teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


近衛中将助安事近衛(近衞)家(摂家) 佐久間孫五郎

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 6月 5日(火)15時24分56秒
編集済
  鹿嶋城は、築城者や築城年代については定かでない。 資料によれば近衛中将助安の居城。
愛媛県伊予市中村台山 児島高徳五代助安  文安三年(1446)佐久間孫五郎助安と見ゆる。
甚九郎信栄の三代前

鹿島山で、ここには鹿島山城があり、これと並んで、その西の山々には、山崎城・森城などがあった。
この鹿島山城の城主は、都から来たという藤原右近掾道有(一説では、前近衛中将助安)であった。

皇居の守護や行幸の供奉を司る近衛府(このえふ)の中将を兼任している者をいう。

児島高徳胤助安と熱田神宮大宮司千秋持李家との関係が知られる。 「左近衛中将藤原助安」. 文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。
大洲旧記には、「左近衛中将藤原助安居る 大城なりしや 六町程へだてて堀の中家 中屋敷という所あり」と記されている。
甚九郎助安が何故左近衛中将藤原と名のったか、それについて、児島宮家の頼任親王の嫡子、が二条関白家祖、二条良美の猶子となった、東寺長者道乗が門跡祖と見える。これにより、摂家に列した。




児島高徳ー高光─正綱─正光ー甚九郎満盛ー甚九郎助安ー 甚九郎信晴ー甚九郎信盛ー甚九郎信栄(不干斎ハビアン)

高東院内には、二条関白家、近衛中将助安の男 佐久間甚九郎朝次 佐久間甚九郎信晴 佐久間甚九郎信盛 甚九郎信栄墓がある. 三淵家墓細川祖 朽木家墓もお参りした。甚九郎信栄没時殉死された方々の列 出雲の阿国の墓もある。

 
 

甚九郎信栄十五歳時、徳川家康援軍として三方ケ原の戦いに参加先陣を、きったと、記されている

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 5月 6日(日)16時30分8秒
編集済
  12月22日(西暦1573年1月25日)に、遠江国敷知郡の三方ヶ原(現在の静岡県浜松市北区三方原町近辺)で起こった武田信玄と徳川家康・織田信長の間で行われた戦い。

ハビアン(佐久間信盛の子甚九郎信栄)十五歳時、徳川家康から先陣を、きったと、記している。元亀三年家康の援軍として三方ケ原の戦いに参加、子息信栄は15歳で先陣を切っている。
三方が原に援軍として出向き、損耗を最小限に抑えて、退却。
三方ヶ原の戦いで徳川家康が武田信玄に大敗しました。
徳川家康の出撃には、織田、武田のどちらが勝っても徳川家康に有利になるような戦略があったとされる説もあります。

三方ヶ原の戦いとは? 1572年12月,徳川家康の居城,浜松城を攻め,三方ヶ原に拠った武田信玄の軍と徳川・織田信長の連合軍との合戦。徳川方は大敗北を喫した。


安土桃山時代。キリスト教に出会ったとき、ハビアン(佐久間信盛の子甚九郎信栄)は一九歳になっていた。
イエズス会のルイス・フロイス(以下、フロイスとする)神父の1584.1.2 (天正一一年一一月三〇日)付、ローマの総会長あて書簡 ) 1 ( には、摂津国・高槻のセミナリヨの七、八人の新入生の一人として、かれについての記述が見られる。
「その者は仏教の小さな寺院とその収入をもっていたが、偶然、教会とセミナリヨを見物にきて、説教を聴き、直ちに受洗の決心をしただけでなく、その収入と小寺院、柴野大徳寺、高東院を棄てて教会に入る決心をなし、これを実行したと。
一五八七年のイエズス会年報によれば、のちに北政所(秀吉の本妻ねね)の侍女になったかれの母も、このとき共に洗礼を受けてジョアンナと称したらしい

ジョアンナと称した、北政所の侍女
「北政所」、このおね
豊臣秀吉を支え続けてきた妻:北政所こと、ねね(一説にはおねとも言われる)。 夫の死後は剃髪して尼僧となり、高台院夫人とも呼ばれました。

1583年(天正11)- 北政所につかえていた母(ジョアンナ)とともに京都で受洗、高槻神学校セミナリオに入学。

北政所ですが、関ヶ原の時になぜ徳川家康に味方したのですか?
高台院(北政所)。豊臣秀吉の正室、後陽成天皇より従一位を賜る。
豊臣秀吉の正室。兄は木下家定、甥に小早川秀秋がいる。
父は杉原定利。母は朝日殿。兄弟は木下家定、長生院、杉原くま。叔母・ふくの嫁ぎ先・尾張国海東郡津島(現在の津島市)の浅野長勝の養女。


