加地一族 ...

備前国児島郡林村出身。従五位下・備後守を ... 異説として、源頼朝に従った宇多源氏・佐々木盛綱末子・盛則の次男・重範(和田範長祖父説と同一か)を祖とする説もある。

五流尊瀧院大僧正頼宴妻、児島高徳の母。

範長は今木範俊の子なりとて 児島と河野は一族にてと、あり本当は今木備後守高長とあり。 ... 時秀─胤時(東郷)─範長ー隠岐清高(隠岐前司女子高徳妻)ー佐々木児島高光と続く。

備後守範長養父の娘の子が高徳であるとしている。 ..... の言葉通り、翌年に名和長高ら名和氏の導きにより天皇が隠岐を脱出、伯耆国船上山において挙兵した際には、高徳も養父・範長とともに赴いて足利幕府軍と戦った。

この紀家弘こそ、善法寺通清その人である。 岩清水八幡家、紀家弘也、その娘が備後守範長と結ばれ、女が、頼宴僧正に嫁ぎ、高徳が生まれた。
紀家弘の女が良子で、姉が天皇の室なり。
高徳の妻が祖母の女が妻になる事は、間違い。

京都府八幡市、日本三大八幡宮の一つ。石清水八幡宮
社家の姓氏-紀 氏
石清水八幡宮は男山八幡宮とも呼ばれるように、男山の丘陵上に鎮座する。
http://www.harimaya.com/o_kamon1/syake/kinki/s_ki2.html

善法寺成清(紀家弘)


善法寺成清ー祐清ー【平山】栄清ー政清ー了清ー垂清ー能清【平山氏】

善法寺成清ー祐清ー宝清ー宮清ー尚清ー通清紀家弘ー昇清ー了清【善法寺】
http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=yasumati&dd=22&re=486



石清水八幡宮検校善法寺通清の娘。良子の母である智泉尼聖通が順徳天皇の皇子四辻宮善統親王の孫に当たるともいわれた。 姉妹に後円融天皇生母の紀仲子。
児島高徳外戚佐久間氏、縁故の紀家弘は、佐久間系図にもある。ここでの佐久間氏とは、藤原

「延長(えんちょう)二年(924)武蔵守隆泰(たかやす)が横山の地へ、天慶(てんぎょう)二年(939)平将門の乱の翌年に横山牧は勅使牧(国営牧場)となり、武蔵権之守(ごんのかみ=正員以外に権〈かり〉に任ぜられた小野義孝(よしたか=隆泰の子=)は小野姓を横山氏に改め(横山氏の系図参照)、、ここに定住した。孝昭(こうしょう)天皇の皇子天足彦国押人命(あまたらしひこくにおしひと)を祖とする小野一族は、妹子(いもこ)・篁(たかむら)・道風(みちかぜ)・小町などの逸材を輩出した」


佐久間家村 多々良義春の四男
和田朝盛 和田常盛の嫡男 佐久間家村の養子

ここには、佐々木児島氏、佐久間氏の接点が、無いように、あいまいでは、ありません。接点がかならす゜、物事には、あるはず?
「佐々木児島氏、佐久間氏の接点」
佐久間信盛はでは? 何氏か?それは、城 ... 広瀬城に、居たという佐久間信盛は、児島高徳が築城したとある。

佐々木季定─季家─家長─定心─【和田】季房─家勝─家弘─範長─??高徳(宮家姓児島氏へ) 【児島】高徳─【宮家】

高光─正綱─正光─本草【児島宮家】

祖児島高徳で、宮家代々の「大徳寺高東院」は皇統 高東 トーテム(流れ)のこと也。
なので高東?日いずるから、付けられた名前である。 高東?武夷命トーテムのこと也


日本人先祖の歴史リンク http://6245.teacup.com/kojimakousi/bbs
 

熱田大宮司家千秋(せんしゅう)家と佐久間氏

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2016年11月 8日(火)15時27分21秒
編集済
  藤原南家、藤原季兼の子藤原季範、により始まる、出生時父季兼は、当時としては高齢の47歳であり、季範が12歳のとき死去した。 季範の母の実家である尾張氏は、代々熱田神宮の大宮司職を務めていた。
名古屋市にある熱田神宮の長官,大宮司職を世襲した家。 ... 【千秋氏】より
古くは尾張氏がこの重職を占めていた。11世紀末,尾張員職が外孫藤原季範に当職を譲与したことから,以後は代々藤原氏の継承するところとなる。季範は京都の公家政権に接近したほか,一女を源義朝の正室となし,その女の生んだ源頼朝の鎌倉幕府開設にともない武家側にも親しい存在となった。季範の子範忠,範信,範雅の3流からはそれぞれに大宮司が輩出し,多くが京官をも兼ねて勢力を伸張した。

