teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


インカレ団体を終えて

 投稿者:岩渕芽生  投稿日:2019年 3月13日(水)23時34分3秒 KD182251114086.au-net.ne.jp
返信・引用
  今北海道に向かってて、書いてないの!?ってなったので書きます。(笑)遅くなってごめんなさい。

インカレ団体戦、たくさん思ったことがありました。全国の壁、歯が立たない試合、団体に貢献できない自分の試合、もっとたくさん練習していれば。などたくさん思いました。これから一年本気で練習しようと思いました。あるきっかけがありました。全体で締めの話をしている時、男子団体メンバーから一言もらうコーナーがありました。後々聞いたら、三年生から一言もらうコーナー的な感じのようでしたが、小野田が話して三年生が話して、金内さんが話して、これは女子にも回ってくると思ってました。回ってきませんでした。この何ヶ月間、初めての団体戦、一年生との向き合い方、ももちゃんとたくさん悩んで、練習して臨んだインカレでした。私たちは話が回ってこなかったことで、女子団体が、その程度の存在としてみられている、結果を残せなかった自分たちが悪い。という風に解釈しました。2人で話して、来年の団体では仮に話が振られなくても自分たちから話します!っていうくらい練習して、結果を残そうという話をしました。
長くなりましたが、インカレ団体をきっかけに練習不足さを実感し、一年間とにかく頑張ろうと思いました。これからも先輩や後輩の力を借りながら、同期と切磋琢磨しながら頑張ります。よろしくお願いします!!
 
 

インカレ団体

 投稿者:渡辺大梧  投稿日:2019年 3月11日(月)16時25分45秒 p8fbda33f.miygnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  こんにちは。1番手の渡辺です。
はよ書けやという声が聞こえてきそうなので、怒られない内に書きました。早く書かないとハードルも上がりそうですしね。

団体が終わっての僕の思いを正直に綴りたいと思います。冗長な文章になってしまうかも知れませんがお付き合いください。


新体制初の団体練の参加者は3,4人でした。団体戦は少なくとも5人いなければ出れないし、勝てない。前途多難なスタートだったと思います。

どうすれば、みんなのモチベーションが上がるのか?口下手な僕は、がむしゃらに練習して強くなって、メダルが取れるかもしれないという希望を持ってもらうことしかできませんでした。それが功を奏したのかは分かりませんが、だんだんと団体練の参加者は増え、団体へのモチベーションも上がっていきました。

そして団体のメンバーが決まり、色々あったけれど、7人がメダルという目標を掲げ、同じ方向を向いてインカレ団体を迎えることができました。結果としては目標のメダルには届かなかったものの、群馬での4日間は最高に楽しく、ここまで頑張ってきた甲斐があったなあと思えるものになりました。ニックも毎試合刺せたしね(笑)

何人かの団体メンバーがBBSに後悔の思いを書いていましたが、僕はこの7人でスカッシュができて本当に良かったです。それぞれスカッシュとの向き合い方に悩み、時に立ち止まることもあったかも知れないけれど、最後まで一緒に戦えたことを誇りに思います。本当にありがとう。
そして、応援してくれたみなさん、ありがとうございました。熱く、力強い応援はとても力になりました。東北の応援は日本一だったと思います。
また、これまでの東北スカッシュサークルに関わってきた全ての方々に感謝致します。ありがとうございました。


最後に、後輩にむけて
スカッシュへの向き合い方は人それぞれ違っていいし、それを許容できるのがこのサークルのいいところだと思います。けれど、団体に3年出て、団体の楽しさや達成感を経験した僕的には、ぜひ団体を目標にしてスカッシュに本気で取り組んでもらえると嬉しいです。
2面しかないから、授業が忙しいから等々、言い訳をするのはとても簡単です。けれどそうやって自分の可能性を狭めるのではなく、少しでもいいから時間を見つけて練習していけば、必ず強くなると思います。