甥に羽柴秀俊(小早川秀秋)、木下利房。


墓所は京都市東山区の高台寺。遺骨は高台寺霊屋の高台院木像の下。法名は高台院湖月心公。

信盛と息子の甚九郎正勝は、天王寺砦において信長の使者から覚書をうけとると、とるものもとりあえず、高野山へ向った。
 

(イルマン)の不干斎(ふかんさい)ハビアンという

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 4月10日(火)18時26分55秒
編集済
  安土桃山時代。キリスト教に出会ったとき、ハビアンは一九歳になっていた。
イエズス会のルイス・フロイス(以下、フロイスとする)神父の1584.1.2 (天正一一年一一月三〇日)付、ローマの総会長あて書簡 ) 1 ( には、摂津国・高槻のセミナリヨの七、八人の新入生の一人として、かれについての記述が見られる。
「その者は仏教の小さな寺院とその収入をもっていたが、偶然、教会とセミナリヨを見物にきて、説教を聴き、直ちに受洗の決心をしただけでなく、その収入と小寺院、柴野大徳寺、高東院を棄てて教会に入る決心をなし、これを実行したと。
一五八七年のイエズス会年報によれば、のちに北政所(秀吉の本妻ねね)の侍女になったかれの母も、このとき共に洗礼を受けてジョアンナと称したらしい


戦国武家の世界観と美意識に君臨していた禅宗門に籍を置き、小さいながらも「自分の寺、柴野大徳寺、高東院」を持ち、収入を得ていた青年僧が、これからという時にその寺を棄て、異教・キリスト教に身を委ねるとは。
一九歳で禅林をあとにして、キリスト教の洗礼を受け、四〇代で修道女清原イトを同伴しての逃避行。

1576年(天正4年)イエズス会によって京都に建てられた教会堂、いわゆる「都の南蛮寺」[1](後述)をさす。
都の南蛮寺建設の経緯は、ルイス・フロイスが1577年9月19日付で臼杵から発信した書簡[5]に詳述されている。

この教会堂は、狩野宗秀筆[7]の扇面洛中洛外図六十一面中「都の南蛮寺図」[8][9]によって、建物を特定した絵画資料が残る唯一の例である。同図から以下のことが推測できる。
1.木造瓦葺、3層楼閣風の建物である。
2.屋根は最上層が入母屋造、1,2層は寄棟造。
3.2層の周囲には見晴らし用の廊下と手すりが配されている[10]。
4.同時期の南蛮屏風の描写では屋根の上に十字架と思しきものが描きこまれるが、この扇面図では省略されている。

1層の細部や内部については扇面図からは不明だが、上記フロイスの書簡には以下のような記事が見られる[11]。
1.キリシタンの身分ある女性が畳100畳を寄進したこと。
2.京の職人の水準の高さへの言及。
3.「イタリア人のオルガンティーノ師の建築上の工夫」への言及。

以上のことから、日本人大工・職人の手による和風を基本としながら、ヨーロッパ特にイタリアの建築様式やキリスト教に関連するモチーフが加味されたものと推測される。

耶蘇会(イエズス会)が建立し京都のキリスト教と南蛮文化の中心的な機能を持ったとされます。

?本能寺から蛸薬師通(四条坊門小路)を東に進み、新町通(町尻小路)と室町通(室町小路)の中程北側にこの石碑があります。
?本能寺跡の石碑があるところから250m、歩いて3分程しかありません。
?この南蛮寺は、天正五年(由緒書によれば天正四年)、オルガンチノが信長の援助を受けて完成しました。
 

ルイス・フロイスの「フロイス日本史」

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 4月 7日(土)17時30分0秒
編集済
  1569年(永禄十二年)4月8日は、織田信長がルイス・フロイスに京都居住を認めた日です。
ルイス・フロイスはローマ字で、書きとどめていた。

佐久間不干斎 巴鼻庵(ふかんさい はびあん)と号した。
「ゼズスのコンパニヤのコレジヨ天草において、スペリオーレスの御免許として、これを版に刻むものなり」

 とあり、ローマ数字で「1592」と記されています。「ゼズスのコンパニヤ」とはイエズス会のこと。イエズス会が学校(コレジオ)を置いていた天草で、1592年に出版された書物です。

口語に書き換える「現代語訳」を、日本人修道士(イルマン)の不干(ふかん)ハビアンという青年が任されます。

訳に当たっては、「両人相対して雑談(ぞうたん)をなすがごとく(二人が向かい合って会話するように)」という指示が出されました。https://ichirinso.exblog.jp/17939143/
現在世界にただ1冊、大英図書館に保管されています。

【ハビアンのこと】

 不干ハビアン、不干斎ハビアンなどと呼ばれるこの人物は、1565年ごろの生まれ。初めは禅僧でしたが、1583年にキリシタンとなり、ハビアン(Fabian)という洗礼名を与えられました。

「妙貞問答」という教理書を執筆します。これは神道や仏教、儒教をキリスト教と比較して、前者のおかしな点を突き、キリスト教の正しさを語るというもの。妙秀(清原イト)幽貞(ほそかわガラシャ)という2人の女性の対話形式で書かれ、女性キリシタンの間でよく読まれました。

こうして宣教師達の日本語習得や信徒の指導に貢献したハビアンですが、「妙貞問答」の執筆から3年後の1608年、イエズス会を脱会して棄教してしまいます。このとき、一人の修道女が一緒だったと伝わっている。