後世の足利将軍家にも季範の血統を伝えている。また由良御前が産んだ孫の坊門姫の血筋は鎌倉幕府将軍の藤原頼経・頼嗣の他、後嵯峨・亀山両天皇にも伝わっている。

藤原季範と坊門家

由良姫・由良御前 (ゆらごぜん)~熱田神宮との関係は?
由良御前は愛知の熱田大宮司であった藤原季範の娘。 ... 由良姫が源義朝の正室になった時期は1145年~1150年頃。
熱田大宮司を継いだ藤原季範は、号を千秋と称した。

南家 の
藤原季範 (熱田大宮 司) の娘が源義朝 の妻、 すなわち頼朝 の
母となり、 そ の姉妹 が北関東 の雄足利義康 の妻となり、 更 に義康 の孫 の義氏の娘 は北家 の四条藤原隆親 の妻となった。
隆親 の曾祖 父が平清盛 で、義祖 父が北条泰時 である

四条 隆衡(しじょう たかひら、藤原 隆衡(ふじわら の たかひら)、承安2年(1172年) - 建長6年12月18日(1255年1月27日))は、鎌倉時代の公卿。藤原北家魚名流、大納言藤原隆房の長男。元名は長雅。正二位・権大納言。善勝寺長者(四条家当主)。鷲尾大納言といわれる。四条隆衡母平清盛の娘

隆親 の母 (隆衡の妻) が内大臣藤原 (坊門)信清 の娘 であり、もう 一人 の娘が源 実朝め妻となった 事である。

実朝と隆衡とは義兄弟とな つた。後鳥羽院の頼任親王の母の女が、実朝め妻とな っている。

母は、藤原範季の娘修明門院・藤原重子。

母は刑部卿藤原範兼の娘・藤原範子(後鳥羽天皇の乳母)、姉は承明門院源在子(土御門天皇の母)。

景盛の秋田城介任官の背景には、景盛の姉妹が源範頼に嫁いでおり、範頼の養父が藤原範季でその娘が順徳天皇の母となっている事や、実朝夫人の兄弟である坊門忠信との繋がりがあったと考えられる。

源義朝の五男で、母は熱田神宮大宮司藤原季範娘の由良御前。

源通親の子、母は藤原範兼の娘・範子。


藤原北家嫡流(五摂家) (九条家)
兼実──良経──道家─┬教実(九条家⑤)

実経(一条家⑤)
良実(二条家⑤)二条関白家は坊門家から、始まっている。

兼経(近衛家⑤)
兼平(鷹司家⑤)

児島盛綱男、加地信実 からは、─ 時秀─東郷胤時─甥子児島高徳が出る。
紀家弘事善法寺通清別当(石清水八幡宮)の嫁は、東郷胤時女である。

紀家弘事善法寺通清別当(石清水八幡宮)の嫁は、東郷胤時女である。

源平の戦いのときに,新中納言知盛卿の家臣であった伊賀平内左衛門尉家長の話 北条義時家臣中条家長
ここでは知盛は,家長のことばにまかせ,肥後国五箇山に籠もり,子孫広がって,やがて米良氏と改名。
家長の妻も,知盛の家臣に「武蔵三郎左衛門尉有国の娘と名のる。
家長の妻子3人 女一人は東寺長者道乗の嫁となる、子は頼宴僧正。
子孫は,「服部」の名前を名乗った。その由縁は,母方の有国が武蔵国服部を治めていたからであった。
有国が一方の大将として活躍したため,その恩賞として武蔵国服部郷を拝領した。そのために,「服部」の名前を子孫は用いた。
有国は藤原頼通の子に見える。源頼光の子孫に見え頼政がいる。又 藤原秀郷後裔湯浅氏の族とも。政・・・英保 播磨国飾磨郡英保地頭 本姓中原氏/称源頼政後裔也。
源頼光の子孫に筑紫氏がいる、滝沢氏の後裔也。 佐久間甚九郎不干斎ハビアンの嫁、也。掛け軸あり、児島宮歴史研究室