そして、強くなりたいと思う人の助けに少しでもなれるよう、僕が思うスカッシュをする上で大事な3つの事を伝えます。

1つ目は、考えること。
ミスしたときには、なんでミスしたのか。うまくいったときにはなんでうまくいったのかを、普段の練習から常に考えることがとても大切。

2つ目は、続けること。
1年間モチベーションを維持するのは大変だけど、頑張って。一歩進んで一歩下がるよりも、半歩ずつでもいいから進み続けること。

そして、3つ目は楽しむこと。
時には調子が悪くてイライラすることもあるかもしれないけど、どんなときもスカッシュを楽しむ気持ちを忘れないで。

ぜひこの3つの事を心がけてスカッシュに励んで下さい。

ここまで、長い文章をお読み頂きありがとうございました。僕は四年生になってもスカッシュは続けるつもりなので、時間があったときはぜひ一緒に打ちましょう。
 

初めてのインカレを終えて

 投稿者:佐藤あみ  投稿日:2019年 3月 9日(土)22時40分30秒 pw126033079135.23.panda-world.ne.jp
返信・引用
  宮学1年の佐藤あみです。
まずは、応援ありがとうございました。
どんなに心が折れかけても、コートの外から聞こえる声援や、ゲーム間にいただくアドバイスが力になりました。
本当に、ありがとうございました。
今回のインカレを通して、"もっと強くなりたい"と強く思ったし、そのために今よりもっともっと練習をしなければいけないなと感じました。
私は同期の団体メンバーの中で、1人だけ1試合のみの出場でした。それだけでも悔しかったのに、唯一出られた試合でも散々な結果に終わりました。
とても悔しい結果でしたが、これが今の自分の実力です。今回のインカレを頑張るモチベーションにして、一から練習に励みたいと思います。
今回の団体戦に出場して、団体独特の雰囲気はもちろん、色々な意味で団体戦は1人じゃないんだなという事を知る事ができました。
1人の勝ちがみんなの勝ちに繋がるし、団体メンバーが一丸となって勝利という1つの目標に向かって戦う姿が本当にかっこいいな、とコートに立っている同期や先輩方を応援しながら強く感じました。
来年は今年よりも番手をあげて団体に出場できるように、来年こそチームに貢献できるようなプレーで試合ができるように、同期のみんなとはお互いに高め合いながら、先輩方には追いつき追い越せくらいの気持ちで、1年間全力で練習に取り組みたいと思います。
先輩方や一般の方にはセントラルでお会いした際、ビシバシとご指導いただけたら幸いです。笑
意気込みに続き、長々と失礼いたしました…
引き続き、ご指導のほどよろしくお願いいたします。
 

インカレ団体を終えて

 投稿者:貫井 美佑  投稿日:2019年 3月 7日(木)02時03分15秒 sp49-98-175-110.msd.spmode.ne.jp
返信・引用
  こんばんは、宮学の貫井です。
まず、今回応援していただいた方々本当にありがとうございました。たくさんの声援やアドバイスが力になりました。
このインカレ団体戦で感じた感情としては、悔しい。ただその一言です。私個人としては出場した2試合とも勝つことはできませんでした。先輩の足を引っ張らないよう頑張ろうと決めたのにこれは確実に私の練習不足、力不足です。
団体戦ならではの応援の一体感、負けたくないという想い、これは初めて経験するものでした。私は最後の広島修道との試合が終わった後、自分の不甲斐なさと勝ちたかった気持ちが涙になってこぼれてしまいました。泣いている間も先輩方は良かった点や改善点を沢山教えてくださいました。
しかし自分として成長できたのは、その後この試合を活力にして来年は絶対にもっと上の番手で勝ってやるというやる気に繋がりました。インカレを終えた今、1日でも多く練習して1年間頑張ったな、と自分だけでなく他の人にも思ってもらえるようにまた団体戦の舞台に立ちたいと思っています。
幸いなことに私には最も身近にスカッシュの上手な人がいるので、きつく指導してもらおうと思います(笑)
ここから1年間、団体みんなで勝てるように先輩たちとも高め合いながら練習していきたいです。その為にこれからも先輩方や同期、一般の方にご指導いただくと思いますので、その時はお願いします。長くなりましたが、かっこいい先輩たちの姿を見習って頑張っていきたいと思います。
 