ハビアンと接触し、「妙貞問答」執筆に大きく関わったと目されるのが清原いとという女性です。その洗礼名から清原マリアとも呼ばれるこの人物は、儒学・国学に通じた清原宣賢(きよはら のぶかた、1475~1550)を輩出した学者一族の娘です。宣賢の父は吉田神道を大成した吉田兼倶(よしだ かねとも、1435~1511)であり、「妙貞問答」には吉田神道に関して詳しい記述があることから、吉田神道の資料をハビアンに提供できる。
宣賢の娘が細川幽斎の生母で、その息子・忠興に嫁いで来たのが明智光秀の娘・玉。姻戚関係にあった縁で、いとがその侍女となり、玉のキリスト教入信につながっていきます。

「風の王国 黒田官兵衛異聞」(葉室麟)ではそのまま「いと」とされ、「伽羅奢(ガラシャ)―いと女覚え書―」という一章も設けられています。

ガラシャとハビアンは2歳違うだけ(ハビアンが年下)という同世代。ガラシャの墓が京都柴野大徳寺、高東院、児島高徳、大徳大僧正御所、の隣りに、あります。向かいには建軍神社があり、児島高徳が祀られています。大徳寺、高東院の隣には、江戸末期に、天皇護衛の近衛隊、の黒田長溥公の屋敷とされていたという。

長政はハビアンよりも3歳年下でこれまた同世代であり、しかもハビアンは孝高の葬儀で追悼説教を行うという大役を務めています(1604年)。それくらい、イエズス会の中で高く評価されていたのでしょう。

ルイス・フロイスより豊後のパードレ及びイル. マン等に送った書輸によると、. 当都に於ては ... の子ビセンテ、不干ハビアン、またヴィレラの京都開教後僅. か三ヶ月で得たる人の信者のうち、禅僧一人の他 ...

ハビアンによればこの世は神が創った人間中心魂の永遠性が儒教、仏教、神道とちがうところとか。
ハビアン. はこの種の論証がキリシタンの間では「天地ノ間ノ. 矩. ノリ. 」に基づくものとして教えられていると指摘し、当. 時の教化戦略におけるその位置付けを示唆している。 見玉ヘ。天ニハ月日星ノ三ツノ光、イヨヤカニ. シテ、日ハヒルヲテラシ、月ハ夜ヲテラス。

フロイスは、宣教師らと仏僧との間で交わされた宇宙論的対話の一例として、月の満ち欠けの 47 [三界義] 第一義として作成されたものなのであるから、その 月宮殿内ニ三十ノ天子アリ。十五人ハ青衣ノ ...... サテ此Dsト申ハ如何ナル主ニテハタラ ハビアンがイルマンとして正式にイエズス会入会を セ玉フソト申セハ、天地万像ノ御作者ノコトニ 許可されたのが天正14年(1586)で、その後各地へ テ侍。

ハビアンはこの種の論証がキリシタンの間では「天地ノ間ノ矩



」に基づくものとして教えられていると指摘し、当時の教化戦略におけるその位置付けを示唆している。見玉ヘ。天ニハ月日星ノ三ツノ光、イヨヤカニシテ、日ハヒルヲテラシ、月ハ夜ヲテラス。先、此ノ月ノ体ニ取テモ、或時ハカケ、或時ハミツル其サマ、昔ヨリ今ニ違ハス。西ニ入、東ニ出ル日ノ光リハ、ヨルヒルノ境、時ヲアヤマタス。三十日ヲ積テ月ヲナシ、十ニ二ツノ月ヲ重ネテハ年ヲ向フルニ、四ツノ時違ハス。春夏秋冬ト移替レハ、地ニハ草木ノ色々、花飛ヒ、葉ヲチ、露、ユキ、霜来ル有サマ、イニシエニ渡リ今ニ渡テ違ハサルヲハ、キリシタンノ教ヘニハ、天地ノ間ノ矩



ソト、是ヲ示サレサフラフ。矩ト云フハ、独リ立物ニ非ス。下ニ万機ノ政ノ行ナハルヽハ、上ニ万乗ノ君ノ在マス故也。天地ノ間ニ、四時八節ノ時ヲタガヘヌハ、天地ノ作者、真ノ主一体、在マスカ為ナリ
*67。

夫、提











門派、初入ノ人ニ対シテハ七段ノ法門アリ。其初段ノ所詮ト云ハ、天地万像ヲ以テ能造ノ主ヲ知、四季転変ノ時ヲ違ヘザルヲ以テ其治手ヲ知。

[整頓された家の比喩]