児島盛綱ー信実ー時秀ー東郷胤時ー女紀家弘室ー女児島範長ー女頼 宴室ー児島高徳

児島宮本宗、  佐々木盛綱の子加地信実女ー道乗ー頼宴ー児島高徳

別に、縁戚に、今木範俊子備後、三宅祖、得能四郎太夫通俊子深厳─李房孝房改名─児島範長

加地信実ー   秀忠(磯部)
       ├実秀─実綱(小島)┬長綱─時綱─時秀─師秀
       │             └頼実─顕綱─顕信─貞信
       ├時秀─胤時(東郷)─胤泰(飽浦)
       ├信重─資実
       ├義綱(倉田)─章綱─有綱
       ├時基(磯部)
       ├氏綱┬景綱─宗綱─景綱
       └信朝├経綱─宗経
            └時綱
佐々木加地源太左衛門尉(時秀)が見える。

児島高徳祖父範長は紀家弘の女を室にした関係から、和田とか号し備後国児島郡 に住み妻の父 東郷胤時はこう記していた、範長は今木範俊の子なりとて 児島と河野は一族にてと、あり本当は今木備後守高長とあり。

今木備後守高長

備前国児島郡林村出身。従五位下・備後守を賜る。『太平記』中では和田、今木といった苗字で表記される場合もあり、「児島」を「小島」と書き換える表記も散見される。









 

熱田大宮司家と小野宮家そ. のものが遠戚

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2016年11月 8日(火)09時36分16秒
編集済
  熱田大宮司家千秋(せんしゅう)と小野宮家そ. のものが遠戚

熱田大宮司家といえば、、佐久間孫五郎助安が、近衛中将に任官を、勧めたのが、熱田大宮司であった。

もとより、児島宮家と熱田大宮司家、千秋(せんしゅう)は、遠戚関係にあって、児島高徳末裔の佐久間孫五郎助安、との関係が、伺われる。

嘉吉元年(1441)の銘のある愛知、御器所八幡宮の棟札には「佐久間美作守上臈」とあり御器所八所大明神の社殿を造立した。 文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、 民部丞の官途吹挙状を得ている。

「佐久間孫五郎助安、民部丞を申す事相違有るべから ず、宜しく口宣奏請の状、件の如し文安三年八月三日」
御器所の菩提寺・龍興寺に残る室町中期に書かれた吹拳状(推挙状)です。


最初に見える花押は、熱田の大宮司・千秋持季のものだと言われます。千秋家と佐久間家の深い関係が見える。

孫五郎助安民部左近文安頃織田家 文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』 小川乾坤院(知多郡東浦町)蔵の「血脈集」文明十一年(1479)条に「誠栄 サクマ平右衛門 尾州御貴所(御器所)」とみえる。

これによると、三宅大膳入道、長閑斎(出雲守)頃「血脈集」文明十一年(1479)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。
天皇家に順ずる職の左近衛中将藤原助安文安三年(1446)佐久間孫五郎助安とある。

後鳥羽院後継で、知られる、皇孫は頼任親王ー(母加地信実娘)東寺長者道乗ー(母中条)頼宴ー(母和田範長娘)児島高徳頼宴子ー高光─正綱─正光ーー甚九郎満盛ー甚九郎助安ー甚九郎朝次ー甚九郎信晴(盛光改め)ー甚九郎佐久間信盛ー甚九郎正勝不干斎ー甚九郎正成児島宮 へと続く。

熱田大宮司家と小野宮家

名古屋市にある熱田神宮の長官,大宮司職を世襲した家。古くは尾張氏がこの重職を占めていた。11世紀末,尾張員職が外孫藤原季範に当職を譲与したことから,以後は代々藤原氏の継承するところとなる。季範は京都の公家政権に接近したほか,一女を源義朝の正室となし,その女の生んだ源頼朝の鎌倉幕府開設にともない武家側にも親しい存在となった。季範の子範忠,範信,範雅の3流からはそれぞれに大宮司が輩出し,多くが京官をも兼ねて勢力を伸張した。

1090-1155 平安時代後期の神職。
寛治(かんじ)4年生まれ。熱田大宮司季兼(すえかね)の長男。娘は源頼朝の母。外祖父尾張員職(おわり-かずもと)から尾張(愛知県)熱田神宮の大宮司職をゆずられ,以後子孫が大宮司職を世襲した。久寿2年12月2日死去。66歳。本姓は藤原。通称は額田冠者(ぬかたのかじゃ)。