団体戦を終えて

 投稿者:坂下マリア  投稿日:2019年 3月 6日(水)19時39分17秒 64.237.69.115.shared.user.transix.jp
返信・引用
  大盛り2杯いつの間にか食べてます。坂下です。

初めてのインカレの団体が終わりました。応援本当にありがとうございました。

「インカレの団体は個人とは全然違うよ」という先輩達の言葉、実際に体感しました。団体ならではの1試合勝って取るその1点の重さを強く感じ、レシーブミスの多さだけでなく自分のラケットの振り方などまだまだ改善出来ていない部分が目立つとても悔しい試合でした。自分の練習がいかに足りないかがわかりました。私は13年やってきた卓球を岩手オープンの日に辞め、大学生活はスカッシュ1本頑張りたいと決めました。スカッシュをやるからには上を目指したいです。卓球打ちがいまだになおっていない事からしばらくは打ち方をスカッシュスタイルになおす練習をまずは徹底します。走るだけでなくバイクや足を止めるトレーニングや素振りなど空いた時間に出来るものも続けていきたいです。

初めてのインカレで空気感も味わう良い経験になりました。来年の3番手は今回よりも特に取らなければならない1点です。絶対に来年も団体に出場し今回の思いを胸に戦いたいと思いました。誰にも負けたくないです。来年は今回よりももっと先輩達の支えとなるようなプレーが出来るよう頑張ります。
こんな私も2年生になります。でしゅやましゅなどいってられません。。。もちろん清楚な綺麗なお姉さんキャラとしても頑張ります。

改善したい部分が沢山あるので、セントラルでお会いしたら練習をお願いすると思います。その際はご指導よろしくお願いします。
 

団体戦を終えて

 投稿者:及川もも子  投稿日:2019年 3月 5日(火)02時43分46秒 110-135-27-177.rev.home.ne.jp
返信・引用
  こんにちは。宮城学院女子大の及川もも子です。
まず最初に、皆さん応援ありがとうございました。
そして三年生の先輩方、本当にお疲れ様でした。先輩達の熱い試合、感動しました。かっこよかったです。
私たち女子の団体の結果は下位トーナメント初戦敗退です。
練習通りの結果だと思います。初めてこんなに悔しいと感じました。実力の無さや団体としての団結力、練習量、全てにおいて他の学校と差があったのを実感させられました。
しかし、今回団体に出場出来たことは私達女子5人にとって大きな経験になったと感じます。
インカレ期間中は夜5人で集まって話し合いもしました。試合をしての反省点、そしてこれからの目標も決めました。
嬉しさよりも悔しさが大きかった団体戦。
ですが、1日目の北海学園との試合、2-1で勝利することができました。みんなで勝つことがこんなにも嬉しいことなんだと初めて実感できました。もっと自分達が練習したらより上を目指せるんじゃないか、そう思うこともできました。来年こそはもっと熱い試合をしたい、みんなで勝ちたいです。
約一年後、スカッシュやりきった!もう後悔はない!と胸張って言えるくらい、成長した姿を先輩達に見せられたらなと思います。後輩達にもかっこいい姿を見せられる様になりたいです。そして今までお世話になった方々に結果で感謝を伝えたいです。その為には練習するしかありません。今回の経験を無駄にしないよう、ここから一年間、全力で頑張ります。
先輩や大人の方々、今までご指導いただき本当にありがとうございました。そしてこれからもご指導よろしくお願いします。
 

団体を終えて

 投稿者:吉井直毅  投稿日:2019年 3月 4日(月)16時39分9秒 ntmygi140192.mygi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  4日間お疲れ様でした。応援ありがとうございました。
滝田からゲームを取った東北の知らないやつ吉井です。