喩ヘバ一宇殿閣ヲ見バ、其巧匠アル事ヲシリ、家内ニ壁書アツテ、其旨ニ随テ家中治マルヲ見ル時ハ、必ズ主人アル事ヲ知ハ常ノ習也。去バ天モナク地モナク、一物ナカリシ空寂ノ時アリシニ、此天地出現シ、天ニハ日月、星宿光ヲ放テ、明歴歴トシテ東湧西没ノ時ヲタガヘズ。地ニハ千草万木アツテ飛花落葉ノ節ヲアヤマタザルハ、能造ノ主ナクンバアルベカラズ。此能造ノ主ヲDsト号スト云ヘリ。破シテ云。是何ノ珍シキ事ゾ。諸家イヅレノ所ニカ此義ヲ論ゼザル。「有物先天地、無形本寂寥。能為万像主、逐四時不凋」[老子道徳経・傅大士偈]トモ云。「天何言哉、四時行焉、百物生焉」[論語陽貨篇]トモアリ。其外仏法ニハ、成住壊空ノ次第ヲ以此義ヲ論ジ、神道ニハ天神七代、地神五代ト神代ヲ分ツ。就中天神七代ノ始メ、国常立尊・国狭槌尊・豊斟渟尊、三神在マシテ天地開闢シ玉フ。常ニ立テ国ヲ治メ玉フ故ニ国常立ノ尊ト申シ奉ル。何ゾ提宇子ノ宗バカリニ天地開闢ノ主ヲ知タリガホニ、クドヽヽシク此義ヲ説ヤ。言多者ハ品少シ。閉口シ去

*68

ここでハビアンが例示するテクストは、ヴァリニャーノの第三の道理(整頓された家の比喩)と対応するが、今や彼は中国の古典や仏教・神道における造物主概念を引き合いに出しつつ、このような既知の概念をしたり顔でくどくどしく説くキリシタンは「言多者ハ品少シ。閉口シ去」と辛辣に批判している。しかしながら、ここで注目したいのはその批判の論法ではなく、ハビアン自ら「天地万像ヲ以テ能造ノ主ヲ知、四季転変ノ時ヲ違ヘザルヲ以テ其治手ヲ知」ることが、キリシタンの「初入ノ人」に対して行なわれた「七段ノ法門」の「初段」に位置づけられていた、と述べていることである。



 

海外の反応~430年前の日本の子供に衝撃!外国人が見た日本のの子供 ...

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 3月21日(水)14時29分58秒
編集済
  海外の反応~430年前の日本の子供に衝撃!外国人が見た日本のの子供 ...https://www.youtube.com/watch?v=-WARTLLwoes

海外の反応~430年前の日本の子供に衝撃!外国人が見た日本のの子供の凄さとは!?外国人の子供とのあまりの差にびっくり仰天!!
430年前の日本の子供に衝撃!

 ルイス・フロイスが見た日本のの子供の凄さとは!?

  外国人の子供とのあまりの差にびっくり仰天

       日欧文化比較 天正十三年

           https://www.youtube.com/watch?v=-WARTLLwoes

430年前の日本と今の日本では、正反対なような気がする

1586年一月十八日に発生した、天正大地震は、吉田兼見も、記録していて、丹後若州、越州浦辺、波打ち上げとあり、鶴賀、日本国中、仔仔所々、滅亡処、多し」とある。
フロイスはザビエルのお供をしていた。夜須に住んだ佐々木淨慶、曹洞宗、が坂根にあった。後長者町に移転した。滋賀の佐々木淨慶、は、ザビエルの世話をしたことで知られる。
1561年に叙階。ゴアでフランシスコ・ザビエルなど、その他フロイスの人生を決定付ける人々との出会う。
ルイス・フロイスの「フロイス日本史」に1586(天正13)年の天正地震に関して「若狭の国の長浜」という地名が出てくる。

イエズス会のバテレンのルイス・フロイスの『日本史』の記述を読むと、大友宗麟の姿が見えてくる。この『日本史』は、1583年の秋からフロイスが編集した日本におけるイエズス会の布教の歴史である。 大友宗麟が織田信長に鉄砲や火薬を仲介する商人の姿が書かれている。ハビアンは、大友宗麟と会話している。

黒田如水の法事に出向き、法話していたとある。福岡市より

「妙貞問答」では「この世界をデウスがお創りになられたなら、なぜ今まで日本を放っておいたのですか?」と妙秀が問いつめると幽貞は「教えを広めるのは人間なので次第次第に広まっていくのです。でも遅いとか早いとかは気にしなくていいのです」と応答する。
 これが「破提宇子」では、「デウスがこの世界のすべてを創造なさったのです」とキリシタンが主張すれば「では、キリシタンが日本に伝わるまでの数千年間、デウスは日本のことをどう考えていたのか、それで全知全能者といえるのか」と指摘する。
ハビアンは、「妙貞問答」でかいたことを「破提宇子」において自分で批判していった。

不干斎ハビアン。1565年ころ北陸うまれ。母は北政所の侍女でジョアンナ(前田種利女)であり後にキリシタンになった。

家系は柴野大徳寺の 禅僧であったが、1583年キリスト教に改宗し高槻のセミナリオに入学。1586年イエズス会のイルマン(修道士)となる。1586年(天正14)- イエズス会の修道士になり、臼杵修練院ノビシアドに移る。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%B3