千秋氏は藤原南家季範の子孫・熱田大宮司家の一流で、季範の娘は源義朝に嫁して頼朝を生んでいる。それ以後、大宮司家は源氏と強く結びつき、次第に武士化していった。憲朝の代に至り、三河国設楽郡千秋の地名を以て、名字としたのに始まるとされる。
室町幕府に仕え「永享以来御番帳」などに複数の千秋氏が確認され、室町将軍家の奉公衆を構成していた。将軍の御的始めの射手を度々務める等、射芸に秀でた家柄であった。そのためか、将軍足利義政やその妻日野富子の寺社参詣や猿楽見物等には、必ず御供衆に加えられている。また、将軍家の息災祈願を司る祈祷奉行は、千秋家の世襲するところであった。

小野姓横山党など。
小野宮家とは? 小野宮流(おののみやりゅう)は、平安時代に始まった有職故実の流派。藤原実頼を祖とする小野宮家に伝わる。脚注^ 藤原頼通の4男。^ 藤原実季室、公実苡子の母。^ 藤原忠房の子。^ 藤原泰季の子。


藤原北家小野宮流嫡流  山城国 おの の みやさねより をの- 【小野宮実頼】
藤原実頼 ふじわらのさねより 藤原忠平の長男 母:源順子 小野宮流を創始 生没年:昌泰3年(900年) - 天禄元年5月18日(970年6月29日) 没歳:71歳
http://www.geocities.jp/keizujp2011/fujiwarahokkesaneyoriryuu2.html


藤原実頼藤原北家ー不比等の次男 藤原北家の祖(681-737)藤原房前ー藤原内麻呂楯の長男。伯父である永手の系統に代わって北家の嫡流となる。ー藤原冬嗣ー藤原良房冬嗣の次男ー藤原基経、摂政であった叔父・藤原良房の養子となる。天皇から大政を委ねられ、日本史上初の関白に就任した。ー藤原忠平、基経の四男(880-949)ー藤原師輔、忠平の次男 ー藤原兼家、安和の変で藤原北家による他氏排斥が完了すると、藤原道長・頼通父子が摂関政治の最盛期を極めた。策略によって花山天皇を退位させて、娘が生んだ一条天皇を即位させて摂政となった。ー藤原道長、兼家の五男(四男という説もある)(966-1028)
一条天皇に長女の彰子を入内させ皇后(号は中宮)となす。ー藤原頼通、道長の長男。後朱雀天皇・後冷泉天皇の治世に渡り、関白を50年の長きに渡って務め、父道長と共に藤原氏全盛時代を築いた。ー藤原師実、頼通の六男ー 藤原師通、(1062-1099)ー 藤原忠実ー藤原忠通ー近衛基実ー鷹司家、鎌倉時代中頃、藤原北家嫡流の近衛家実の四男兼平が祖。家名は平安京の鷹司小路に由来する(兼平の邸宅が鷹司室町にあった)。

二条家 良美
藤原氏北家九条流。鎌倉時代、九条道家の二男二条良実が、二条富小路の邸宅[1]を二条殿と称したのが家名の由来(二条殿は後に押小路烏丸殿を指すようになる)。家紋は二条藤。江戸時代の家禄は1708石。

鎌倉初期以来、近衛、九条、二条、一条、鷹司の五家が並び立ち「五摂家」と称した。


児島宮は二条家 良美に、東寺長者道乗が見え、関白家となる。
東寺長者道乗は、頼任親王の子であるが、二条家の籍に、入ったのは、
藤原満盛の祖は児島高徳であるが、その四代前が、二条関白家の藤原良美の子とされた、東寺長者道乗の後裔に児島高徳が居る、

二条家が湾曲されている、明治の改竄の始まり、Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E6%9D%A1%E5%AE%B6 記録が見えていない?

天皇に後鳥羽院の記載が欠如されている。
坊門家とは? 二条家の遠戚?
坊門家(ぼうもんけ)は、鎌倉時代から室町時代にかけて存在した公家。坊門を名乗る家系はいくつか存在するが、藤原北家の関白藤原道隆の子孫が著名である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%8A%E9%96%80%E5%AE%B6

藤原道隆の子の伊周と隆家は叔父道長と対立し、花山法皇に矢を射かけた罪で左遷された(長徳の変)。後に罪を許され、隆家の子の経輔は正二位権大納言まで昇進したが、道隆の弟の道長の子孫が藤原北家の嫡流となり摂政・関白を世襲していったため、道隆の子孫はしばらく不遇の時代を送ることになる。