メンバー決めで4番手になったにも関わらず、直前にメンタルが崩壊し実質7番手まで降格しました(昨年度も7番手)。
前日練、早稲田戦、北海戦と徐々に調子とメンタルが回復したため上位リーグ初戦に出させてもらえました。あの月曜スクールから考えると、まさか自分がこんな大事なところで試合に出ると思っていませんでした。まあ、小野田に全てを賭けるシフトだったのでどちらかというと捨て番手でしたが…。
しかし、あの2日間の上位リーグ2試合は3年間で最高のプレーができたはずです。リーグ戦での2日間、他のメンバーが熱くいい試合をしてきたからこそ、あそこまでのプレーができたと思います。たくさん迷惑かけたけど本当にありがとう。このメンバーで団体をやれて本当に良かったです。

日体戦後、お世話になった先輩方からよかった、と言われ3年間やってきた価値はあったな思いました。
悔いや後悔はもちろんあります。しかし、それらを踏まえてもいい3年間であったのではないでしょうか。

最後に、今まで多くの人にお世話になりました。本当にありがとうございました。ここまてやってこれたのは、ご指導してくださった先輩方、一緒にやってきた同期、支えてくれた後輩たちがいたからこそだと思います。本当にありがとうございました。
これからは、あまりスカッシュをできないと思いますが、細々と続けていくつもりです。見かけたら是非一緒に練習してください。
 

インカレ団体

 投稿者:遠藤大樹  投稿日:2019年 3月 1日(金)11時54分59秒 122x214x160x81.ap122.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用
  インカレ団体が終わってしまいました。まずは、沢山の応援ありがとうございました。群馬ではこの言葉さえ言えなかったので始めに書いておきます。東北の応援は全国一熱いものだったと思います。点を取った時の歓声や、点を失った時の励ましの応援が毎回毎回聞こえてきて、それが力になりました。こんなにみんな応援に来てくれているし、どうにかしてかっこいい姿を見せたいと意気込んでいましたが、個人としては1勝しかできずチームの力を借りないといけない状態になってしまいました。

東海戦では勝ち切ることができず、北海戦ではボコられてもう試合したくないなと感じるほどでした。この3年間で負けたどの試合よりも落ち込みました。なぜかその日だけ腰痛かったですし。ただ、上位リーグに進出するぞと、もう一度気持ちを作り直し、今までで一番集中して試合に臨み、なんとか一勝することができました。この試合はこの3年間で勝ったどの試合よりも嬉しかったです。

スカッシュやるなら個人の熱量に応じて楽しんでやりたいと思い、団体連を自由参加にしたいという意見を出しました。そのせいもあり団体連を始めた時は3人しか集まりませんでした。今では少し後悔していて、一年間みんなでみっちり練習すればもっと強いチームができていたのかなと思います。しかしそんなチームでも、だいごは一番手相手に圧巻のスカッシュを見せてくれるし、こうぞうは全勝しないといけないプレッシャーの中、全部勝ってくれるし、じゅんが良い意見言ってくれたおかげでより勝利まで近づけたし、小野田は一人だけ二年生なのにメダルを期待させるプレーしてくれたし、染谷は一週間、朝から夜までずっと笑わせてくれてたし、吉井は最後だけなぜか調子よくなるし。去年のチームや、メダルを取るような代にはスカッシュの実力では負けていたかもしれないですが、良い雰囲気で楽しく戦い抜くことができ、とても良いチームだなと感じることができました。このメンバーで出場することができてよかったです。

来年のインカレに向けてどのようなモチベーションでこれから練習していくかわかりませんが、是非楽しんでスカッシュしてほしいなと思います。高校の部活ではないので、全員が同じ量の練習を同じ時間にやる必要はないです。自分たちが一番良いと思う方法でスカッシュ生活を送ってほしいです。上にも書きましたが、インカレの団体戦には3年間でのどんな試合よりも悔しさや嬉しさが待っていると思います。後悔が残らないようにやりきってください!