また秀吉禁教令後の1590年にイエズス会士が召集され全国会議が長崎加津佐で開かれるが、この会議に26歳の彼も参加している。

1606年キリシタン大名の黒田如水の3回忌追悼演説や京極マリアの娘マグダレナの追悼演説を行っている。
そしてこの年ハビアンは林羅山と論争をしている。羅山とハビアンを引き合わせたのは俳諧師で仏教徒であった松永貞徳であった。羅山はこの松永にとっては儒仏論争をした論敵であった。羅山はこのハビアンとの論争をもとに「排耶蘇」という書を著している。
そして1608年、ハビアンは44歳にして突然ひとりの修道女(ベアタス会)と駆け落ち、イエズス会を脱会して行方不明となる。つまりハビアンの棄教は、迫害や拷問のためではなかったということである。
 しかしハビアンはこの女性とその後別れている。

1616年頃、ハビアンは長崎奉行長谷川権六のもとでキリシタンの取り締まりに協力する。なぜか村山等安の事件においては等安の弁護をしてイエズス会を批判している1618年には江戸に行き徳川秀忠と面談。キリスト教批判を展開。そして1620年キリシタン批判書の「破提宇子(ハダイウス)」を出版した。

不干斎は織田信長像を狩野に依頼し信長の寺に奉納したとある、それは信盛の女が狩野孝信に嫁いだ縁によるものと見える。探幽と不干斎の縁の事が、不干斎茶入れを、高額で買い取った事が、えにし、である。
信長の家臣が信長一周忌に市内の長興寺に寄進したといい、同寺に所蔵されている。作者は狩野元秀。画の上部に、墨書で信長が1582(天正10)年6月2日に死去したことが記されている。 https://mainichi.jp/articles/20170222/ddl/k23/040/240000c

一幅 絹本着色 70.0×31.2cm 与語正勝寄進銘有り 不干斎事佐久間甚九郎正勝

狩野 宗秀(かのう そうしゅう、 天文20年(1551年) - 慶長6年11月頃(1601年) は、安土桃山時代の狩野派の絵師。狩野松栄の次男で、狩野永徳の弟。名は元秀、秀(季)信。宗秀(周)は号。


 

ルイス・フロイスが天草に逃れ佐久間甚九郎ハビアンが其処に居た

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 3月13日(火)19時31分55秒
編集済
  ルイス・フロイスが天草に逃れ佐久間甚九郎ハビアンが其処に居た、珍しいハビアン画。

佐久間甚九郎新栄(ハビアン). 朝倉郡夜須の児島宮の祖、佐久間甚九郎新栄(ハビアン)という人が、日本のイエズス会のコレヂョ、天草で、日本初の活版印刷機で、外国向けに製本した日です。どんな本だったの? 何故豊臣秀吉が朝鮮征伐している時にどうして、清原イト(細川お玉の付き人)愛人を、同伴して、. 『エソポのハプラス』このような事実がキリシタン資料、 特に西洋文学翻訳の最初のもので、 なれた口語訳のローマ字書きで、 日本語学上 『平家 物語』 (ー592年刊) 『エソボのハブラス』 (ー593年刊) 文禄二年 ...

洗礼名ハビアン。動機にキリスト教の社会奉仕精神、絶対性などの教理、母のすすめなど諸説。 1586年(天正14)- イエズス会の修道士になり、臼杵修練院ノビシアドに移る。 1588年(天正16)- 千々松、有家高等神学校コレジオに移る. 1590年(天正18)- 加津佐高等神学校コレジオに移る。第2回日本イエズス会総協議会に参加。追放令受けての方針検討。 1592年(文禄元)- 天草神学校コレジオで日本語教師。来日宣教師のテキストとして「平家物語要約版」の翻訳編纂。 1593年(文禄2)- 「イソップ(伊曽保)物語」翻

佐久間 信栄(さくま のぶひで)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。佐久間信盛の長男。剃髪後は不干斎と号した。諱は正勝(まさかつ)とも伝えられるが、信頼できる史料は信栄としている。訳 ...https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B9%85%E9%96%93%E4%BF%A1%E6%A0%84

「フロイス日本史」に見る天草のキリシタン
イエズス会宣教師ルイス・フロイス(1532-97年)は、ポルトガル人、16歳でイエズス会に入り、インドでゴアの聖パウロ学院に学び、フランシスコ・ザビエルから日本事情を聞き、日本伝道への志を抱き、1562(永禄5)年にパーデレとして日本に赴任して来た。

87年の「伴天連追放令」後は加津佐・長崎などに在住し、96(慶長元)年11月には長崎で「26聖人殉教」を目撃し、その年65歳で歿しました。

1591年から1597年の間、宣教師を養成するコレジヨが﨑津の隣村に設置されました。ここには天正遣欧少年使節団の4人も入校しています。彼らが持ち帰ったグーテンベルグ印刷機により、日本発のローマ字活版印刷が行われました。グーテンベルグ印刷機
http://www.city.amakusa.kumamoto.jp/sakitsu-sekai/kiji0037/index.html

日本人キリシタン・不干ハビアンの抄訳 天草版平家物語 (1592年、天草刊行). は、ローマ字表記(横書き)の特異な姿をもつ平家物語である。

不干斎ハビアンハビアンは日本思想史上の重要人物ハビアンは非常に有能であったらしく、イエズス会の出版物の多くにかかわっている。

文禄1 (92) 年の天草版ローマ字本『平家の物語』の編者として序文を書き,その後キリシタン版の訳文調整にあたった。

キリシタン・ハビアン(1565-1621)の手になる『天草版平家物語』は、1592年天草刊行のローマ字表記4巻400ページ余の書である。
伊東マンショは、中牟田に在した。