平安時代の後期になると、経輔の孫の経忠は妻の実子が鳥羽天皇の乳母であったことから院近臣として白河法皇および鳥羽法皇に仕え従二位中納言まで昇進した。経忠の孫の信隆は生前は正三位非参議止まりであったが、安徳天皇が平家一門とともに都落ちすると、信隆の娘で高倉天皇の典侍となっていた殖子(七条院)所生の尊成親王(後鳥羽天皇)が皇位を継承し、後鳥羽天皇の外祖父にあたる信隆は従一位左大臣を追贈された。坊門を家名としたのは信隆の子の信清と隆清の代からであるが家名の由来は信隆の私邸が七条坊門小路沿いにあったことによる。


藤原隆家ー経輔ー師信ー経忠ー信輔ー坊門信隆1ー七条院ー

藤原 殖子(ふじわら の しょくし(たねこ)、保元2年(1157年) - 安貞2年9月16日(1228年10月15日))は、平安時代末期から鎌倉時代初期の女性。高倉天皇の後宮。後高倉院(守貞親王)と後鳥羽天皇の母。女院。坊門 殖子とも。父は従三位藤原(坊門)信隆。母は藤原休子(大蔵卿藤原(持明院)通基の女)。内大臣坊門信清は同母弟。院号は七条院(しちじょういん)。

元久2年(1205年)出家。後鳥羽天皇より水無瀬殿など多くの七条院領を譲られた。承久の乱で後鳥羽院と4人の孫(土御門院、順徳院、雅成親王、頼仁親王)が配流となった後も、後堀河天皇(守貞親王の皇子)の祖母として京都に留まる。晩年は後高倉院に先立たれ、また後鳥羽院との再会も叶わぬまま、安貞2年(1228年)72歳で崩御。その所領(七条院領)の大半は修明門院に譲られた。

坊門 信清(ぼうもん のぶきよ)は、平安時代末期から鎌倉時代前期の公卿。修理大夫・藤原信隆の子。同母姉に高倉天皇妃の殖子(七条院)がおり、後鳥羽天皇の外叔父にあたる。四条壬生と三条坊門にそれぞれ邸宅を所有していた。また、京都の太秦にも山荘があったことから、太秦内府と称した。

後鳥羽天皇の叔父として権力をふるい、侍従だった寿永2年(1183年)の法住寺合戦に際し後鳥羽天皇を守った。建仁3年(1203年)には播磨国を賜った際、御所五辻殿を造進。翌元久元年には後鳥羽上皇の移御があった。また右馬頭在任中の建久6年(1195年)、伊勢例幣に際し信清の沙汰によって馬寮から馬が進められなかった時、九条兼実は「外戚の威を振りかざして厳重な神事に関わる」といった批判を浴びせたことがあった[1]。源実朝は婿にあたるため、朝廷における鎌倉幕府との交渉役ともなった。

主君
二条天皇→六条天皇→高倉天皇→安徳天皇→後鳥羽天皇→土御門天皇→順徳天皇

「児島宮系譜」父が十六葉菊紋で、越王の後裔となる。

父:藤原信隆
母:藤原(持明院)通基の娘
妻:藤原定能の娘 男子:坊門忠信(1187-?)
男子:坊門忠清
男子:坊門輔平 - 後鳥羽天皇寵臣、左近中将、早世
女子:九条良輔室

妻:藤原公保の娘 女子:四条隆衡室

妻:相模局 - 院女房 女子:坊門位子(大納言局) - 従二位、順徳天皇女房、永安門院母

生母不明 男子:坊門有信
男子:坊門清顕
女子:坊門局(西御方) - 後鳥羽天皇女房、道助入道親王母
女子:源雅親室
女子:藤原伊時室
女子:坊門信子(1193-1274) - 源実朝室
女子:別当局 - 院女房、藤原基行室
女子:
女子:

児島高徳の、叔父、盛綱末裔加地氏
東郷胤時の系譜、

信実の三男時秀(東郷氏)であり、信実がのちに次男実秀(大友二郎左兵衛尉)に相続させようとしたところ、幕府はその所領を没収してしまった。実秀は幕府に所領回復を愁訴している。そのあいだ大江広元の子孫長井泰重(因幡前司・備後守護)が備前守護を兼務した。備前守護職は実秀の孫長綱(小島太郎左衛門尉、筑前守)が東郷胤時(時秀の子左衛門尉)の女婿になる。


 

レンタル掲示板
/43