今まで一緒に練習したり、指導していただいたりした方々ありがとうございました。一区切りついたのであまりセントラルには行かなくなるかもしれませんが機会があればまたお願いします。1、2年生も、一ヶ月後にはもう負けてそうですがまた一緒にスカッシュしましょう!
 

一区切り

 投稿者:斎藤淳  投稿日:2019年 2月28日(木)16時47分40秒 sp49-98-151-152.msd.spmode.ne.jp
返信・引用
  こんにちは。東北大学5番手の斎藤です。
え、5番手なのにそんなに試合出てないって?
戦略ですよ。戦略。笑

東北大学としての結果は6位でした。個人としては3試合に出て全敗という不甲斐ない結果に終わりました。こんな試合を見せてしまって申し訳ないと思うと同時に、応援してくれた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

今回が初のインカレでした。試合するまでは、正直自分の力が通用するのか不安でした。緊張で足が動かず、自分のスカッシュができない試合もありました。ですが、しっかり動けた時もあり、その時は自分ではいいスカッシュができたと思っています。それが少しの自信に繋がりました。
逆にちょっと通用してしまったことが、後悔にも繋がっています。この1年しかちゃんとやりませんでした。
1、2年生のうちにもっとやっておけば、、、
そう感じています。だから、1年生にはやる気があるのであれば、後悔しないように、自分の納得のいくぐらいスカッシュに打ち込んで欲しいです。2年生は、今まで全然やってなかった人もインカレで活躍できるチャンスはまだまだあるので頑張って欲しいです。私は活躍まではできませんでしたが、出ることはできました。なので2年生のみんななら絶対にできるはずです。

僕がこうして1年間頑張れたのは、なによりも良い同期に恵まれたからだと思います。最高に楽しい時間をありがとう!そしてこれからもよろしく!

そして技術的、精神的に成長できたのはセントラルにいる大人の方々や先輩方のおかげです。ありがとうございました。

最後に
このインカレでとりあえず一区切りついたと思っています。私を支えてくださった方々、本当にありがとうございました!
ですが、まだまだスカッシュは続けていこうと思っています。これからも斎藤淳を、どうぞよろしくお願い致します。
 

インカレを終えて

 投稿者:小野田啓司  投稿日:2019年 2月27日(水)17時14分38秒 KD182251079163.au-net.ne.jp
返信・引用 編集済
  なぜか最近涙腺がゆるゆるになってしまった、6番手の小野田です。ここ数年の涙が一気に出た気がします笑

まずは皆さん4日間沢山の応援ありがとうございました。皆さんの応援は本当に試合中の励みになりました。
結果ですが、上位リーグには進めましたが、上位リーグ初戦敗退という結果に終わってしまいました。去年を越えることができなかったのは悔しかったですが、この1年間でスカッシュだけではなく様々な面で成長することができたのかなと思います。

僕は6番手ではありましたが、それまでの結果を考慮してもらい4番手として出ることができ、一次リーグの大事な試合で2勝をすることができました。しかしその結果を考慮して僕のことを信頼して出してくれた日体大戦で勝ち切ることはできませんでした。やはりこの1年間でお世話になった先輩達団体メンバーにメダルを届けるという最大の恩返しをできなかったのが悔しいですし、最初の1年間をスカッシュをせずに過ごしてしまった自分に対して罪悪感を感じました。しかしながら僕は幸い2年目にこのことに気づくことができたので、この1年間インカレ期間中に分かった自分の課題に対して真摯に取り組んで自分達の代の時に今度こそメダルを取ってお世話になった先輩達に見せれたらなと思います。それは僕だけでは成し遂げることができないので、スカッシュをやっている数少ない同期と、頼もしい後輩達と一緒に頑張っていきたいと思います。そしてこの頼りない部長を支えてください、よろしくお願いします。

セントラルで会いましたら、どうかこれからもしごいてくださると喜びます笑よろしくお願いします!
 

レンタル掲示板
/83