物語は、彼が著すキリシタン護教書『妙貞問答』に資料を提供する清原枝賢の娘「雪」を軸に展開する。
元禅僧の日本人キリシタン「不. 干ハビアン」京都大徳寺、高東院、児島家代々の墓所。

文祿 のいにしへ、この書の原本が天草の吉利支丹學林に於て我國西教徒の先達ハビアンによりて、口語體羅馬字に抄出印行せられし。

清原マリアを清原枝賢の娘とするのは、フロイスの「日本史」に記述による。 ハビアンがなぜ棄教したのか? これは大いなる謎である。 ベアタス会のシスター(名は「いと」と恋に陥り、駆け落ちして、隠れざるを得なくなり、あげくのはてに棄教した。ハビアンと千秋家吉田兼倶のひ孫、清原枝範女

高東院(扶桑)ないには、不干斎の死により三淵家が殉死し、出雲のお国も殉死として、列しています。 出雲のお国のエピソードには、 歌舞伎を、(扶桑合体)せしめた、不干斎ハビアンだった事によると見受けられます。

1608年(慶長13年)、外国人長上者への反発の末に修道女と駆け落ちして棄教
ハビアンの天地 陰陽というのは無心無智のもの陰陽が交わって万物が生成されるためには、その主体となる存在がなければならない。 天地の創造主が存在することを知らないからであると、ハビアンは喝破します。 ハビアンは当児島宮の先祖で、佐久間甚 ... ハビアンは、「京都において、修道女と駆け落ち同然に退会・棄教した、名は関白家の末裔です、清原イト。



 

知らない、ケルト人が、浙江省、福建省?へい山の越王無渚の、祖、であることを、朝倉郡夜須、児島宮歴史研究室が発表

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 2月 3日(土)15時59分40秒
編集済
  知っているようであまり知らない、ケルト人が、浙江省、福建省?山の越宇無渚の、祖、であることを、福岡県朝倉郡夜須、児島宮歴史研究室が、解明したと、発表した。
児島宮歴史研究室によると、
【神話】ケルト神話って何?基礎知識を解説! - YouTubeに、見つけたと、いう。https://www.youtube.com/watch?v=ayDGxCaSgWs

ケルト人(ケルトじん、英語: Celt, Kelt [?k?lt], Celt では [?s?lt] とも)は、中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物(戦車、馬車)を持ってヨーロッパに渡来したインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の言語を用いていた民族である。

ケルト人は神のようにヨーロッパでは、知られていないが、児島宮歴史研究室だけが、解明、発表している、どうして解明は、別にして? 児島宮しか?わからない、それは、三味一体、が、相似している、という意味です。相似の意味は、同じという意味。
何が同じなのかは、考古学において、全て、三味一体に、ならなければ、それは同じ意味とは、ならないのです。天皇の子孫は神武天皇と、天皇としているのは? 三味一体と、ならないは、中々不可解かも? 然し、事実だと、合わせて見れば、不可解ばかりで、何も出て、こないでしょう。
日本の先祖といっても、朝鮮半島から、日本人が渡って、来たという考古学委員会文化財課、や大元の千葉の歴博、の教科書に載せているのが、皆さんは、正しいと、マスコミも、正しいとしているのは、三味一体と、ならない、なって、いないのです、全て間違いです。
これは、事実と、違う為、全てが、無駄に、なっているのかも、知れません?
ここでケルトの神話というのが、何を物語っているのか、知る事にヒントが出てくる、かも。
勿論日本の「記紀」の作成の段階ポイントで、この編成は、口頭によるものと、記されている。
この口頭によるものと、いう、ケルトの神話は、どこか、似ているのです。此処が考古学の学ぶ、段階ポイントに、なっている、のです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%88%E4%BA%BA ケルト参考

ケルト人の年代は、紀元前後六世紀に、ヨーロッパに渡来し、紀元前二世紀に、中国の越人と混ざり合ったという項目、があり、その国の名はビン越と、為ったと、されて居る。それは民族の、ケルト人と融合したのか? それはその前に、ケルト人がヨーロッパに、戦車に乗っていたという項目に、相似しているのは、覇者となっていた? のは呉越の不差と越王勾践が、覇者の争いに、なった? 段階ポイントに、なっている、のです。ケルト人がヨーロッパに、戦車に乗っていたという項目が、 三味一体、が、相似している、という意味です。相似の意味は、同じという意味。




 

大徳寺高東院と高桐院、古いのは高東院、近衛中将助安(佐久間孫五郎)室町時代から、高桐院説明の不可解

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月16日(火)09時17分7秒
編集済
  大徳寺高東院と高桐院、古いのは高東院、近衛中将助安(佐久間孫五郎)室町時代と寛永系譜帳「徳川家光により編纂」

佐久間孫五郎については、熱田神宮と佐久間一族 熱田神宮と佐久間一族との間には長い歴史があるのです。
https://ameblo.jp/9zaemonn/entry-11670051790.html

「千秋氏と児島宮のつにながり」 - 児島宮歴研会考古学講義http://d.hatena.ne.jp/muoon/20131220
「千秋氏と児島宮のつにながり」

千秋氏と宮家のつながりは、江戸に至るまで続いていた。

頼宴大僧正の三男高徳は外祖父三宅範長の嗣となりました。

佐々木季定─季家─家長─定心─【和田】季房─家勝─家弘─範長─??高徳(宮家姓児島氏へ) 【児島】高徳─【宮家】

高光─正綱─正光─本草【児島宮家】

祖児島高徳で、宮家代々の「高東院」は皇統

から高東?日いずるから、付けられた名前である。 高東?武夷命トーテムのこと也。

京都府

京都市北区紫野大徳寺不干斎ハビアンはここ「高東院」隠遁、住んでいた。

宮家助安ー甚九郎朝次弥平次ー信晴ー甚九郎信盛ー甚九郎正勝不干斎と続いた。

熱田千秋持季とは?

⇒ 満範 持季 勝季 政範 高季 晴範 (刑部少輔。駿河守。従五位上。左将監。

又、⇒ 満範 持季季国 季通 季平 季光(大宮司。紀伊守。

熱田の大宮司千秋氏

斯波家付き

藤原季範仍孫季兼

雲孫実通裔能通流貞嗣流千秋範康曾孫範成玄孫宇治江範世子兼範孫雅範曾孫 ... 持

季満範子左近駿河刑部常保大宮司永享頃. 勝季持季子左近駿河刑部大宮司長禄頃

千秋高範政範嗣範宗孫範頼曾孫範時玄孫範朝耳孫星野範信昆孫藤原季範仍孫季兼雲孫実通裔能通流貞嗣流千秋範康曾孫範成玄孫宇治江範世子兼範孫雅範曾孫義範玄孫範俊耳孫千秋憲朝昆孫左衛門大宮司康永頃

経季高範子常季?駿河左近刑部大宮司浄善

満範経季子野田重季子?野田貞範子?満季左近駿河刑部野田上野大宮司道珍応永頃

  持季満範子左近駿河刑部常保大宮司永享頃

佐久間孫五郎助安 文安三年八月三日」龍興寺に残る室町中期に書かれた吹拳状(推挙状)です。御器所八幡宮の嘉吉の棟札に名が出ている人 ...

伊予の隅々:伊予市前近衛中将助安について
児島高徳五代左近衛中将藤原助安系譜 | 児島宮歴史列伝 |

小島法師が大覚寺に居たのは、応安二年(1369)、「洞院公定日次記」が明らかにしている http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/673

児島宮中興祖 後鳥羽上皇と児島高徳絵馬  佐久間孫五郎助安 文安三年八月三日」龍興寺

左近衛中将藤原助安 児島宮歴研会による調査報告 |左近衛中将藤原助安とは盛保孫五郎 ...http://lekken.progoo.com/bbs/lekken_tree_r_441.html

「法寿院殿保養元盛大居士尊儀」
「當鹿島山之城主前周頭・左近衛中将藤原盛保墓」http://angelcymeeke.web.fc2.com/iyo_yamasaki/a_2.html

近衛府(このえふ)は令外官のひとつ。765年に授刀衛を改めて設置された。左近衛府と右近衛府の二つが存在する。

下が上なる事は無い、自然の法則による。門跡元祖は、東寺長者道乗が兼任していた。

高桐院説明の不可解
高桐院 - Wikipedia
高桐院(こうとういん)は、京都府京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派の寺院。大本山大徳寺の塔頭のひとつである。開基(創立者)は細川忠興(三斎)、開山(初代住職)は玉甫紹琮(ぎょくほじょうそう)である。利休七哲の1人として知られる細川忠興(三斎)が父・細川藤孝(幽斎)のために慶長7年(1602年)建立した寺で、玉甫 ...
未指定: 不可解

下が上に礼を、尽くさなければ、不自然不忠となる。


大徳寺高東院は東寺長者道乗の裔で、佐久間孫五郎助安はじめ、佐久間不干斎の墓が、京都から置き去りにされていて、下が上に礼を、尽くさなければ、不自然不忠となる。

不忠とは、呼び名寺名を変えたり、主体を、変えたり、する事。

不忠とは - 日本語表現辞典 Weblio辞書
忠義を尽くさない・こと(さま)。 「 -の臣」
売国奴の特徴、またはその性格を持つ
忠誠の気持ちを示さないこと 不忠 ・ 不孝 ・ 不忠不孝 ・ 不忠誠
不忠者ふちゅうものめが。この国の王さまほどごりっぱなおかたが、世界中にまたとあるかッ。」

殉死を武士の美徳とする価値観は江戸時代に入ってからのもので、殉死して以来、急速に普及しました。主君への忠誠心を示すいちばんの方法とされたことから、殉死者の遺族にはさまざまな優遇措置が施され、逆に側近く仕えながら殉死しなかった者には不忠者の格印が押だてまさむねほそかわただとしされるほどになります。家来として殉死せざる者を、不忠の臣と言う。水戸光圀

内蔵助どのの殉死で貫きとおした。家来として殉死せざる者を、不忠の臣と言う。

主君の寵童出身者、重臣でありながら殉死をしないものは不忠者、臆病者とまで言われ、殉死

乃木希典を描いた司馬遼太郎の『殉死』

殉死は封建 天皇への忠誠心から殉死する事。古代からの、封建を守り抜くには、殉死で貫きとおした。


天の理法に従う者は存続して栄え、天の理法に反する者は滅びる。





 

佐久間信盛父子の、心痛があっての、浄誓と、蓮如上人への心、あっての、包囲するだけで積極的に戦を仕掛けなかった理由があった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 1月11日(木)14時31分22秒
編集済
  石山合戦において、8月、佐久間信盛は信長から折檻状を突きつけられて織田家から追放されたが、理由の1つに石山本願寺を包囲するだけで積極的に戦を仕掛けなかったことを挙げている。

ここには、佐久間信盛父子の、心痛があっての、浄誓と、蓮如上人への心、あっての、包囲するだけで積極的に戦を仕掛けなかった事が、わかった。
これは、浄誓と、蓮如上人には、伝わらなかったのだろうか?今でも、佐久間信盛後胤が、浄土真宗西本願寺へ、入っているのも、口頭は、なかったのだろうか?

佐久間孫五郎、先祖からの口頭あっての、石山本願寺対応で、佐久間信盛父子が、失った、ものは、測り知れない、ものが、出ている。
佐久間孫五郎、の先祖からの口頭言伝え、とは、東寺長者道乗が、門跡祖であり、藤原関白元祖、良実の外戚、頼任親王の口頭であった。
今の児島宮へと、なっている。

佐久間信盛父子が高野山に追放された時、門跡祖の口頭が、佐久間信盛父子、保護に、織田に渡さず、高野山僧徒が是胤死守していた、のが、口頭であったのだろう。

これに対して、浄土真宗西本願寺は、神仏口頭に対して、何もしていない。
日蓮宗を京や岡山に、口頭として伝播した、児島高徳名、大徳大僧正の年期祭を、行ったのは、口頭あっての、事であろう。
今日本を守る? 口頭のない世の中は、国が荒れ果てて、いる原因か。

やはり神仏を口頭していなければ、梯子とは、言えないであろう。
http://smokakhai.progoo.com/bbs/thread_1.html

口頭で伝えるのは「口頭」は答えに限らず口で述べることをいう〕

口頭でお伝え、伝授する。伝達方法。

五世紀まで、文書が残っていないのは、古代において、口頭でお伝え、伝授する。伝達方法を用いた事がわかった。
記紀の編纂に、行われててたとある。
... 従来、口頭で行われていた日本語の伝承を音や訓を用いながら漢字で表記することに、多くの苦心が払われている。 720(養老4)年にできた『日本書紀』

『古事記』は、712年、稗田阿礼の誦習(しょうしゅう)を太安万侶(おおのやすまろ)が筆録したもの。
宮廷に伝わる「帝紀」「旧辞」をもとに天武天皇が稗田阿礼によみならわせた(誦習)内容を、太安万侶(安麻呂)が筆録し、元明天皇に献上したもの。神話・伝承から推古天皇にいたるまでの物語であり、口頭の日本語を漢字の音・訓を用いて表記している。

どうして「人間の頭脳」で保管しなきゃならなかったんでしょうか。それは、今の、すべてに、出て居る、偽物が触発する為。
やっぱり現代の感覚では計れない、何か当時としては切実な理由があったんでしょう。

口伝伝承
我々が読んでいる歴史書ですら記憶違いや思い込みによる誤りは頻繁にあります、それを調査し整理するのが歴史家の仕事。
古代から、調べる方法が、いくつもあるという杞憂がある、宮廷iに伝わる(皇室、宮内庁でもない)

間違うと、今の国会や、すべての、間違いのように、民衆に、災いを起こすという。

最初から「あんなモノは捏造に決まっている、権力者の言いなりに書かれたモノだ、あんなモノを信じるのはどうかしている。」と嘲笑うのは歴史への冒涜以外のなにものでもありません。

 

児島宗珎の子息、三郎兵衛

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年12月15日(金)11時31分4秒
  児島宗珎の子息、三郎兵衛

本願寺と織田信長との石山合戦において、1572年から名称寺も本願寺方に参戦した折に構築されたと伝えられている。 しかし、織田軍に攻められ名称寺も陥落している。 名称寺は、聖徳太子が建立したと伝え ...... 高田御坊)として開創された。 初代住職・浄誓は、蓮如上人に献身的に随身した浄心上人開創の越前・専立寺第4代住職であり、また寺名も浄心上人にあやかって専立寺としたと言われている。

高田御坊)として開創された。 初代住職・浄誓は、蓮如上人に献身的に随身した浄心上人開創の越前・専立寺第4代住職。

 

レンタル掲示板
/46